EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

5月失業率は0.1%上昇も,NFPは事前予想を上回ってドルが戻す展開

Payrolls in U.S. Rose 175,000 in May, Unemployment 7.6%

5月非農業部門雇用者数: 175K (予想:163K,前回:165K,前回改定:149K)
5月失業率: 7.6% (予想:7.5%,前回:7.5%)



5月の失業率は4月より0.1%上昇しましたが,NFPは予想の163Kを上回る175Kというまずまず良い結果となりました。一方で4月のNFPは165Kから149Kに16Kも下方修正されていますので,前月の下方修正の分は今月の増加の見かけ上の上昇につながっていると考えると159Kの増加と見ることもできます。なので今回の米雇用統計は本当は予想以下と言っても構わないのですが,直前まで相当な円高になり市場はドルを買いたくてしょうがなかったわけで,ドル円は94ドル台から97ドル台へとバンジージャンプしてきました。

製造業: -8000人 (前回:-9000人) ※前回修正と今回が共にマイナス
建設業: 7000人 (前回:-2000人) ※プラスになったけど強くはない
リテール部門: 2万7700人 (前回:1万9900人) ※一時雇用で何とか凌ぐセクター
輸送・物流業: -3900人 (前回:5900人) ※ここはプラス・マイナスで振動中
情報業: 3000人 (前回:-7000人) ※前回のマイナスから回復
金融業: 4000人 (前回:9000人) ※多くはないがマイナスではない
プロフェッショナルサービス部門: 5万7000人 (前回:6万0000人) ※一番安定した増加を維持
教育・医療部門: 2万6000人 (前回:3万7000人) ※堅調さを引き続き維持
民間部門: 17万8000人 (前回:15万7000人) ※予想を上回った点では評価
政府部門: -3000人 (前回:-8000人) ※元々期待していませんが何か

今月も,前回に続き教育・医療部門とプロフェッショナルサービス部門の安定した増加が印象的でした。ところが,ある程度の学歴&ホワイトカラーとしてのスキルがないと安定雇用は期待できない一方で,大学学費の上がる米国は本当に誰にでもチャンスがある「アメリカン・ドリーム」の国ではなくなったのでしょうか。これは,教育格差が収入格差につながりかねない米国にとっては由々しい問題で,NFPの総数がいくら上がろうともつきまとうことになりますね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1291-5fc51318

-

管理人の承認後に表示されます

« ECBは政策金利を0.50%に据え置き…ドラギ総裁はマイナス金利の早期実施に否定的で相場はユーロ高  | HOME |  通貨ペアの曜日アノマリー »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code