EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/03/30の週】

先週は米2月耐久財受注が予想以上によく,また米2月新築住宅販売件数も増加しました。金融機関の不良債権買い取りなど柱とするバッドバンク構想も具体化し,日米とも株式市場は徐々に上昇しています。ドルが欧州通貨に対して堅調だったのは,ユーロ圏の1月鉱工業受注鉱工業生産も前年比が過去最大の落ち込みでしたし,ユーロ圏の貿易収支および経常収支が悪化したことや,EU議長国であるチェコのトポラーネク首相率いる少数中道右派政権の不信任案が可決されて政治情勢が極めて不透明であることなどが関係しているのでしょう。(6月末までで議長は変わるでしょうが,やっぱりこの国にはEUを仕切る能力はないですね。)



ドル円は,予想が96.60円-93.10円で,実際は98.85円-95.64円(終値97.91円)でした。先々週の円高をすべて帳消しにして,終値も98円直下まで上昇しました。先週の予測で述べた早いうちの96円台への上昇が月曜日に達成され,しっかりと96円台が次のサポートになる布石が打たれました。しかし,日本における年度末の30日,31日を控えていますので,先週の95円台に少しだけ突っ込むのはありえそうですね。一方,上値は99円台では戻り売りも厳しくなり蓋をされているように重いですので,99円後半には行かないでしょう。よって,今週の上値は99.20円程度と予測し,下値は95.80円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.3850ドル-1.3280ドルで,実際は1.3735ドル-1.3257ドル(終値1.3298ドル)でしたので,ユーロドルは先々週の上昇の半分ほどの値幅を下げ戻しました。1月8日の戻り高値1.3799ドルを越えることができず,1.32ドル台半ばまで下落した後に週末の時間切れの様子です。割とわかりやすいレンジ相場の形成中だと思いますが,1.31ドル台から1.34ドル台は一気に上昇しましたので下がるときも一気に下落する可能性があります。よって,今週の上値は1.3750ドル程度と予測し,下値は1.3100ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.1450フラン-1.0950フランで,実際は1.1478フラン-1.1167フラン(終値1.1434フラン)でした。上限はほぼ予想通りで週足高値をつけた後に少し戻して終値を迎え,下限はドルの堅調さのおかげで1.11フラン台で下げ止まり,今年1月12日から17日に1.1170フランあたりを中心にもみ合ったレベルでのサポートは今週も健在でしたから,引き続き下限はそのあたりとしましょう。一方,上限は1月19日の高値1.14フラン半ばをユーロの下落とともに多少は越えてくるかもしれません。よって,今週の上値は1.1530フラン程度と予測し,下値は1.1170フラン程度と予測します。

今週でようやく2009年第一四半期が終わりますので,3月中はいったんはもう少し円高になるようにレパトリが起きるかもしれません。しかし,4月まで長引くとは思えないので,基調としては欧州通貨と円の弱いもの比べで週末を迎えると予測しています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/610-3c3c1150

« 耐久財受注がプラス上昇のサプライズ  | HOME |  政府版CDO+ストレステストの合わせ技 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code