EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ECBは政策金利を1.0%で据え置き…ECBとFRBの差を強調し出口への道を探る

Trichet Signals ECB May Stay on Exit Course After Fed Decision

11月4日にECBは政策金利を18回連続で据え置きました。今回の会見では政策金利は適切だという見解以外は終始モデレートな表現にとどまりました。全ての非標準的措置は金融市場が緊張している一定の期間に対してなされるもので本質的には一時的であると述べ,市場にはややタカ派的に受け取られたようです。



ユーロドルは1.42ドル半ばまで一時上昇しました。非標準的措置は時限的であるという見解とECBとFRBの使命が異なるという質疑応答での答えがいずれECBの方が早く「出口戦略」を取ると連想させたのかも知れませんね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/909-93800a3f

« FOMC statement, November 3, 2010  | HOME |  10月失業率は変わらず,NFP一転して大幅増加のサプライズ »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Forex Rates

This site's QR Code