EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイス+ポンドの今週の展望



先週はG7後の影響も軽微であり,バフェットの観測気球的なモノライン救済提案などが一時円安・フラン安方向に相場を動かしたものの,週末の米経済指標は思わしくなく,ドル高にはつながらない結果となりました。

ドル円は,高値が108.60円および安値が106.33円でほぼ週初の予測

>上値は108.80円程度,下値は106円

と一致しています。週足で3週連続安値・高値を切り上げており,日足でも7日および21日の移動平均線を越えてきていますので,今週は109円越えを目指す動きになるかどうか注目です。また,一目均衡表的にも今週109円台に突入するならもみ合いが期待されます。ただし,109円より上では戻り売りも気になりますので,上値は109.30円程度,下値は106.50円程度とします。



ユーロドルは,高値が1.4709ドルおよび安値が1.4480ドルで,週初の予測

>下値は1月22日の週に買い上がった連中が買い支えるので1.43ドル付近で下げ止まるでしょう。一方,上値は1.47ドル…

に,上値では予測が当たりましたが,下値は思ったより1.44ドル台の底堅さで予想ほど下がりませんでした。日足では週の終値1.4678ドル付近は雲の真ん中にあり,1.47ドル前半を完全に抜けるまでは戻り売りの抵抗にあうと思われます。上値は軽いストップをつけたときを考慮して1.4780ドルで,下値は下がっても1.4450ドルで踏みとどまると予測します。ブレイクアウトは,1.43ドル台まで下げたときには更なる下落を見込めますが,今週は日柄的に大きな変動はなさそうと考えています。



ドルスイスは,高値が1.1106フランおよび安値が1.0885フランで,週初の予測

>下値は1.08フランとして,上値は1.12フランまで

より少ない変動しかしませんでした。週変わりで陽線と陰線をつけていることからしてもこう着状態が続いていることがわかります。そこで今週は,下値は1.08フランで変わりませんが,上値はすこし下げて1.1150フラン程度とします。トレンドが発生していないのでレンジ内の逆張りを行うこともできますが,必ずブレイクアウトの方向にストップをつけるようにお勧めします。ブレイクするとしたら,ユーロドルの下落に伴う1.12フラン越えです。



ポンドドルは,高値が1.9737ドルおよび安値が1.9401ドルでしたので,週初の予測

>上値は1.9750ドルまで,下値は1.9320ドルまで

と上値はほぼ一致し,下値は思ったよりドルが強くはなりませんでした。週足ですでに雲の中に突入していますし,日足でも現在のレートが続けば2-3日で雲に突入します。今週は変動幅はあまり変わらずに少し上方シフトさせて,上値は1.9850ドルまで,下値は1.9430ドルまでと予測します。ポンドドルは個人的には今後下落すると思っているのですが,今週ばかりはテクニカルな日柄の要因からこのようなシフトを予測しています。

ポンド円は,高値が213.85円および安値が206.78円でしたので,週初の予測

>206.80円〜212.80円くらいのレンジ

と下値がほぼ一致し,上値は控えめに見積もりすぎました。いつものように,週足を211.35円で終えたポンド円は計算により算出します。

ドル円のレンジ:106.50円〜109.30円
ポンドドルのレンジ:1.9430ドル〜1.9850ドル

ポンド円の計算値は,206.93円〜216.96円の範囲ですが,中央値211.90円からプラスマイナス3円の範囲の208.90円〜214.90円のレンジとします。(※1)

※1:ところで,ちなみにこのプラスマイナス3円の最大6円の差はどういう根拠だと思いますか。ポンド円の週足の14週ATRが現在6.87円ぐらいなのです。プラスマイナス3.5円の最大7円でも良いのですが,最近変動幅が減少傾向にあるので,プラスマイナス3円で計算しています。このようにポンド円のレンジの計算は,まず計算値のレンジ範囲を求めてそれから中央値を導き,さらにATR値で上下に振るというすべて機械的な計算によるものです。これは,ポンド円がサポート・レジスタンスラインの概念があまり当てはまらない取引量の少ない通貨ペアだからのことです。

Magical Chairman



サザン・オールスターズの軽快な「DIRTY OLD MAN」を原曲とする替え歌です。登場人物については多くを語る必要はないでしょう。今回は曲のスピード感を損なわない歌詞に苦労しました。

いつものように,動画職人のエントリからどうぞ。

モノライン各社は「当局公認飛ばし」を実現?

FGIC Seeks Split to Salvage Municipal Debt Ratings (Update7)

優良部門を分社化するということは,単に聞こえがいいだけで不良部門を分社化するのと同じでしょう。優良部門が今までのレーティングを維持するためにやっていることですし,結局日本流「飛ばし」とどう違うんですかね。要するに掃き溜めの会社を作るには変わりはないわけです。最後のひと上がりしてくれたら,私も残りの半分を利益確定したいですね。

指標の割にはドルは売られていない

U.S. Michigan Consumer Sentiment Drops to 16-Year Low (Update1)

ミシガン大学消費者信頼感指数速報値: 69.6 [予測値76.5,前月78.4]

景況感引き続き悪いです。ミシガン大学の指数は16年ぶりだそうです。

Foreign Buying of U.S. Assets in December Weaker Than Expected

12月対米証券投資: $56.5B [予測値-,前月$90.9B]

いやいや,米国への投資も先細ってきましたか。中国と中東がごっそり売っていたりして…
でも,本当のこというと12月よりも8月,9月のほうがもっと少ないのです。

2007年9月: -$70.5B
2007年9月: $15.0B
2007年10月: $113.9B
2007年11月: $90.9B
2007年12月: $56.5B

だから,もっとドルが売られるかと思ったけど売られないのは,いつか来た道で売り疲れなのかもしれません。

FRB議長の議会証言へのコメント

そのままコメントをつけようとしたら,長すぎるとDoBlogに怒られました。

■第一パラグラフ(As you know以降を第一とカウントして)
and concerns about the weaker outlook for the economy, have also roiled the financial markets in recent months.

※実体経済への影響の言及は最初のパラグラフでは少しだけ…

■第二パラグラフ
Recently, deterioration in the financial condition of some bond insurers has led some commercial and investment banks to take further markdowns and has added to strains in the financial markets.

※モノラインの問題は,FRBにとっても重大な関心だと思われる。

■第三パラグラフ
banks reported having further tightened their lending standards and terms for a broad range of loan types over the past three months. More-expensive and less-available credit seems likely to continue to be a source of restraint on economic growth.

※米国版の「貸し渋り」現象がおきていることに言及している。

■第四パラグラフ
Further cuts in homebuilding and in related activities are likely.

※FRBは住宅価格の下落がまだ下げ止まっていないと認識している。

■第五パラグラフ
The softer labor market, together with factors including higher energy prices, lower equity prices, and declining home values, seem likely to weigh on consumer spending in the near term. On the other hand, growth in U.S. exports should continue to provide some offset to the softening in domestic demand, and the recently approved fiscal package should help to support household and business spending during the second half of this year and into the first part of next year.

※軟調な雇用情勢と原油高が今後の個人消費に影響を与えることを意識している。輸出の伸びが内需の低下を緩和していることを示唆している。政府による財政支出の効果がすぐ現れるとは見ていない。2008年後半か2009年の初めと言っている。

■第六パラグラフ
but any tendency of inflation expectations to become unmoored or for the Fed's inflation-fighting credibility to be eroded could greatly complicate the task of sustaining price stability and reduce the central bank's policy flexibility to counter shortfalls in growth in the future. Accordingly, in the months ahead we will be closely monitoring inflation expectations and the inflation situation more generally.

※インフレ期待と景気の減速の両方を見なくてはいけない中央銀行は大変だと言っている。文脈的には,インフレが強まったらいくら利下げを期待してもダメだよとも,とりあえず収まっているからまだ利下げするともどちらとも取れる。

■第七パラグラフ
※ここで,TAFを明確に出してくることからして,クレジットクランチにはTAFで対処すると言明しているに等しい。裏を返せば,今後の利下げは銀行救済ではなく実体経済の後退の予防のためだと(建前上は)言っている。

■第八パラグラフ
※こんなに思い切ってFFレートを下げたんだから,もっと評価しろよな…という雰囲気

■第九パラグラフ
whether the stance of monetary policy is properly calibrated to foster our mandated objectives of maximum employment and price stability and, in particular, whether the policy actions taken thus far are having their intended effects. Monetary policy works with a lag. Therefore, our policy stance must be determined in light of the medium-term forecast for real activity and inflation, as well as the risks to that forecast. At present, my baseline outlook involves a period of sluggish growth, followed by a somewhat stronger pace of growth starting later this year as the effects of monetary and fiscal stimulus begin to be felt.

FRBの有名なDual Mandate Objectivesである「最大雇用」と「物価の安定」が出てきた。金融政策にはタイムラグがあるので,もうちょっと様子を見なくてはいけないと言っているが,この書き方では,雇用がましならこれ以上あまり利下げしないとも取れなくもない。特に中段は金融政策の効果が現れるまで,(利上げはしないが利下げもしない)このまま様子を見たい気持ちがありありと見て取れる。株式市場にとってはマイナスだろう。

■第十パラグラフ
※前のパラグラフで,あまり現状維持と取られたくないのか今度は利下げをにおわすような表現だが,「結局,指標しだいさ」と言って最後は締めている。就任当初に比べて言質を取られないような言い方を少しずつ勉強しているのではないかと思われる。

FRB Chairman Bernanke Testimony on 02-14-2008

This is Federal Reserve Chairman Ben S. Bernanke's prepared testimony to the Senate Banking Committee today about financial markets and the economic outlook:

"Chairman Dodd, Senator Shelby, and other members of the Committee, I am pleased to be here to offer my views on financial conditions, the near-term economic outlook, and related issues.

As you know, financial markets in the United States and in a number of other industrialized countries have been under considerable strain since late last summer. Heightened investor concerns about the credit quality of mortgages, especially subprime mortgages with adjustable interest rates, triggered the financial turmoil. However, other factors, including a broader retrenchment in the willingness of investors to bear risk, difficulties in valuing complex or illiquid financial products, uncertainties about the exposures of major financial institutions to credit losses, and concerns about the weaker outlook for the economy, have also roiled the financial markets in recent months.

As the concerns of investors increased, money center banks and other large financial institutions have come under significant pressure to take onto their own balance sheets the assets of some of the off-balance-sheet investment vehicles that they had sponsored. Bank balance sheets have swollen further as a consequence of the sharp reduction in investor willingness to buy securitized credits, which has forced banks to retain a substantially higher share of previously committed and new loans in their own portfolios. Banks have also reported large losses, reflecting marked declines in the market prices of mortgages and other assets that they hold. Recently, deterioration in the financial condition of some bond insurers has led some commercial and investment banks to take further markdowns and has added to strains in the financial markets.

The banking system has been highly profitable in recent years and entered this episode with strong capital positions. Some institutions have responded to their recent losses by raising additional capital. Notwithstanding these positive factors, the unexpected losses and the increased pressure on their balance sheets have prompted banks to become protective of their liquidity and balance sheet capacity and, thus, to become less willing to provide funding to other market participants, including other banks. Banks have also become more restrictive in their lending to firms and households. For example, in the latest Senior Loan Officer Opinion Survey conducted by the Federal Reserve, banks reported having further tightened their lending standards and terms for a broad range of loan types over the past three months. More-expensive and less-available credit seems likely to continue to be a source of restraint on economic growth.

In part as the result of the developments in financial markets, the outlook for the economy has worsened in recent months, and the downside risks to growth have increased. To date, the largest economic effects of the financial turmoil appear to have been on the housing market, which, as you know, has deteriorated significantly over the past two years or so. The virtual shutdown of the subprime mortgage market and a widening of spreads on jumbo mortgage loans have further reduced the demand for housing, while foreclosures are adding to the already- elevated inventory of unsold homes. Further cuts in homebuilding and in related activities are likely.

Conditions in the labor market have also softened. Payroll employment, after increasing about 95,000 per month on average in the fourth quarter, declined by an estimated 17,000 jobs in January. Employment in the construction and manufacturing sectors has continued to fall, while the pace of job gains in the services industries has slowed. The softer labor market, together with factors including higher energy prices, lower equity prices, and declining home values, seem likely to weigh on consumer spending in the near term. On the other hand, growth in U.S. exports should continue to provide some offset to the softening in domestic demand, and the recently approved fiscal package should help to support household and business spending during the second half of this year and into the first part of next year.

On the inflation front, a key development over the past year has been the steep run-up in the price of oil. Last year, food prices also increased exceptionally rapidly by recent standards, and the foreign exchange value of the dollar weakened. All told, over the four quarters of 2007, the price index for personal consumption expenditures (PCE) increased 3.4 percent, up from 1.9 percent during 2006. Excluding the prices of food and energy, PCE price inflation ran at a 2.1 percent rate in 2007, down a bit from 2006. To date, inflation expectations appear to have remained reasonably well anchored, but any tendency of inflation expectations to become unmoored or for the Fed's inflation-fighting credibility to be eroded could greatly complicate the task of sustaining price stability and reduce the central bank's policy flexibility to counter shortfalls in growth in the future. Accordingly, in the months ahead we will be closely monitoring inflation expectations and the inflation situation more generally.

To address these developments, the Federal Reserve has moved in two main areas. To help relieve the pressures in the interbank markets, the Federal Reserve--among other actions--recently introduced a term auction facility (TAF), through which prespecified amounts of discount window credit can be auctioned to eligible borrowers, and we have been working closely and cooperatively with other central banks to address market strains that could hamper the achievement of our broader economic objectives.

In the area of monetary policy, the Federal Open Market Committee (FOMC) has moved aggressively, cutting its target for the federal funds rate by a total of 225 basis points since September, including 125 basis points during January alone. As the FOMC noted in its most recent post-meeting statement, the intent of these actions is to help promote moderate growth over time and to mitigate the risks to economic activity.

A critical task for the Federal Reserve over the course of this year will be to assess whether the stance of monetary policy is properly calibrated to foster our mandated objectives of maximum employment and price stability and, in particular, whether the policy actions taken thus far are having their intended effects. Monetary policy works with a lag. Therefore, our policy stance must be determined in light of the medium-term forecast for real activity and inflation, as well as the risks to that forecast. At present, my baseline outlook involves a period of sluggish growth, followed by a somewhat stronger pace of growth starting later this year as the effects of monetary and fiscal stimulus begin to be felt. At the same time, overall consumer price inflation should moderate from its recent rates, and the public's longer-term inflation expectations should remain reasonably well anchored.

Although the baseline outlook envisions an improving picture, it is important to recognize that downside risks to growth remain, including the possibilities that the housing market or the labor market may deteriorate to an extent beyond that currently anticipated, or that credit conditions may tighten substantially further. The FOMC will be carefully evaluating incoming information bearing on the economic outlook and will act in a timely manner as needed to support growth and to provide adequate insurance against downside risks.''

12月米貿易収支ほか



U.S. December Trade Gap Narrows More Than Forecast (Update2)

12月米貿易収支: -58.8 B$ [予測値: -61.5 B$,前回: -63.1 B$(速報値=確定値)]

ドル安でうまく輸出が回り始めている様子で,貿易赤字が縮小している。加えて…

U.S. Initial Jobless Claims Fell to 348,000 Last Week (Update1)

新規失業保険申請件数: 348K [予測値: 347K,前回: 356K(速報値)→357K(確定値)]

こちらは可もなく不可もなくでした。急にリセッションになる雰囲気はいったん和らいだでしょうか。それからバーナンキFRB議長が上院の銀行委員会証言で利下げの可能性を示唆したため,ちょっとドルはユーロに対して下落したようですがたいしたことはありません。

それから,私的にはこれに反応してしまいました。

Fukui's Successor May Reverse BOJ Policy, Cut Rates (Update1)

そうですか…政策あわせられなさそうですね。(笑)

質への逃避はいったん終了の予感

今日のドルスイスの上昇およびドル円の上がり方を見ていると,いったん低金利通貨への質への逃避は終了したのかなと思えてきます。クレジット・クランチ問題から米国景気後退の問題への移行が以前よりはっきりと市場に理解されはじめてきたのでしょうか。

昨年秋のCitiへのアブダビ投資庁の出資を契機にドルが持ち直したように,昨日のバフェットのモノラインへのプロポーザルが,(個別企業がどうなるかはさておき)一方的なドル安からの脱却に役立つ心理的影響は大きいのかもしれないです。もちろん,先週のISMショックを打ち消すような経済指標があるほうがさらに良いに決まっていますが…

私の現在の予測では,以下の3本柱は変わっていません。

■ フラン高・円高局面のいったんの調整とドルの短期的な回復
■ ポンドの継続的な下落基調
■ ユーロの中期的な反落予測

※週初の予測のドル円の上値は早くも脅かされそうですね。ドルスイスの1.12フランも全くないとは言えなくなりました。

2/14 8:00追加:
小売売上高は予想のマイナスからプラスでした。
U.S. Economy: January Retail Sales Unexpectedly Rise (Update5)

米1月小売売上高(前月比): +0.3% [予測値-0.3%,前月-0.4%]
米1月小売売上高(前月比/除自動車): +0.3% [予測値+0.2%,前月-0.3%]

バフェットは東京海上の上を行く

Buffett Offers to Assume Muni Liabilities of Insurers (Update3)

これを見ると,ウォーレン・バフェットはサブプライム関連債券以外を再保証すると言っているわけですが,これで地方債は救われますし,デフォルトの危機が去ってMBIAやAmbacの株は現在の割安すぎる市場価格から調整がなされるでしょう。(私も半分売った残りの株がどこまで上がるか楽しみです。)

でも言いたいことはそういうことではなくて,今回のオファーでバフェットは東京海上の再保証業務とまったく同じことをやっているのでしょうけど,まんべんなくではなくサブプライム関連をはずして保証する点がさらに上を行っているということです。さすが,キャッシュリッチな会社にしかできない有利な条件交渉ですが,当事者や金融機関の責任問題を声高に叫んでいた本人らしく,あくまでサブプライム関連の損失は保証の範囲からはずしました。

さらに感心しているのは,バフェットは,CDOやABSの毀損で,その他の地方債などの再保証が履行されなかったときの米国経済のダメージおよび長い目で見た自分の会社の利益喪失のことも考えていることです。つまり,再保証による目先の利回りもきっちり確保しているだけではなく,彼の今回の投資は,あたかも米国の金融システムそのものを買ったも同然で,彼のポリシーからすればそれを売ることはないという誰からも感謝される愛国宣言をしたに等しいのです。こういうところが,これからドル資産は全部売るぞと宣言している某投資家とは1枚も2枚も上を行っています。

さて,明日は東京海上(ミレアホールディング)を始めとする保険株は連れ高かなあ。

2/13午後追記:
グラさんが,ここで,バフェットの提案を受け入れた後の資本額を計算してくれています。モノライン各社にとってはうれしくない提案でしょうが,米国の金融システムにとっては金融保証制度が残ることが大事であって,既存のモノライン各社の利益がバークシャー社の利益にとって代わっても一向に構わないくらいの気持ちでしょうね。

ジジジのG7



2月9日に東京で行われたG7財務相会議について,急遽企画を変更して速攻で作らせていただいた小作品であります。原曲は聴けばすぐわかるおなじみの曲です。関係者のご苦労は当然あると思いますが,あくまで外野から見た感想です。

原曲は3番まであるようなのですが,TVアニメのオープニングでは2番が飛ばされているので,替え歌もやむなく短縮となってしまいました。

いつものように,動画職人のエントリからどうぞ。

« PREV  | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Forex Rates

This site's QR Code