EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

12月失業率は前月と変わらずも,NFPは予想を上回り前回も上方修正

Payrolls in U.S. Keep Growing Even Amid Fiscal Talks

12月非農業部門雇用者数: 155K (予想:152K,前回:146K,前回改定:161K)
12月失業率: 7.8% (予想:7.7%,前回:7.7%,前回改定:7.8%)

Wait for ClevelandFed updates

12月の失業率は上方修正された11月と同じ7.8%になり,NFPは予想の152Kを上回り155Kの増加になりました。一方で11月のNFPは146Kから161Kに大きく上方修正されています。前月の上方修正の分は今月の増加の押し下げにつながっていますので実質170Kの増加と見ることもできます。この時期のサービス業の一時雇用による影響がどの程度かは来月の指標を待ちたいと思います。

製造業: 2万5000人 (前回:5000人) ※前月上方修正後にさらに大幅増
建設業: 3万0000人 (前回:-1万0000人) ※前月減少分を大きく回復
金融業: 9000人 (前回:0人) ※プラスでも大幅な増加を期待できず
リテール部門: -1万1300人 (前回:6万2800人) ※早めに季節要因の剥落が起きた
民間部門: 16万8000人 (前回:17万1000人) ※建設業の減少分からするとやや予想外
政府部門: -1万3000人 (前回:-1万0000人) ※赤字縮小対策は続く

今月は,建設業部門が大幅にプラスで前月延期になった工事がラッシュだったのでしょうか。また,リテール部門は一足早く一時雇用の剥落も起きているようです。プロフェッショナルサービス部門も増加していますが,前月ほどの増加の勢いはありません。

今週は民間雇用のADPの数字が非常に良かったので雇用統計にも期待が集まりましたが,これらの数字がやや期待を裏切ったことで,直近のドル高・円安傾向も調整が進みました。ユーロドルは1.30ドル付近からユーロ高に反転しましたし,ドル円は88円台前半から87円台後半まで下がりました。しかし,ドル円の方はその後再び88円台を回復してドルの弱さというより円安の圧力の強さがハッキリと観察されました。

12月ISM製造業景気指数は予想を上回り堅調を維持

Outlook for 2013 Improves as U.S. Manufacturing Climbs

12月ISM製造業景気指数: 50.7 (予測:50.4,前月:49.5)



12月のISM製造業景気指数は11月の49.5から1.2ポイント増の50.7に上昇し,事前予想の50.4からも0.3ポイント上回ることができました。先月はサンディの影響があったようですが今月は平常運転です。

内訳では,新規受注指数(New Orders)は前月と変わらず需要がそれほど拡大しているわけではありません。製造指数(Production)は1.1ポイント減で52.6にまで下がりました。雇用指数(Employment)は4.3ポイント増で季節要因を考慮しても50をしっかりと上回っており改善が見られます。入荷遅延(Supplier Deliveries)も4.4ポイント増で供給サイドは力強い回復です。

在庫指数(Inventories)は2.0ポイント減で,顧客在庫指数(Customers' Inventories)は逆に4.5ポイント増です。受注残指数(Backlog of Orders)は7.5ポイント増でしたので受注は一定ですが在庫がさばけたあとは製造が追いついていないと言えるでしょう。価格指数(Prices)は先月から3.0ポイント増でやや上昇していますが当面は安定傾向のままです。

武者スタイル v1.0



動画職人第29弾です。これまで通り,こちらでも告知しておきます。

今回の動画は日本株に常に強気な武者リサーチの武者陵司さんが主役です。原曲は2012年にYoutubeでブレイクしたPSYの「ガンナムスタイル」です。外国語を日本語で替え歌にするわけにはいかないので今回は武者氏のレポートのタイトルなどを字幕にしてみました。お楽しみいただけましたら幸いです。ただし,投資は自己責任でお願いします。

武者スタイル v1.0

***

遅くなりましたが本年もよろしくお願いします。

« PREV  | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2013-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code