EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ヘッドラインリスク



Pound Falls After Times Says U.K. Lenders See Funding Shortfall

ヘッドラインを読むと,差し迫った段階のように見えて中を読むと…タイムズ紙が報じたのは来年のことでしたとさ。

The pound fell, approaching a two- week low against the dollar, after the Times said U.K. mortgage lenders may face a 30 billion pound ($61.8 billion) funding shortfall next year.

憶測で来年のことを書くタイムズ紙には一番の無責任さがありますが,事実を淡々と伝えるはずのブルームバーグ紙に二次記事が載ってしまうと,時間軸を無視した予測だけが一人歩きします。ヘッドラインだけを読むと今すぐにも資金ショートが起きるかのような印象さえ受けます。こういうヘッドラインリスクは,日本のメディアの日銀利上げ関連報道にもありますね。(もちろん,短い表現で「来年」のことを織り込むのは大変ですが…)

これで,明日のBOEの発表で利下げを観測する人が増えたかな。BOEとキング総裁はいい意味で期待を裏切りますから,どうもよくわからなくなってきました。明日を待つしかないでしょう。

(12月5日追記)
でも,確かに利下げしたくなるニュースも増えてきたのは事実です。
U.K. Consumer Confidence Falls Most Since 2004, Nationwide Says
U.K. House Prices Fall the Most Since December 2006, HBOS Says

米金融セクターの足の引っ張り合い

U.S. Stocks Fall; Goldman, Merrill, Motorola Shares Decline

今度は,JPモルガンが,ゴールドマン・サックス,モルガン・スタンレー,メリル・リンチ,リーマン・ブラザーズの4社について,さらにサブプライム損失が広がると予測。互いに足の引っ張り合いが激化した模様です。彼らが狙っているのは…

1.互いに低評価して,下がる相手の株のプットでも買う。
2.より少ない損失であると見せかけて,自社の株価の毀損を避ける。
3.悪材料を出し尽くさせてFFレートの更なる利下げを狙い,長短金利の利ざや稼ぐ。

などでしょう。

少しでも利益を回復するためには,ライバル会社,個人投資家など問わず損失をこうむらせたり,うまく利用したりするのでしょう。こういう人たちとやりあうためには,しっかりとした金融リテラシーを個人としても身に着けていかないといけません。

為替取引の場合は,それにさらに加えて一瞬のトレード判断が必要になりますが,サブプライム爆弾で焦土化した戦場でサバイバルゲームがなされている感じです。でもあまりガツガツするのではなく,そういう状況を楽しめるくらいになったほうが成績はいいはずですよ。皆さん,心の余裕はありますか?

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code