EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2009年第3四半期米GDPは上昇

Economy in U.S. Expands for First Time in a Year (Update2)

2009年3Q米実質GDP(前期比年率): 3.5% (予想:3.2%,前期:-0.7%)
2009年3Q米個人消費: 3.4% (予想:3.1%,前期:-0.9%)
2009年3Q米GDPデフレータ: 0.8% (予想:1.4%,前期:0.0%)

なかなか堅調なGDPですので,もう一押しの財政出動を2010年まで続けてもらって米景気回復の勢いを継続してもらいましょう。財政赤字は続いていますが,なにせ他国のことですからあまり深刻に考えないでいます。(こういうのを逆ホームバイアスと言うのかな。)

また,記事の中で言及されていて興味深いのは,

■ ドル安で輸出が後押しされているのにも関わらず,輸入の伸びの方が輸出よりも速い
■ S&P500に含まれている企業の85%が予想より収益を多めに計上した

ことです。さすが米国は現時点でも世界一の経済規模の国であることは間違いありません。結果だけ見ると,昨日のGoldman SachesのGDPの(3.0%から2.7%への)下方修正予想は何だったのかという感じです。

Canadian Stocks Fall as Goldman Sachs Cuts U.S. Growth Forecast

市場を操作して押し目をねらうなんてとんでもない話です。この手の予想(特にGSの予想)はポジショントークであることをいつも念頭におきましょう。

コメント

さすがはGS、やることがえげつないですねえ・・・

39歳さん,どうもです。
嵌め込みなのか,出来レースじゃないことを強調するためにわざと間違えたのか,アナリストがたまたま間違えたのか,真相は藪の中ですがあまり他人の推奨を信用するのは考えものであることは確かです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/746-fbf5ebca

-

管理人の承認後に表示されます

« 「資産価格」監視にも乗り出す世界の中央銀行  | HOME |  中央銀行たるもの,政権との距離はかくあるべし »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code