EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

7月ISM製造業景気指数は予想に届かず,50以下で改善はなし

U.S. Manufacturing Unexpectedly Shrinks For Second Month

7月ISM製造業景気指数: 49.8 (予測:50.2,前月:49.7)



7月のISM製造業景気指数は6月の49.7から0.1ポイント増の49.8に上昇し,事前予想の50.2には0.4ポイント届きませんでした。一応前月よりは指数はアップしていますが50以下ですので景気減速の流れは変わらないままです。

内訳では,新規受注指数(New Orders)が前月から0.2ポイントの微増で,製造指数(Production)が0.3ポイントの微増でしたが,雇用指数(Employment)は4.6ポイントの減少でした。34か月連続で50を上回っていた雇用指数も来月はいよいよ正念場を迎えるのでしょう。入荷遅延(Supplier Deliveries)は0.2の微減で前月との差は余り感じません。

在庫指数(Inventories)は5.0ポイントの増加で,顧客在庫指数(Customers' Inventories)は1.0ポイントの増加です。受注残指数(Backlog of Orders)が1.5ポイント低下しているのと合わせるとゆるやかな需要減が見て取れます。価格指数(Prices)は先月大きく下がったところからの戻し程度の増加ですので,インフレ懸念は引き続きありません。

輸出指数(Exports)は1.0ポイント減で,輸入指数(Imports)は3.0ポイント減となりました。輸出指数は既に中立状態ですが,輸入指数も大きく減って来月には成長レベルから中立レベルまで減少する可能性があります。国内需要が減っているので,このところのドル高でも輸入指数が振るわないのも仕方がないと言えるでしょう。

« PREV  | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2012-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code