EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

重要なお知らせ

2013年9月26日に届いたDTIブログからのメールによると,DTIブログは本年12月17日をもってビジネス系などの一般用途のブログは閉鎖されるようです。閉鎖予定に伴う移行プランは以下のとおりです。

1.為替ブログは,ライブドアサイトの「EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ」で継続します。
2.為替ブログ以外の実験的なトライアルなどは,「EURO SELLER's English Site」で英語版ブログとして再開します。
3.一連の替え歌動画シリーズは,「EURO SELLERの動画倉庫」に徐々に移管します。
4.以下のTwitter用のRSSフィード・サービスは別サーバなので今後も継続します。
−日本銀行:新着情報 (@boj_news)
−福井俊彦BOT (@tfukui_bot)
−英語版各国中銀・経済指標RSS (@euroseller_en)
−システムシグナルRSS (@euroseller_news)
5.以下のブログは即日更新を停止し,DTIブログの終了により自動的に閉鎖されます。
EURO SELLERの悠遊通信
EURO SELLERのシステムトレードブログ
EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ(DTI版)

長い間の当ブログへのアクセスやご支援をどうもありがとうございました。

このブログのご紹介

【世界でもっとも流動性のある外国為替市場(FOREX MARKET)にようこそ!】

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。

現在は,EUR/GBPやGBP/JPYなどの欧州通貨を中心に為替のメカニカルトレードシステムを行っています。といっても裁量トレードも大好きなので,シグナルルールもどちらかというと自分のトレード感覚をそのままルールにしている感じです。そのため大変ヒューリスティックな要素が多いトレードシステムです。

このブログではファンダメンタルを中心に市場雑感や為替動向に関する記録を残しています。できるだけ後に残して意味のあるものにしたいと思いますので,批判や反対コメントも歓迎いたします。どうか,よろしくお願いします。

※このブログは2009年5月12日以降はlivedoorブログと同期して同時更新しています。
(どちらかのサーバーが落ちても更新できるためです。ただし,今後のエクスポートのためにコメントやトラックバックはなるべく本ブログのほうにお願いします。)

あと,その他の姉妹サイトは以下の通りです。

■ ユーロドルのシグナルを公開しているシステムトレードのブログはこちらです。
■ 趣味の動画作成と各種チャートの置き場はこちらの総合ブログにマージしました。

++++++++++++++++++++++++++++紹介本ページ++++++++++++++++++++++++++++++
EURO SELLERの書庫&グッズ(PCサイト)
EURO SELLERの【書評】エントリ

++++++++++++++++++++++++++++ニュース++++++++++++++++++++++++++++++++
KlugとReuterのニュース・フィード

++++++++++++++++++++++++++++各種チャート類++++++++++++++++++++++++++
原油1分足チャート
CBOE VIX 日中/5日/3か月/6か月/1年チャート
24時間ゴールドのチャート
金融株のショートETF 日中/5日/3か月/6か月/1年チャート
INO.com Exchanges - FED FUNDS 30 DAY (CBOT:FF)
Goldman Sachs の商品ETF 日中/5日/3か月/6か月/1年チャート
米国金利イールドカーブ・アニメーション
USD 3M/1M LIBOR 5日/1か月/3か月/6か月/1年チャート
UK Housing Prices & 3M-LIBOR
USD/EUR/JPY 3M Overnight Index Swap 5日/1か月/3か月/6か月/1年チャート

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/09/23の週】(本業のため今週はチャートのみ)

本業多忙のため今週の展望のエントリはお休みします。週足チャートだけはアップしておきます。 目立った指標もありません。

※死にそうに忙しい本業の事情ですいません。まあFOMC後の不透明感は半端無いので市場に参加する意味もありませんかねえ。

【ドル円 -9/20】



【ユーロドル -9/20】



【ドルスイス -9/20】

9月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想を大幅に上回って拡大を維持

Manufacturing in Philadelphia Region Expands by Most Since 2011

9月フィラデルフィア連銀景況指数: 22.3 (予想:10.3,前月:9.3)

9月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月の9.3から大幅上昇22.3になりました。また,先行指数についても先月の38.9から58.2に大幅反発しFRBがビビって緩和縮小をしなかった意味がわかりません。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: 21.2 (前月:5.3) -> 大幅上昇は8月の反動?
出荷指数: 21.2 (前月:-0.9) -> 大幅上昇は8月の反動?
在庫指数: -1.8 (前月:-11.3) -> 生産が追い付きつつある
雇用指数: 10.3 (前月:3.5) -> 雇用も反転し良いことばかり

というように,先月の指標の低下が信じられない改善です。そして,今回用意された特別なアンケートでは第3四半期と第4四半期の生産見込みと予測に関する2つの質問でした。

Q1:第2四半期と比較して第3四半期の総生産見込みはどの程度ですか。
6%以上増加: 12.5%
2%以上6%以下の増加: 20.0%
2%以下の増加: 23.8%
[増加割合の合計: 56.3%]
変化なし: 13.8%
2%以下の減少: 6.3%
2%以上6%以下の減少: 11.3%
6%以上の減少: 18.8%
[減少割合の合計: 28.8%]

Q2:第3四半期と比較して第4四半期の総生産の予想はどの程度ですか。
顕著な増加: 5.0%
そこそこの増加: 21.3%
僅かな増加: 17.5%
[増加割合の合計: 43.8%]
変化なし: 25.0%
僅かな減少: 11.3%
そこそこの減少: 11.3%
顕著な減少: 7.5%
[減少割合の合計: 30.1%]

と答えています。第3四半期の好調さが見て取れますが,第4四半期でもそこそこ堅調なマインドなのはBOS的には非常に調子の良い証拠です。FOMCで緩和縮小にならなかった理由がよくわからない感じです。

FOMC statement, September 18, 2013

FOMC statement

2013年7月31日以来,約49日ぶりのリリースでした。今回も政策金利は据え置きでした。第3パラグラフでは緩和縮小を少しだけ期待させて結局否定してしまい,ある程度織り込み済みの緩和縮小だっただけにFRBの信頼感は少し失われたような気がします。(※8下線)

1.景気回復については,前回の"economic activity expanded at a modest pace during the first half of the year"から今回の"economic activity has been expanding at a moderate pace"に若干変化し,直近のゆっくりとした景気回復に再度の言及。(※1下線)
2.雇用情勢については,前回の"Labor market conditions have shown further improvement in recent months, on balance, but the unemployment rate remains elevated"から今回の"Some indicators of labor market conditions have shown further improvement in recent months, but the unemployment rate remains elevated"に若干変化したが,失業率の高止まりについては全く変わらない論調。(※2下線)
3.家計消費と設備投資と財政政策についての表現は全く変化していない。しかし,前回の"the housing sector has strengthened somewhat"から今回の"the housing sector has been strengthening, but mortgage rates have risen further"に変化し,住宅ローン金利の上昇が継続していると指摘。(※3下線)
4.インフレ要因については,前回の"Partly reflecting transitory influences, inflation has been running below the Committee's longer-run objective"から今回の"Apart from fluctuations due to changes in energy prices, inflation has been running below the Committee's longer-run objective"に変化し,変動要因としてはエネルギー価格を切り離して考えている模様。(※4下線)
5.景気の展望については,前回の"expects that, with appropriate policy accommodation, economic growth will pick up from its recent pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate"から全く変化しておらず,失業率の低下についての文言も全く同じ。(※5下線)
6.景気の後退リスクについては,前回の"The Committee sees the downside risks to the outlook for the economy and the labor market as having diminished since the fall"から前段はほとんど変わらないが,後段を追加して"but the tightening of financial conditions observed in recent months, if sustained, could slow the pace of improvement in the economy and labor market"と金利の上昇をリスク要因として挙げている。(※6下線)
7.インフレ見通しについては,前回のThe Committee recognizes that inflation persistently below its 2 percent objective could pose risks to economic performance, but it anticipates that inflation will move back toward its objective over the medium term"から変化しておらず,明示的にインフレ・ターゲット値を表現するだけでなく,インフレ率が下げ止まって経済成長に影響がある可能性にも言及。(※7下線)
8.第3パラグラフは,緩和縮小を期待させる前段から始まったものの逆接でそれを否定して,従来からの緩和策は継続されている。前回まであったお決まりのDual Mandateに結びつけた前段は重要度が減ってパラグラフ最後尾に移動。(※8下線)
9.緩和政策の継続性については緩和縮小を匂わせても否定したために,前段は同じであっても後段で"Asset purchases are not on a preset course, and the Committee's decisions about their pace will remain contingent on the Committee's economic outlook as well as its assessment of the likely efficacy and costs of such purchases"と,継続が前提でないことを明確にせざるを得なかった。(※9下線)
10.レートは今回も0.25%で据え置きで,前回と同じ表現で6.5%以上の失業率の間は現在の政策金利の継続を宣言。(※10下線)
11.上記の失業率ターゲット政策には,インフレ期待が2.5%以内であるという前回と同じ条件がついている。(※11下線)
12.前回と同じく,労働市場の追加的測定値やインフレ圧力とインフレ期待の指標,金融情勢のその他の情報などの別の指標も緩和政策判断に使う可能性を記述。結果的に第5パラグラフは前回と全く同じ。(※12下線)
13.前回と同じく,カンザスシティ連銀のジョージ総裁が将来の経済・金融のインバランスに影響を与えるとして現行の緩和政策に(タカ派として)不同意を表明した。(※13下線)

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in July suggests that ※1economic activity has been expanding at a moderate pace. ※2Some indicators of labor market conditions have shown further improvement in recent months, but the unemployment rate remains elevated. Household spending and business fixed investment advanced, and ※3the housing sector has been strengthening, but mortgage rates have risen further and fiscal policy is restraining economic growth. ※4Apart from fluctuations due to changes in energy prices, inflation has been running below the Committee's longer-run objective, but longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee ※5expects that, with appropriate policy accommodation, economic growth will pick up from its recent pace and the unemployment rate will gradually decline toward levels the Committee judges consistent with its dual mandate. ※6The Committee sees the downside risks to the outlook for the economy and the labor market as having diminished, on net, since last fall, ※6but the tightening of financial conditions observed in recent months, if sustained, could slow the pace of improvement in the economy and labor market. ※7The Committee recognizes that inflation persistently below its 2 percent objective could pose risks to economic performance, but it anticipates that inflation will move back toward its objective over the medium term.

※8Taking into account the extent of federal fiscal retrenchment, the Committee sees the improvement in economic activity and labor market conditions since it began its asset purchase program a year ago as consistent with growing underlying strength in the broader economy. However, the Committee decided to await more evidence that progress will be sustained before adjusting the pace of its purchases. Accordingly, ※8the Committee decided to continue purchasing additional agency mortgage-backed securities at a pace of $40 billion per month and ※8longer-term Treasury securities at a pace of $45 billion per month. The Committee is maintaining its existing policy of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and ※8of rolling over maturing Treasury securities at auction. Taken together, these actions should maintain downward pressure on longer-term interest rates, support mortgage markets, and help to make broader financial conditions more accommodative, ※8which in turn should promote a stronger economic recovery and help to ensure that inflation, over time, is at the rate most consistent with the Committee's dual mandate.

The Committee will closely monitor incoming information on economic and financial developments in coming months and ※9will continue its purchases of Treasury and agency mortgage-backed securities, and employ its other policy tools as appropriate, until the outlook for the labor market has improved substantially in a context of price stability. ※9In judging when to moderate the pace of asset purchases, the Committee will, at its coming meetings, assess whether incoming information continues to support the Committee's expectation of ongoing improvement in labor market conditions and inflation moving back toward its longer-run objective. Asset purchases are not on a preset course, and the Committee's decisions about their pace will remain contingent on the Committee's economic outlook as well as its assessment of the likely efficacy and costs of such purchases.

To support continued progress toward maximum employment and price stability, the Committee today reaffirmed its view that a highly accommodative stance of monetary policy will remain appropriate for a considerable time after the asset purchase program ends and the economic recovery strengthens. In particular, the Committee decided to keep the target range for ※10the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that ※10this exceptionally low range for the federal funds rate will be appropriate at least as long as the unemployment rate remains above 6-1/2 percent, inflation between one and two years ahead is projected to be ※11no more than a half percentage point above the Committee's 2 percent longer-run goal, and longer-term inflation expectations continue to be well anchored. ※12In determining how long to maintain a highly accommodative stance of monetary policy, the Committee will also consider other information, including additional measures of labor market conditions, indicators of inflation pressures and inflation expectations, and readings on financial developments. When the Committee decides to begin to remove policy accommodation, it will take a balanced approach consistent with its longer-run goals of maximum employment and inflation of 2 percent.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; James Bullard; Charles L. Evans; Jerome H. Powell; Eric S. Rosengren; Jeremy C. Stein; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen. Voting against the action was ※13Esther L. George, who was concerned that the continued high level of monetary accommodation increased the risks of future economic and financial imbalances and, over time, could cause an increase in long-term inflation expectations.

Summers Is Over v1.0



動画職人第41弾です。これまで通り,こちらでも告知しておきます。

今回の動画は9月15日に次期FRB議長候補となることを辞退すると申し入れたローレンス・ヘンリー・サマーズ・ハーバード大学教授が主役です。16歳でMITに入学した神童でしたが,クリントン政権での財務長官時代は傲慢さで物議を醸し出し,ハーバード大学学長時代は女性蔑視発言でその椅子を失っています。華やかな表舞台から彼が一旦去るという意味で原曲の「Love Is Over」が転じて「Summers Is Over」という替え歌にしました。もともと1980年の欧陽菲菲さんの持ち歌ですがその後も多くの歌手がカバー曲として歌い,今回は男性が主役なので2009年の中西保志さんのバージョンを使用しました。お楽しみいただけましたら幸いです。

Summers Is Over v1.0

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/09/16の週】(本業多忙で遅延モード)



【ドル円】
先週の予想:100.20円-98.70円
先週の変動:100.599円-99.002円(終値99.352円)
的中度:上限は約40PIPSのドル安方向の誤差,下限は約30PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:99.90円-98.50円
※今週はFOMCまでは一方的なドル高にはならないと思いますので,下限は98円台半ばまでで底堅いでしょう。一方,上限については今週はやや円高気味で99円台後半までの上昇は期待します。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3250ドル-1.3150ドル
先週の変動:1.33239ドル-1.31616ドル(終値1.32961ドル)
的中度:上限は約70PIPSのドル高方向の外し,下限は約10PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:1.3400ドル-1.3230ドル
※今週はFOMC次第でドル高に動きそうなので,下限は1.32ドル台前半までの下落後にサポートされるでしょう。一方,上限については1.34ドルジャストあたりからは高値を更新できないでしょう。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9380フラン-0.9280フラン
先週の変動:0.93907フラン-0.92711フラン(終値0.92939フラン)
的中度:上限は約10PIPSのドル安方向の誤差,下限は10PIPS以内の的中
今週の予想:0.9350フラン-0.9230フラン
※今週はフランへの動意は少ないと思いますので,下限は0.92フラン台前半でサポートされるでしょう。一方,上限は0.93フラン台半ばで失速すると考えています。

【今週の指標/イベント】
9月19日: FOMC
9月19日: 9月フィラデルフィア連銀景況指数

※木曜日の未明のFOMCでFRBの緩和縮小がなされるかどうかが今週の一大イベントなのでそれまでは相場は動かないでしょう。その後は,フィラデルフィア連銀景況指数にも素直に反応する展開に戻ると思われます。

米8月小売売上高はコアも全体も予想以下で,前月の上方修正も影響は軽微

Retail Sales in U.S. Increase Less Than Forecast

8月の小売売上高は「自動車を除くコア」が前月比0.1%と予想の0.3%以下でした。また,全体は前月比0.2%と予想の0.5%以下でした。7月の小売売上高のコアが0.6%,全体が0.4%に上方修正されたものの焼け石に水でした。

米8月小売売上高(自動車除くコア): 0.1% (予想:0.3%,前月:0.5%,前月改定:0.6%)
米8月小売売上高: 0.2% (予想:0.5%,前月:0.2%,前月改定:0.4%)



残念な小売売上高のせいでユーロドルは一時1.33ドル台前半まで振れましたがその後は逆に1.32ドル台に反落しました。ドル円は99円台後半から99円台前半まで続落しドル安の傾向にあります。通貨ペアごとにまちまちであったことからすると,為替市場への影響は軽微であったと言えます。

ひとり負け v1.0



動画職人第40弾です。これまで通り,こちらでも告知しておきます。

今回の動画はある大物有名歌手の◯◯疑惑のニュースがあったので,過去の楽曲をYouTubeで聞く気になったのがそもそものきっかけでした。その中で1979年の「ひとり咲き」の歌詞を聞いて,これ以上現在のNTTドコモさんにピッタリの替え歌はないとすぐに確信しました。自分の歴代の替え歌の中でも元歌の歌詞とシンクロしている割合は相当高い部類の替え歌になっています。今後NTTドコモさんのビジネスが成功するか失敗するかは私には予想できませんが,純粋にエンタメとしてお楽しみいただけましたら幸いです。

ひとり負け v1.0

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/09/09の週】



【ドル円】
先週の予想:99.80円-98.20円
先週の変動:100.214円-98.266円(終値99.087円)
的中度:上限は約40PIPSのドル安方向の誤差,下限は約10PIPS以内の的中
今週の予想:100.20円-98.70円
※今週は五輪特需への期待が広がる可能性があり,下限は98円台後半までで底堅いでしょう。一方,上限については先週に続いて100円台前半までの上昇は期待します。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3250ドル-1.3090ドル
先週の変動:1.32264ドル-1.31040ドル(終値1.31775ドル)
的中度:上限は約20PIPSのドル安方向の誤差,下限は約10PIPSのドル高方向の誤差
今週の予想:1.3250ドル-1.3150ドル
※先週のECBの会合からしばらくユーロ経済も強気と思われ,下限は1.31ドル台半ばでサポートされるでしょう。一方,上限については1.32ドル台半ばのあたりが依然として伸びの限界と考えます。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9420フラン-0.9280フラン
先週の変動:0.94544フラン-0.93092フラン(終値0.93769フラン)
的中度:上限は約30PIPSのドル安方向の誤差,下限は約30PIPSのドル安方向の誤差
今週の予想:0.9380フラン-0.9280フラン
※今週はフラン高の傾向にありドル円とは異なる動きにはなりますが,下限は0.92フラン台後半でサポートされるでしょう。一方,上限は0.93フラン台後半で失速すると考えています。

【今週の指標/イベント】
9月13日: 米8月小売売上高

※2020年の五輪開催地が東京になったことで短期的な株式市場への影響はあるかもしれませんが,現在のメインシナリオはFRBのTaperingがどうなるかですのでそちらを注視したいと思います。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2016-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Forex Rates

This site's QR Code