EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ギリシャのパパンドレウ首相は責任を取りたくなかったピラトのよう…

ギリシャのパパンドレウ首相が欧州包括合意案を直ちに承諾せずに国民投票にかける言ったのはやはり自国民の反応をを恐れているからでしょう。これは,自分自身はあまり乗り気ではなかったもののキリストを磔にすることに同意したローマの提督ポンテオ・ピラトに似ていますね。

ということで,ギリシャ風に書き直すと…

***

【マルコ15:9-14】
パパンドレウは彼らにむかって,「おまえたちは欧州包括合意を受け入れるのか」と言った。

それは,国民がストをしているのは緊縮財政を嫌っているためであるとパパンドレウにはわかっていたからである。

しかし群衆のリーダーたちは,ドラクマを復活するように群衆を煽動した。

そこでパパンドレウはまた彼らに言った。「それではおまえたちが導入したユーロについてはどうしたらよいか」

彼らはまた叫んだ。「ドラクマを復活せよ」

パパンドレウは言った。「ユーロのどこがいけないのだ」すると,彼らはいっそう激しく叫んで「ドラクマを復活せよ」といよいよ激しく言った。

【マタイ27:21-26】
パパンドレウは彼らにむかって,「おまえたちはユーロとドラクマとどちらを採用したいのか」と言った。群衆は続けた。「ドラクマを復活せよ」

パパンドレウは答えた。「この私が欧州包括合意を拒否するのか」彼らは皆「国民投票にかけよ」と言った。

パパンドレウは「ユーロのどこがいけないのだ」それでも群衆は執拗に「ドラクマを復活せよ」と叫び続けた。

説得が無駄でありかえって混乱を招いていると思ったパパンドレウは群衆の前で手を洗って言った。「この欧州包括合意をどうするかに関してわたしには責任がない。お前たちの問題だ」

群衆はこぞって答えた。「合意を拒否した責任と結果は我々と子孫に降り掛かっても良い」

それでパパンドレウは直ちに欧州包括合意を受け入れるのを止めて,国民投票にかけることを宣言した。

***

FOMC statement, November 2, 2011

FOMC statement

2011年9月21日以来,約42日ぶりのリリースでした。今回は政策金利は据え置きで,期待された追加緩和につての言及はありませんでした。FRBとしては本当に景気が腰折れになったときの追加手段を確保しておきたいわけで,市場の期待は空振りに終わりました。しばらくは「緩和あるある詐欺」と付き合うことになるのでしょうか。景気概況については前回よりやや楽観的ですが,タイの洪水の影響とかあまり織り込んでないですよね。

1.景気回復については,前回の"remains slow"から今回の"strengthened somewhat"と少し改善していることを示唆。(※1下線)
2.雇用情勢については,前回と同様の"continuing weakness in overall labor market conditions, and the unemployment rate remains elevated"で失業率の高止まりの経過を指摘。(※2下線)
3.家計消費については,前回の"at only a modest pace in recent months"から今回の"at a somewhat faster pace in recent months"と多少の増加を指摘。(※3下線)
4.設備投資とソフトウェア投資については前回の"continues to expand"から今回の"has continued to expand"と現在形でないのが気がかり。あとは文の前後が変わっただけ。(※4下線)
5.インフレ要因については,今回の"Inflation appears to have moderated since earlier in the year as prices of energy and some commodities have declined from their peaks."は前回と同じ表現。(※5下線)
6.失業率自身の展望は変えていないが,前回の"to expect some pickup in the pace of recovery"から今回の"to expect a moderate pace of economic growth"という表現で経済回復から成長に視点を変えているのはやや楽観的な変更。(※6下線)
7.明らかな景況感の後退リスクは,前回の"Moreover, there are significant downside risks to the economic outlook, including strains in global financial markets"から変化なく,パラグラフ内の後続文も同様。(※7下線)
8.ツイストオペの部分は,前回からの継続を"to continue its program to extend the average maturity of its holdings of securities as announced in September."と表現して目的やオペ総額などの詳細を省略。結果としてツイストオペもロールオーバーも通常業務としてのメンテナンスモード。(※8下線)
9.レートは今回も0.25%で据え置きで(2013年の半ばまで継続予定が決定しているので)FOMC文内の優先順位は低い。今回も"warrant exceptionally"と"at least through mid-2013"の明確な時間軸効果はそのまま継続。(※9下線)
10.強い景気回復のためのツールに関しては,改めて議論しましたよとは言わなくなったものの文言に簡潔に表記。(※10下線)
11.前回の3名のFOMCメンバーの時間軸効果の明言への反対は取り下げられ,かえってエバンス総裁がさらなる追加緩和を主張して今回は反対に回った。(※11下線)

For immediate release
Information received since the Federal Open Market Committee met in September indicates that economic growth ※1strengthened somewhat in the third quarter, reflecting in part a reversal of the temporary factors that had weighed on growth earlier in the year. Nonetheless, recent indicators point to ※2continuing weakness in overall labor market conditions, and the unemployment rate remains elevated. Household spending has increased ※3at a somewhat faster pace in recent months. Business investment in equipment and software ※4has continued to expand, but investment in nonresidential structures is still weak, and the housing sector remains depressed. ※5Inflation appears to have moderated since earlier in the year as prices of energy and some commodities have declined from their peaks. Longer-term inflation expectations have remained stable.

Consistent with its statutory mandate, the Committee seeks to foster maximum employment and price stability. The Committee continues ※6to expect a moderate pace of economic growth over coming quarters and consequently anticipates that the unemployment rate will decline only gradually toward levels that the Committee judges to be consistent with its dual mandate. ※7Moreover, there are significant downside risks to the economic outlook, including strains in global financial markets. The Committee also anticipates that inflation will settle, over coming quarters, at levels at or below those consistent with the Committee's dual mandate as the effects of past energy and other commodity price increases dissipate further. However, the Committee will continue to pay close attention to the evolution of inflation and inflation expectations.

To support a stronger economic recovery and to help ensure that inflation, over time, is at levels consistent with the dual mandate, the Committee decided today ※8to continue its program to extend the average maturity of its holdings of securities as announced in September. ※8The Committee is maintaining its existing policies of reinvesting principal payments from its holdings of agency debt and agency mortgage-backed securities in agency mortgage-backed securities and of rolling over maturing Treasury securities at auction. The Committee will regularly review the size and composition of its securities holdings and is prepared to adjust those holdings as appropriate.

The Committee also decided to keep the target range for ※9the federal funds rate at 0 to 1/4 percent and currently anticipates that economic conditions--including low rates of resource utilization and a subdued outlook for inflation over the medium run--are likely to ※9warrant exceptionally low levels for the federal funds rate ※9at least through mid-2013.

The Committee will continue to assess the economic outlook in light of incoming information and is prepared to employ its tools ※10to promote a stronger economic recovery in a context of price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; William C. Dudley, Vice Chairman; Elizabeth A. Duke; Richard W. Fisher; Narayana Kocherlakota; Charles I. Plosser; Sarah Bloom Raskin; Daniel K. Tarullo; and Janet L. Yellen. ※11Voting against the action was Charles L. Evans, who supported additional policy accommodation at this time.

ベイルアウト・イブ v1.0



動画職人第25弾です。これまで通り,こちらでも告知しておきます。

今回の動画はギリシャのパパンドレウ首相が欧州包括救済策を国民投票にかけると宣言したことを記念して作成しました。原曲は山下達郎さんが作詞・作曲の1983年の曲「クリスマス・イブ」です。毎年クリスマスが近づくとCMなどにも登場するのでご存じの方も多いでしょう。HolyからHorribleをイメージして割りと早めにギリシャの破綻を題材とすることが決まりました。お楽しみいただけましたら幸いです。

ベイルアウト・イブ v1.0

10月ISM製造業景気指数はなんとか拡大水準維持も,市場には影響せず

Manufacturing in U.S. Comes Close to Stagnating as Global Demand Weakens

10月ISM製造業景気指数: 50.8 (予測:52.0,前月:51.6)



10月のISM製造業景気指数は9月の51.6から0.8ポイント減の50.8に下落し,事前予想の52.0を1.2ポイントも下回りました。予想より悪かったのですが,この指標自体の為替相場への影響は極めて限定的なものになりました。FOMC前で様子見意識が強いことと,ギリシャのパパンドレウ首相が欧州包括支援策を国民投票にかけると発言したことでユーロが急激に下落し相対的にドルを強くなったことが原因でしょう。一方,欧州金融市場の不安定化は米国株式市場の下落として現れています。

内訳では,新規受注指数(New Orders)は前月から改善し中立水準からやや拡大水準に上昇しました。製造指数(Production)は前月からかろうじて50をキープし,雇用指数(Employment)も多少下がったものの拡大基調は変わりません。価格指数(Prices)は拡大基調が一転して大きく50を割りコストプレッシャーが下がったのは良いことです。

在庫指数(Inventories)と顧客在庫指数(Customers' Inventories)も中立水準以下に低下する一方,受注残指数(Backlog of Orders)が中立水準以下ながら上昇したのは,今後の製造指数(Production)の増加を示唆しているかもしれません。

輸入指数(Imports)と輸出指数(Exports)の両方が悪化しており,米国内での製品需要と同様に欧州および中国を含む国外での製品需要も低下しているのでしょう。輸出に頼らざるを得ない米国経済が,ギリシャ危機の影響による世界経済の脆弱性の問題に足を引っ張られ続けている限り,FOMCでは追加緩和観測が消えないも仕方が無いところです。

« PREV  | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2011-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Forex Rates

This site's QR Code