EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/07/29の週】(本業多忙のため更新遅れ)



【ドル円】
先週の予想:101.30円-99.50円
先週の変動:100.606円-97.951円(終値98.235円)
的中度:上限は約70PIPSドル高方向の外し,下限は約150PIPSドル高方向の外し
今週の予想:99.10円-97.50円
※直近のドル安・円高の動きがきついのですが,下限は月曜日の安値の97円台半ばでサポートされるでしょう。一方,上限については上昇のトレンドははっきりせず99円台の前半まで上昇すると考えています。



【ユーロドル】
先週の予想:1.3220ドル-1.3020ドル
先週の変動:1.32960ドル-1.31346ドル(終値1.32769ドル)
的中度:上限は約80PIPSのドル高方向の外し,下限は約110PIPSのドル高方向の外し
今週の予想:1.3330ドル-1.3150ドル
※先週からのユーロ高の傾向が続くも調整が入れば,下限は1.31ドル台半ばまでは反落しそうです。一方,上限も1.33ドル台前半までの上昇で一服すると見ています。



【ドルスイス】
先週の予想:0.9520フラン-0.9370フラン
先週の変動:0.94143フラン-0.92631フラン(終値0.92817フラン)
的中度:上限は約110PIPSのドル高方向の外し,下限は約110PIPSのドル高方向の外し
今週の予想:0.9370フラン-0.9250フラン
※安値付近で推移するものの下抜けの勢いはなく,下限は0.92フラン台半ばでサポートされるでしょう。一方,上限は0.93フラン台後半まで上昇すると考えています。

【今週の指標/イベント】
7月31日: 2013年2Q米国GDP(速報値)
8月1日: FOMC
8月1日: BOE/ECB政策金利
8月1日: 7月ISM製造業景気指数
8月2日: 7月米雇用統計/NFP

※ECBの金融政策が口先だけだとか議事録を見せろとか市場の不安もくすぶっていますし,FOMCとGDPの速報値と雇用統計が重なる今週はFRBの「出口政策」に絡む無数の思惑が重なって神経質な相場となるでしょう。機動的にエントリすることも大切ですが機動的にエグジットするルール遵守とタイミングがもっと大切です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1310-dda96faf

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/07/22の週】  | HOME |  2013年第2四半期米GDPは予想より上昇し,個人消費も堅調 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code