EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/10/12の週】(休みモードによる遅延)

先週は,金価格の爆上げでドル安が続いた週前半とバーナンキ証言マジック後の株式相場の回復の続いた週後半では相場の景色が大きく変わりました。米継続失業者が減ったのもドルにとっては朗報でしたし,「亀井モラトリアム」騒動も落としどころの決まった政策調整で一段落です。しかし,米国政府の本音は「強いドルは米国の国益」と言う従来の建前ではなく,ドル安で輸出を増やして米国の借金体質を改めようという意図です。先日のG20でガイトナー財務長官は「米国の過剰な個人消費に対し,中国・ドイツ・日本などの輸出主導の貿易黒字国が経済成長を頼る手法と決別すること。米国が貯蓄と生産・輸出に励む一方,他国が輸入と国内消費を増やすことで成長を持続させ,グローバル・インバランス(国際的な経常収支の不均衡)を是正する」とはっきりと述べました。ドルは各国通貨に対してあや戻しを繰り返しながら徐々に安値が更新されていくのでしょう。



ドル円は,予想が90.70円-88.70円で,実際は89.960円-87.996円(終値89.770円)でした。レンジ幅は合っているのですが上限も下限も同程度ドル高方向に外してしまいました。何とか87円台から回復できたのは,週半ばにECBの政策金利決定での記者会見で強いドルを期待するような発言が見られたこともあるでしょう。87円台に突入したものの今年1月18日の週の安値87.100円には届かなかったことからいったん下押し圧力は薄れました。また,週末の終値から考えて再び今週中に87円台に突入するとは考えにくいので,下値については88円台後半でのサポートを期待しています。上限については,9月30日の高値90.395円を明確に越えるかどうかに注目ですが,強い節ではありませんので多少のオーバーシュートはありえると考えます。よって,今週の上値は90.60円程度と予測し,下値は88.60円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4740ドル-1.4520ドルで,実際は1.48167ドル-1.45916ドル(終値1.47080ドル)でした。こちらは上限も下限も同程度ドル高方向に外してしまいました。週足で見て9月20日の週の高値1.48419ドルと9月27日の週の安値1.44802ドルの間のレンジをユーロドルはどうしても抜けられない状況にあります。もっと広い範囲で言えば,上限は昨年9月の月足の高値1.48660ドルを越えられていないわけですし,9月9日にこのレンジ入りして以来,下限レベルは安定してサポートされています。この範囲を守りながらしばらくは相場は単振動を繰り返すのかなと言った印象です。下限については,1.45ドル台半ばでのサポートはまだ健在と考えており,上限については,いったんは1.48ドルから遠ざかると見て1.47ドル台後半での失速を予想しています。よって,今週の上値は1.4780ドル程度と予測し,下値は1.4560ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0420フラン-1.0260フランで,実際は1.03573フラン-1.02293フラン(終値1.03250フラン)でした。上限がドル高方向への外し,下限も想定内ですがやはり少しドル高方向へ外してしまいました。先週は3通貨ペアともそろってドル高方向に外し,率直に言って個人的にドル高バイアスがあるのかもしれません。ただし,どのペアも予想よりドル安になるという急激な動きは,ドルにとっての中短期にわたる陰の極(ドル安の限界点)である可能性もあります。下限については,戻りが来ているので1.02フラン台半ばでのサポートを継続したいと思います。上限については,先週の1.03フラン台の戻りの弱さから1.04フラン越えを期待できないでいます。よって,今週の上値は1.0390フラン程度と予測し,下値は1.0250フラン程度と予測します。

さて今週のイベントですが,13日・14日に日銀金融政策決定会合があります。金利据え置きはもちろんなのですが,白川日銀総裁が亀井金融担当大臣に言質を取られないような質疑応答によって記者会見をどのようにこなしていくかが注目されます。あとは,いつも気にしている15日のフィラデルフィア連銀景況指数です。雇用情勢から見ても悪くはないと思いますが,思ったより良くないときに市場がどういう反応をするかという点を気にしています。さらには2009年第3四半期の決算発表が今週から本格化しますので,株式市場の動きが為替市場に与える影響も考えておくべきでしょう。

来週の日銀金融政策決定会合

来週の火曜日・水曜日には日銀の金融政策決定会合が開かれますが,いつにもまして白川日銀総裁の記者会見の模様が注目されます。

1.ガメラの火炎放射にひるまないで,CPおよび社債の買い入れ停止時期について明言できるかどうか。
2.日銀が実施しているCPおよび社債の買い入れはインターバンク市場に対するものであり,買い入れ停止が中小企業への融資案件に直接的な影響は無いことをマスコミや素人の政治家にも分かりやすく説明できるかどうか。
3.マスコミ受けする誘導尋問的な質問がなされた場合に,うまくかわせるかどうか。
4.結果として,日銀の政府からの独立性が維持されていると市場によって適切に認識されるかどうか。

今回の記者会見と後に続く質疑応答には,いつにもまして福井俊彦前日銀総裁バリの絶妙なアドリブ力が求められるようです。白川方明日銀総裁がスマートに受け答えしてくれるのを是非期待したいですね。

 

ホーニグ総裁&フィッシャー総裁

中銀ウォッチャーの間ではオーストラリア準備銀行(RBA)の利上げは,資源高を背景にした特殊な例だというのが共通の見解のようです。

一方,先進国中銀はFEDが動かない限り,(非伝統的質的緩和の)「出口戦略」の後の利上げには自発的に動けないと思われます。その理由は,それを口実に一段のドル安になった場合にハッピーになる人が誰もいないからです。

というわけで,各国中銀がそろそろ「出口戦略」を考えませんかという時期になると,FEDが同じように「10月で国債の買取りを止めますよ」という現実だけでは市場は物足りなく感じ,もっと先の「FFレートの最初の利上げの時期はいつなのか」ということに市場の焦点が移っていきます。

最近,FEDのタカ派であるホーニグ・カンザスシティー連銀総裁とフィッシャー・ダラス連銀総裁の意見がやや違ってきているので比べてみましょう。

【タカ派で早期利上げ主張】
ホーニグ・カンザスシティー連銀総裁:
Fed Should Tighten Rates Sooner Rather Than Later, Hoenig Says

「遅くなるより早めに利上げすべきだ。それによって米国経済は毀損しない。」
今利上げしても,利上げする伸び代はまだある。現在の状況で急激な引き締めを望んでいるわけではないが,私の経験からすると,超緩和的な政策は遅くなるより早めに除くべきだ。」

【タカ派で利上げ尚早論】
フィッシャー・ダラス連銀総裁:
Dallas Fed's Fisher - not yet time to raise rates

「我々は動くべき時にすぐ動ける状況にはあるが,その時は今ではない。
「経済は深刻なショックから活力を再び得るためにはまだ時間が必要だ。」
「信頼は高まっているが,民間セクターの雇用創出は堅調とは言えない。」

金融政策の転換点では,タカ派の意見がまだ一つにまとまっていない段階で,市場から注目されることがあります。これらの見解をどう見るかですが,

1.まだまだ観測気球に過ぎないのでしばらく気にするな。(大方の予想)
2.FRBのこれまでの慣例からは失業率のピークが過ぎるころ(たぶん後5,6か月先)に最初の利上げとなるだろう。(Calculated Risk説)

たぶん,このどちらかを想定している人が多いでしょう。私は,最近の資源価格の高騰でドルの基軸通貨としての地位への懸念が予想外に強まった場合や,何らかの事情で市場のインフレ期待が急上昇した場合には,ホーニグ総裁の言うように最初の利上げは早くて(事実上追い込まれて…)後はゆっくりと言うのはあり得ると思っています。

ところで,金価格はどこまで上がるのでしょうか。1100ドル?1200ドル?

ECB,BOEとも政策金利据え置き

ECBは政策金利を1.0%で据え置き…
Trichet Signals ECB in No Rush to Increase Rates (Update1)

これは弱気すぎますね。5回連続どころかあとさらに5回ぐらいは利上げは無いんじゃないかと予想させます。めずらしく市場の予想をはぐらかせずに,市場期待形成の地均しに精を出したという感じです。



BOEも政策金利を0.5%で据え置き…
BOE Will Spend Rest of Bond Plan to Ensure Recovery (Update2)

金利据え置きに加えて行ったことは,予定通りボンドの買取りを粛々と行ったことのみ。これでは弱気とも強気とも取れずに市場は動きにくいです。



実は,金価格がぐんと上昇している中で,どちらの中銀も自国通貨がドルに対して独歩高になることを恐れています。ユーロ高やポンド高は自国製品の輸出が困難になるばかりか,自国通貨がドルに代わって基軸通貨になる自信もないので決して過度な変動を望んでいないのです。3時間で終わったG7財務相・中央銀行総裁会議で久々に為替の安定が議題になったこととは決して無縁ではないと思われます。

しかし,経済活動に比例してこれまで大量に必要だった原油と異なり,
 1.ゴールドは経済成長に際して大量消費する資源ではない
 2.ゴールドは不要となったものから回収可能
 3.原油1バレルが70ドルから120ドルになるのとゴールド1トロイオンスが1000ドルが1050ドルなるのとでは割合から考えても同じ深刻度ではない
ということを考慮すると,現時点でゴールドだけが暴騰しても,主要通貨が同時に安くなる分には誰も困らないので黙認しているのです。

商品先物に手を出すのでなければ,豪ドルを買うぐらいしか現在の相場に対抗する手段はありませんが,現在のトレードスタンスに満足しているのであれば,新通貨に手を出す必要は無いでしょう。

ブルームバーグに見る亀井金融相の発言報道

台風18号の本土直撃の被害が心配されていますが,株式市場や金融界に対しては亀井「ガメラ台風」の威力もなかなかなものです。



最近では「日銀の寝言」発言のように,相手を一刀両断する発言も目立ってきているので,エンターテイメントという観点では個人的には構わないのですが,株式市場や為替市場への外乱要因としては全く困ったものであります。

とうとう海外のメディアも‘Disruptive’ Kamei と煽りが強くなっているようです。

‘Disruptive’ Kamei Roils Japan’s Markets and Hatoyama’s Cabinet

>Shizuka Kamei has sent bank stocks plunging, accused the central bank of sleeping on the job and blamed the nation’s biggest business lobby for increasing the murder and suicide rates.

いきなり直球で報道していますね。
「(モラトリアム発言による)銀行株撃沈」「日銀の寝言」「経団連謀略説」をそのまま報道されたら,やっぱりこんな閣僚がいる日本大丈夫かになるでしょうね。

>“the BOJ sometimes sounds like it’s talking in its sleep.”

具体的に英語で言えと言われたらこういうのですね。勉強になります。実際のビジネスで使う対象がありませんが…(笑)

>He said the Japan Business Federation, known as Keidanren, “should feel responsible for leading to more murders and suicides,” Kyodo News quoted him as saying.

Japan Business Foundationという言葉と一緒に使えば「経団連」はそのまま通じるのですね。これも普段使ったことが無いので勉強になります。

>Kamei on his Web site blames “unbridled capitalism led by the U.S.” for the global financial crisis.

明らかに亀井氏は米国にとって格好のヒール役です。

>“Kamei is still quite popular,” Sophia University’s Nakano said. “His comments make a lot of people frown, but they make a lot of other people happy.”

確かに政治家は芸能人・タレントと同じく人気商売なところがありますが,亀井「ガメラ台風」には,日本経済を混乱させないで無事に「通過」してもらいたいものです。

US上場企業決算日告知

アルコアの決算発表を皮切りに,2009年第3四半期の決算発表月が始まります。
US上場企業決算日自動取得マクロの表に10・11・12月の列を追加して,あらたに今月分と来月分をマクロに取得させました。(まだ埋まっていないTickerは省略してあります。)

Date Company Name
10/07/09 ALCOA Inc
10/08/09 PepsiCo
10/13/09 Intel Corporation
10/13/09 Johnson & Johnson
10/14/09 JPMorgan Chase & Co.
10/15/09 Advanced Micro Devices
10/15/09 Citigroup Inc.
10/15/09 Goldman Sachs
10/15/09 International Business Machines
10/15/09 Nokia
10/16/09 Bank of America Corporation
10/16/09 General Electric
10/19/09 Apple Inc.
10/19/09 Texas Instruments
10/20/09 Bank of New York Mellon Corp
10/20/09 Gilead Sciences
10/20/09 The Coca-Cola Company
10/20/09 Pfizer
10/20/09 Yahoo, Inc.
10/21/09 The Boeing Company
10/21/09 eBay
10/21/09 U.S. Bancorp
10/21/09 Wells Fargo & Company
10/22/09 Broadcom
10/22/09 Credit Suisse Group
10/22/09 EMC Corporation
10/22/09 3M Company
10/22/09 Merck & Co., Inc.
10/22/09 Xerox Corporation
10/23/09 Microsoft
10/26/09 Verizon
10/28/09 GlaxoSmithKline
10/29/09 Deutsche Bank
10/29/09 Waste Management
11/03/09 UBS
11/05/09 BNP Paribas
11/05/09 Starbucks
11/09/09 MBIA Inc.

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/10/05の週】

先週は,週末に発表された雇用統計などから米景気回復が緩やかなものになるという観測のため最後はドル安に振れましたが,週全般としてはドルが各通貨に対して盛り返しました。鳩山政権閣内不規則発言に市場も慣れてきてドル円も88円台で止まり,クロス円の全般的な円高にも歯止めがかかりました。と言うより日本経済の先行き不安のほうがかえって増幅されてきたのかもしれませんね。



ドル円は,予想が89.90円-87.05円で,実際は90.395円-88.591円(終値89.740円)でした。上限はオーバーシュートでぴったりとはいかず,下限は88円半ばで何とか止まったため予想は外れました。クロス円の円買いが一服したので思ったほどドル円も下がらなかったようです。下限については,週初と週末のどちらも88円台で止まったために当面のサポートとして機能するでしょう。上限については,いったん90円を超えた局面を経験したので,90円ジャストが心理的なレジスタンスになる度合いも薄まるでしょう。よって,今週の上値は90.70円程度と予測し,下値は88.70円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4820ドル-1.4620ドルで,実際は1.47115ドル-1.44802ドル(終値1.45700ドル)でした。上限も下限も大きくユーロ高方向に外してしまいました。週前半は先々週の米経済指標に基づいて米景気に対する強気な見方が支配しました。それにしても一時的にではありますがいったん1.45ドルを割ってしまったとは意外でした。下限については,チャート的には1.45ドル台半ばでのサポートはまだ健在ですので今週は1.45ドルを割るとは考えていません。上限については,もう一度ユーロ圏に対しての景気先行き楽観論が広がって1.47ドル台半ば程度までは行くのではないかと予想しています。よって,今週の上値は1.4740ドル程度と予測し,下値は1.4520ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0340フラン-1.0130フランで,実際は1.04511フラン-1.02609フラン(終値1.03560フラン)でした。こちらもユーロドルと同じく上限も下限も大きくフラン高方向に外してしまいました。実のところ余ったドルは新興国市場には向かうもののユーロ圏の通貨に向かうには限界があると言うことでしょうか。下限については,チャート的には1.02フラン台後半でのサポートがはっきりしていますので先週の下限とほぼ同じぐらいを想定しています。上限については,今週は上向きの勢いがそれほど感じられないので1.04フラン台前半では失速すると思います。よって,今週の上値は1.0420フラン程度と予測し,下値は1.0260フラン程度と予測します。

さて今週のイベントですが,月曜日のISM非製造業景気指数は50.0ギリギリの予想なので,もし割ってしまったらネガティブサプライズとして市場が反応すると思われます。また,今週は豪中銀政策金利発表,英中銀政策金利発表,ECB政策金利発表がトリプルであります。これらの金利はもちろん据え置きですが,総裁記者会見で余分なリップサービスがあるかどうかには注目します。さらには2009年第3四半期の決算発表が7日のアルコアあたりからスタートしますので,週後半のほうがイベント波乱要因が多いでしょう。

アイルランドが再投票でリスボン条約を批准確実に

昨年のEURO2008の最中に行われたアイルランドの国民投票では,改定された「リスボン条約」は否決に終わりましたが,この10月2日にアイルランドで再び投票がありました。

Irish Minister Martin Claims Victory in Lisbon Vote (Update1)

今回はEUがアイルランドの(課税権などの)独自性を保証する文書を採択したので条約はやっと批准されそうです。出口調査の段階で65%程度の賛成なので前回の僅差の否決に比べたらまず確実でしょう。

アイルランド経済は昨年後半からの金融危機の影響をまともに受けましたので,EU圏に統合されてそのシェルターで守ってもらいたいと考える国民も多くなったでしょう。今年の経済成長は8%もマイナスで,失業率は既に12.6%という状況は,ECBが自国の金融システムの安定に手を貸すと言ってくれれば確かに魅力的に映るものです。

これまでにも一国ではどうなっていたか分からないEU圏のラテン系諸国やその他の小国がなんとかなってきたのは,EUおよびEMSのおかげと言えるので,金融システムに関しては確かに「寄らば大樹」の考え方も一理ありそうです。

これで条約を批准していないのはチェコとポーランドだけになりました。週明けにはもう一回ユーロの上げがあるかもしれませんね。

失業率は予測どおりだが,NFPはまた悪化

U.S. Economy: Job Losses Exceed Forecast, Imperiling Recovery

9月非農業部門雇用者数: -263K (予想:-175K,前回修正値:-201K)
9月失業率: 9.8% (予想:9.8%,前回:9.7%)



この悪い雇用統計に加えて,来年3月までにさらに82万4000人の雇用が失われる可能性があると言う観測はちょっと衝撃的でした。さらに,今回はリテール部門と財政悪化した政府部門の雇用者減が目立ちます。これでは,景気回復のスピードもずいぶんと緩まることになりそうです。

製造業: 5万1000人 (前回:6万6000人)
建設業: 6万4000人 (前回:6万0000人)
金融業: 1万0000人 (前回:2万5000人)
リテール部門: 3万8500人 (前回:8800人)
政府部門: 5万3000人 (前回:1万9000人)


遅行指標は悪化・回復ともスピードが遅いので,実体経済が回復しても指標は逆に悪化するのも当然と見るべきでしょう。FRBの利上げは1年以上先のことになりそうですね。

また,株式先物・ドルがらみの通貨ペアなどは指標後に大きく反応しているようですが,最終的な流れはNYの金曜日終値で判断する必要があるでしょう。週単位で見るとヒゲは長くてもろうそく足自身は短い可能性があるからです。

9月ISM製造業景気指数横ばいで予測以下

Manufacturing in U.S. Expands Less Than Forecast (Update2)
9月ISM製造業景気指数: 52.6 (予測:54.0,前月:52.9)



実数を見ればほぼ横ばい。予測より低いからと言って過度に悲観する必要はありませんが,政府の販売促進の補助金も終わったことだし,やや夏枯れ・息切れの感があります。売れ行きが減ったのでインベントリが増加しています。

ドル円は月曜日の上昇を半分近く戻しましたが,まだ89円台にとどまっているからましなほうで,ユーロドルは1.45ドル半ばまで下落しました。ドイツの8月の小売売上高指数(前月比-1.5%,前年比-2.6%)とひどかったので,今日だけは米国経済指標よりそちらのほうが材料視されたようです。

指標があまり動かないと見切られると,普段気にしない要人発言やイベントが相場の材料になったりしますから要注意です。

« PREV  | HOME | 

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2009-10 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Forex Rates

This site's QR Code