EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

8月米小売売上高と利下げリスク



9月のFFレート先物は相変わらず100%以上利下げを織り込んでいますが,これだけ期待されても,実際に利下げすると,

1.利下げ地獄
2.ドル全面安
3.インフレ進行

のリスクがあります。1は,利下げの効果が徐々に薄れてくるので,もし今回利下げしたら連続で3回ぐらいは行わないといけないでしょう。2は,通常利下げでは当該国の通貨は安くなるのですが,今回の場合は利下げ->NY株高->ドル高というきわめてまれなシナリオが現実化する可能性がないともいえません。3は,直接リセッションにつながるFEDにとって深刻なリスクです。実際,WTIC原油価格は1バレル80ドルを越えた市場最高値を更新しました。他の2次製品に価格転嫁される恐れや車社会のアメリカにとって事実上の増税効果をもたらすため,小売売上高に影響を与え景気後退につながることが懸念されます。

今晩の8月米小売売上高は,マーケットが3番目の懸念に対するFEDの姿勢を予測するのに大切な指標ですが,利下げ予測には特別影響を与えないほど既に利下げが織り込まれすぎています。目先の株価に影響は与えますが,全てはFOMCの結果待ちでしょう。

現在では,株高がドル高につながる株式市場から為替市場への流れがあります。FEDとしても株価を犠牲にしてドルを守る金利据え置きというシナリオが描けるかどうか,難しい政策決定であることは言うまでもありません。

クロス円やドルの関わらない通貨ペアでまったり取引するか,ドルがらみのポジションを減らすことも一考でしょう。そうでないと週末に飲み会にもいけないですからね。

 | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2007-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code