EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

商品市場の調整で影響を受ける通貨



原油も金も今週に入ってピークをつけて下落しました。
図1はWTIの価格,図2は金の価格です。原油もピークから8ドル程度,金も17日から80ドル程度の下落です。

今のところ,10%未満の下落ですので調整の一種かもしれませんが,反落の序章の始まりであるとしたら…

結構多くの通貨は影響を受けるでしょう。


【ポンド】
原油が下がればここは下がります。非常に相関係数が高いのです。北海油田が関係するある種の思惑だかなんだか知りませんが…それと,米当局が住宅市場に対して先週から今週にかけて,利下げや資金供給以外の対策を打ち出しているのに対し,BOEやブラウン政権は英国住宅市場の低迷に対して何の手も打っていないというのが観察されます。今年の初めから次は英国だと思っていることが現実になるかもしれません。

【米ドル】
商品市場がすべて米ドル建てで取引されている事実は,商品の手仕舞いが相対的に米ドルを押し上げるかもしれないと考えるのには十分です。米国商品市場ではロールオーバーで限月を乗り換えることができますが,十分高いと思われた商品が限月を迎える週になると,今週のようにさすがに換金される事態も生じます。その時に米ドルがやっぱり必要になりますね。

【ユーロ】
特に特定の商品と関係しているわけではないと思いますが,やはり今回の商品の下落の影響を受けると思われます。たとえば,原油を売った側は米ドルで得た代金をどこかで運用しているはずなのです。それがユーロだったとしましょう。100ドルを越える上昇でいったん調整が入ると,下がった原油を買い戻したいという気持ちに駆られるかもしれません。つまり,高くなったユーロを売ってそこで利益確定し,安くなった原油を米ドルで買い戻して将来の値上がりを待つという一見合理的に思える行動です。(両方うまくいくと思うほうがどうかしていると思うのですが…)原油を安い段階で売った連中や買い損ねた連中でしたら,なおさら今回の押し目を狙いたいと思うはずです。だから,他通貨が米ドルへの換金の犠牲になってもおかしくありません。

【豪ドル・加ドル・NZドル・スイスフラン】
これらはひとくくりにコモディティ通貨です。オーストラリアは世界第3位の金生産国です。また,最近ではオーストラリアは干ばつによって高騰する小麦価格との相関もあるといわれています。NZドルはオーストラリアと経済的に関わりが高いために同様な動きをします。カナダは世界第5位の金生産国のため同様です。加えてカナダは原油とも相関があります。スイスフランは,スイスが金の生産国ではないものの,実はスイスは世界第4位の金保有国なので影響を受けるといわれています。さらに,かつてスイス憲法には通貨の40%を金準備によって裏付けることを求める条項がありました。いまはありませんが,これも思惑の一種でしょう。

全体を見渡すと,商品市場が下がるとその恩恵を受けるのは米ドルです。完全な逆相関と言ってよいでしょう。それに加えて,ECBの口先介入の動きやフィラデルフィア連銀の指標が予想より良かったりしたので,今週は米ドルが反発したとしてもおかしくありませんね。

【あとがき】
今週はトレードでお休みのはずでしたが,17日だけが特別で翌日早々に為替は撤退しました。株式では,予想外にFREが売れてしまい後の楽しみが減りました。というわけで,活発に裁量トレードする予定が狂ってしまい,前言撤回で結構更新してしまいました。m(__)m

米国を支えているのは誰か



先週,FRBがMBSを担保に出せば財務省証券を貸し出しますよと発表しました。金融機関はこれにより米国債の信用で新たな資金調達ができます。これは,MBSの政府による買い上げに一歩近づいたものですが実際にそうしているわけではありません。

このスキームにおいて一番まずい事態は,米国債の毀損,すなわち利回りが上がって価格が下がることです。今週発表されたTICSデータでは,諸外国がT-BONDとT-BILLをどの程度買い越しあるいは売り越ししているかの昨年12月までのデータがまとまりました。(2ヶ月以上遅れなのが残念ですが。)

このグラフによると,12月に入って欧州勢(黄緑)は大幅なT-BONDおよびT-BILLの売り越しに転じました。すなわち裏切ったというか見捨てたわけです。ユーロが上がるのもわかりますね。隣国なのにカナダ(薄緑)もドライに同じようなスタンスでいます。

大きく買い越しに転じたのは,当然のことながら外国政府あるいはその代理機関など(黄土)です。SWFもこの中に含まれます。さらに,ここへ来て忠実に買ってくれているのはラテンアメリカの諸国(スカイブルー)およびカリビアン経由のヘッジファンド・投資信託筋(水色)です。

内訳を見ると,日本はSWFではないものの政府の分は相当な買い越しとして黄土色のグループに含まれていますが,もはや民間は売り越しになっています。それで,アジア全体の買い越し度合いは中国の買い越し分と日本の売り越し分でずいぶん相殺されて図でも低くなっています。

S:SWF
L:Latin America
C:Caribbean Funds


この3つの代表格がアメリカを支えている間は,FRBのスキームも成立します。SWFだけでは支えきれない現状が明らかになっています。今のうちに今度は米国政府が踏み込んだ経済政策を発表することですね。(今日その兆しが見られましたが)商品市場が下落すると,ラテンアメリカの頑張りも怪しくなりますから,のんきなことを言ってられなくなるでしょう。

バークシャーハサウェイB株を観察する



図はバークシャーハサウェイ社の株価(B株)と20日ボリンジャーバンドです。ウォーレンバフェットの所有する超優良会社の株ですから,NYSEやS&P500が下がっても,そうそう下がるものではありません。その株が,直近の下落で-2σに達したのは,1月16日と2日前の3月17日のことです。

この株のチャート利用法1:
この株は,そもそも-2σに達することが珍しいほど安定しているように思えます。ですから,この株が-2σに達したときかその直後ぐらいが,セリングクライマックス(市場の恐怖指数が最大になる時とも言える)と判断するのも良いかもしれません。安全のために-2σから離れるために一日ぐらい待つのも良いでしょう。この株を買うにしても,よその株を買うにしてもセリングクライマックスに使えるなら結構良いですね。

この株のチャート利用法2:
この株は,逆に+2σに達することはあるにはあるのですが,いまいち抜ききれません。つまり,+2σに達したら手仕舞い売りもしくは空売りするというアイディアが考えられます。そうです。バークシャーハサウェイ株は安定しているので,移動平均線が横ばいの間は逆張りに向いた株だと思っています。今日明日ぐらいに買って,今度の+2σぐらいで売るのはどうですか?

トレードアイディアがたくさんある人は,株のほうが面白く感じるのはこういうところです。

ブービー賞狙いのその後



ちょうど一ヶ月前ぐらいに,ここでブービー賞狙いについて書いたのですが,その後,AMBAC,MBIA,ETFC,FNM,FREはどうなったでしょうか。

AMBAC(ABK):
保証債券の評価損が一番ひどく,ごまかしの格付けを維持しているところから-90%になるまで下落しています。デフォルトリスクを抱えてまだ下がる可能性さえあります。

MBIA(MBI):
-80%で底値圏で推移です。デフォルト危機はないかもしれませんが上昇する材料がいまいち不足しています。ただ,すでに10ドルで買った人は余裕ですし,今12ドル台ですので,20ドルまで上がると見ればまだ買えるでしょう。

ETFC(ETFC):
材料難で,-80%で底値圏で推移です。

Fannie Mae(FNM), Freddie Mac(FRE):
先週から今週にかけて,資本規制緩和および資本増強を米連邦住宅公社監督局(OFHEO)との合意を得たようなので,それがカタリストになりました。今日はFREは32ドルで売れたらしいので,20ドル台で買った人もまずまずですし,先週18ドルで買っていた人はウハウハでしょう。

いよいよとなったらFRBがベアスターン救済に動いたように,このFREとFNMを通じて今後も米当局は住宅市場のてこ入れを図ると思われます。ブービー賞は利き目を研けば大当たりなのです。

※じゃあ,5つとも買った人はどうなっていたでしょうか。AMBACには(低位株なので)-10%で損切りするルールを厳密に守り,FNEやFREを+40%で売っていたら,どこが上がるかわからなくても余裕でプラスでしょう。ETFCやMBIAがこれから上がらないともわかりませんし。

Doblog専用スパムコメントクリーナーv2.0(C++版)【追記あり】



昨日,勢いよく参戦しようと決めたものの,月曜日は円のレパトリのパニック買いかと思わせる火曜日の反転です。仕方なく撤収作業の後,コメントクリーナをバージョンアップ。

v2.0では,トレイ実行モードにするとプログラムはシステムトレイに常駐し,15分に1回スパムコメントを自動ログオンチェックするようになりますので,また一歩完全自動化向けて前進しました。

■ 起動してからニックネームとパスワードを確かめてください。
■ 【トレイ実行】ボタンを押すと,システムトレイ領域に移動し,15分に1回スパムコメントを(最初のリストページのみ)自動チェックします。
■ チェックに先立って,Windowsのチャイム音が鳴ります。トレイのアイコンのほうきが赤くなります。
■ スパムコメントが見つかると削除するかどうかの確認,および未登録スパムの場合は名前を登録するかどうかの確認がなされます。
■ 正常にチェックが終了するとWindowsのメール到着音が鳴って,トレイのアイコンのほうきは元の黄色に戻ります。(ネットワークにつながっていないと最初のチャイム音が鳴っても,この到着音はなりません。)
■ トレイアイコンを元のダイアログに戻すには,アイコン上で右クリックして【設定】メニューを選びます。

Doblog関連お役立ちツールからダウンロード可能です。

古い過去のコメントはひまな時に手動でチェックしておけば十分で,あとはほとんどこのトレイ実行モードで対応できます。なにせ15分に1回自動チェックですので,スパムコメントがついたらすぐ発見されることでしょう。

2008/03/19 19:20追記:
- ツールチップに最終チェック時刻を出すようにしました。
- IEの待ち時間が足りなくてコメントスキャンをスキップすることがあったので修正しました。
v2.0を3月19日19:20以前にダウンロードした人は再度ダウンロードしてください。

2008/03/20 23:53追記:
v2.1にアップデートしました。
トレイ実行モードのときに特にですが,直前のキャッシュページを読んでいて,スパムの追加に気づかないことがありましたのでまたまた修正しています。

2008/03/22 05:17追記:
v2.2にアップデートしました。
機能に変更はありませんが,アプリの二重起動とトレイ実行モードのときのダイアログが多重表示をしないように修正しました。

リーマンもGSも予想より決算が良かった

Goldman Sachs Profit Falls 53%, Less Than Estimated (Update5)

Lehman Net Income Declines 57%, Less Than Estimated (Update5)

あとは,Citi,メリル,BACあたりがまたサプライズ損失を出さないことを願いますよ。
UBSやクレディスイスがサプライズ起こすのは一向に構わないけど。
ここまでドルが弱いと贔屓したくなる。こういうのを相場に持ち込むのは良くないことだけど…

FOMC statement on 2008/03/18

特段の変わったところもない声明に終わった。1%下げを願っていた連中には失望売りが出ただろうね。でも,下げてもクレジットクランチに効果がない&インフレ期待が高まるのであれば,この下げスパイラルはどこかで止まると思うのだが…

Release Date: March 18, 2008

For immediate release

The Federal Open Market Committee decided today to lower its target for the federal funds rate 75 basis points to 2-1/4 percent.

Recent information indicates that the outlook for economic activity has weakened further. Growth in consumer spending has slowed and labor markets have softened. Financial markets remain under considerable stress, and the tightening of credit conditions and the deepening of the housing contraction are likely to weigh on economic growth over the next few quarters.

Inflation has been elevated, and some indicators of inflation expectations have risen. The Committee expects inflation to moderate in coming quarters, reflecting a projected leveling-out of energy and other commodity prices and an easing of pressures on resource utilization. Still, uncertainty about the inflation outlook has increased. It will be necessary to continue to monitor inflation developments carefully.

Today’s policy action, combined with those taken earlier, including measures to foster market liquidity, should help to promote moderate growth over time and to mitigate the risks to economic activity. However, downside risks to growth remain. The Committee will act in a timely manner as needed to promote sustainable economic growth and price stability.

Voting for the FOMC monetary policy action were: Ben S. Bernanke, Chairman; Timothy F. Geithner, Vice Chairman; Donald L. Kohn; Randall S. Kroszner; Frederic S. Mishkin; Sandra Pianalto; Gary H. Stern; and Kevin M. Warsh. Voting against were Richard W. Fisher and Charles I. Plosser, who preferred less aggressive action at this meeting.

In a related action, the Board of Governors unanimously approved a 75-basis-point decrease in the discount rate to 2-1/2 percent. In taking this action, the Board approved the requests submitted by the Boards of Directors of the Federal Reserve Banks of Boston, New York, and San Francisco.

ちゃんとビンディングに流れ止めはついていますか



スキーストッパーが外れて雪面に突き刺さるだけじゃダメですよ。あれはアイスバーンには効かないからね。ちゃんと足首にも結わえるやつと併用しようね。

ポジションストップとマネーマネージメントストップはどちらも大切です。準備ができたら今回の下落が最高に楽しい滑降になるのは間違いなし。

【緊急告知】
今週はブログをのんびり書くような週ではありません。私もマーケットに参加したいと思いますのでお休みをいただきます。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望



先週は,ベア・スターズ社のデフォルト騒ぎが一番効いたかな。ドル全面安の局面でした。もちろん,ポンドはドルと一緒に弱含みで,ユーロも強かったけどスイスフランや円ほどではなかった。

ドル円は,一時98円台までつけたからね。あまり抵抗なくこれからも下がる可能性があると思う。しかし,誰もが下がると思ったときには(介入などの)思わぬ落とし穴もあると思うので,まさかには気をつけないといけない。でも,チャートの流れを純粋に評価すると,ドル円が反転するなどとは早くとも初夏のころ遅ければ年後半まで考えられないね。毎週,上がるか下がるか予測する意味は完全になくなってしまったといってよい。

100円に近づいたら戻り売りで対応するだけで,95円ぐらいまで引っ張れると良いと思う。



ユーロドルも,ドルが弱くて1.55ドルもあっさり越えてしまった。

ここで注意したいのは,たとえばCFTCなどのロング・ショートの割合を見てみると,こんなにユーロドルが上がってもポジションが大きくユーロ・ロングに偏ってはいない。たとえばユーロ・ロングの最高のポジションは昨年5月ぐらいでそこから徐々にスクエアに近くなってきている。つまり,今買っている連中も信用収縮の問題がある限り,長くはポジションを持たなくなっていて短期売買で細かく利益確定しながらさらに買っているということのようだ。だから,大きなキャリーの巻き戻しは起きないということで,値ごろ感でユーロドルを売っては絶対いけないですよ。

ついていくなら,(期待はしていたがダメだったので)もう押し目は拾えないだろうから,切りのいいところで,ストップをつくのを待って逆指値で勝負するしかない感じだね。



ドルスイスも,ユーロドルの逆相関およびドル円の相似形として,今後も下落するだろうと思うけど,1ドル0.99フランになってしまったのは,ドルにとって象徴的に悪いね。今まで,チベットの問題のような紛争や中東テロなどがあった場合,古くは「有事のドル買い」でしたが,9.11テロ以来「有事のフラン買い」になってしまった。それに輪をかけてパリティを割ってはね。どう理由でドルを買うのかと小一時間問い詰めたい雰囲気でしょ。

ここで,いまいち「有事のユーロ買い」とならないのは,経済的にはまともに見られていても,所詮ユーロ圏というのは,安全保障の面では一枚岩ではないことによると思う。加えてクレジット・クランチの問題が継続しているので,しばらくは円>フラン>ユーロ>ポンド>ドルの序列は変わらないだろう。

だから,ドルスイスもドル円と同じくパリティ付近で戻り売りしたいね。

Doblog専用スパムコメントクリーナーv1.9(C++版)



コメントクリーナーがv1.9にアップして,以下の変更をいたしました。

■ 登録できるスパムユーザー個数を128個まで拡張
■ 新しいスパムユーザーを自動検索するオプションを追加(図1)

この新機能は,人気ブログの上位から順に最大コメント1000個分をスキャンして,怪しげなユーザーをピックアップして直接ユーザーリストに追加する機能を加えたものです。



オプションをオンにした後で実行ボタンを押すと,自ブログのチェックの前に前述のスキャンを行って,リストに追加するダイアログが出ます。(前半部:図2)



登録が終わると,従来と同じの自ブログのコメントチェックが始まります。(後半部:図3)

あと,自動登録のために人気ブログ(実行時のアクセスベスト10ブログ)をスキャンさせていただいたのは,それらのブログエントリが目立つので自動スパムの餌食になりやすいのと,コメントが膨大で消し切れない物があれば標本として取得しやすいと考えたためです。ただ,この自動検索はDoblogシステムに負荷をかけるので毎回実行するようなものではありません。

さらに,スパムらしいユーザーの引っ掛けはまだ初期段階ですが,今後v2.0以降で改善していきます。究極には名前の登録が要らないようにリアルタイムでコメント内容でチェックできることを目指します。

Doblog関連お役立ちツールからダウンロード可能です。

« PREV  | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-03 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code