EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

誰を信用するかという問題



ある企業の業績の先行きや企業価値を判断する時に,誰を信用するかという問題は常にあります。

Q:次のうち,A企業の株を買うかどうか決めるのにもっとも重要な情報源はなんでしょうか。

■ CNBCに出てくるコメンテーターがA企業が買いだと推奨した
■ 有名経済紙のなかでA企業に関して好意的な記事があった
■ 格付け機関がその企業のコーポレートの長期格付けを格上げした

3つともA企業の短期的株価をあげるのに十分かもしれませんが,持続的なA企業の成長を確認するために情報源をひとつ選ばないといけない場合(たとえば情報源が相反する内容を提供していて取捨選択が必要な場合など)には,情報を発表する会社のインセンティブを考えると良いでしょう。

まず,CNBCのインセンティブは番組の視聴率が上がることであり,コメンテーターの明快な回答や人気が一番優先されると思われます。コメンテーターの意見に従って多くの人が株を買い,それが値上がりしたらから番組の視聴率が劇的に上がったという有意性は誰も確証していません。もちろん,そのコメンテーターに自分の名声のために良い予測をするインセンティブがあるとしても,あなたが買おうと思っている企業の株について正確に予測する保証はありません。

さて,有名経済紙はどうでしょうか。この経済紙の記者にも優れた予測や深い洞察を発揮する記事を書く個人的なインセンティブはあることでしょう。しかし,そのような記者を多く抱えているからその経済紙の発行部数が上がるという有意性があるかどうかは不明です。それどころか,経済紙の発行母体のインセンティブはやはりその経済紙の発行部数の増加にあるので,経済の記事には手を抜き,娯楽のページを改善して発行部数を増やす戦略に切り替えたとしてもなんら不思議ではありません。

ですから,企業の格付けの評価を直接求められる格付け機関の発表のほうが,一般にはインセンティブの観点からは信用できます。しかし,同じその格付け機関がCDOの格付けをトリプルAに判断するときに,そのようなモーゲージ債券の組成会社からより多くの格付け手数料をもらえるとなると格付けのインセンティブが変わってきますから要注意です。

同じように,経済アナリストが自己売買をしている場合とそうでない場合ではその人のインセンティブには明確な違いがあります。また,ファンドを組成しているファンドマネージャとそのファンドを売りたがっているだけの営業マンにも違いがあるのはもちろんです。

つまり,ネットの時代で情報はたやすく得られますが,情報の背後にあるものを理解し,その情報が本当に価値あるものなのかどうか判断するのは結局あなた自身なのです。

そして,私たちの誰もそのような情報のいくつかには全く愚かしいことに騙されてしまいます。だから,「ああ間違えたなあ」と気づかされたときには思い切って損切りするのが必要なのです。

相場に立ち向かうために大切なこと

■ 情報量で勝負してはいけない
特に株式市場にいえることですが,インサイダーの人間に情報量で絶対勝てるわけがないのです。さらには証券会社の自己売買部門の人たちにもきっと勝てないでしょう。彼らは売り板・買い板を自由に見れますからね。比較的情報が伝播する為替市場でさえ,相場は情報の絶対値ではなく,(ポジティブサプライズやネガティブサプライズというように)事前予想との差によって動きます。だから,私は情報自身や情報量を信用するというより目の前の相場の動きを信用するのです。

■ 誰と戦っているかを明確にする
もし,ポジション量の大きな機関投資家と逆のポジションを取っていたら必ずつぶされます。トレンドに逆らって動くというのはそれと同じです。私の勝負場所にはそれと異なるもう一つのグループがいます。それは市場と連動して動くノイズ・トレーダーとも言える人たちです。彼らもある意味トレンドと共に動くのですが,トレンドに参入するのが遅くまたトレンドから抜けるのも遅い人たちです。また,合理的な投資行動というよりも,世の中の情報に過剰に反応し,しばしば相場にオーバーシュートやアンダーシュートをもたらします。皆さんは彼らの悲観を買うべきであり,彼らの楽観を売るべきなのです。株価の平均値回帰の理論もその延長にあるといえます。

■ 相場との戦いは情報戦というより心理戦である
前項2つから言いたいことは,相場との戦いは一言で言うと情報戦ではなく心理戦だということです。なかには,相場に勝つために全くファンダメンタルを必要としないと言い切るだけでなく,ファンダメンタルに頼ると直近バイアスにとらわれて自分もノイズ・トレーダーになってしまうと敬遠する人たちもいます。また,その心理戦の中には自己の欲望や損失の恐怖と戦う心理マネージメントも含んでいるといえるでしょう。

■ 常に謙虚であれ
勝ち続けると謙虚さが失われます。また,情報量が増えてくると自分はよく知っていると錯覚します。そういうときこそ,自分の心理マネージメントができなくなり,相場がアゲンストになっても自分が正しいと思い込みやすくなります。間違えたら前言を撤回すべし。

まだまだ,書いていけばいくらでもあげられますが,私が感じる最重要だと思われるのは以上の4つぐらいでしょうか。皆さんにも固有の投資スタイルや信念があることを希望しています。

今後の方針

【為替の方針】
■ 原油価格低下をドル反転の先行指標とする。つまり,商品市場への資金の流れが逆転すれば,それが通貨への資金の流入と一致すると予想している。
■ ドルスイスの下値の切り上げには中長期的に特に注目している。
■ ポンド暴落にはいたっていないので,ポンドドル・ポンド円は引き続きシステムトレードに任せる。

【NY株式市場および個別株】
■ 徐々に株のバーゲン価格はなくなっていくので,バリュー株からグロース株へ目の付け所を変えないといけない。VIX指数は,おそらく24を越えるような信用不安も過ぎ去ったと思われるので,NY株式の逆張りに使う有効度は以前より減少している。
■ MBIは16ドルまではホールドの予定
■ BVNは82ドルあたりでいったん利益確定する予定
■ GEを31ドル台で指値中(ショックの時には買い損ねた)
■ CTSHを28ドル台で指値中(一応ハイテクなので今週まで買う勇気がなかった)

目の前にある真実にのみ従うこと

市場の反応と自分の期待が異なるときはいつも市場の考えに従うこと:
ポジションがないときも今のポジションを新たに取るかどうか冷静に考えよう。

値幅でなく含み損の割合で冷静に損切ること:
たとえ500PIPSでも600PIPSのアゲンストであっても,値幅でなく最初に来るのは総資産にたいする1%の壁です。それが早く来るようならポジションサイズが間違っている可能性が高いです。

市場の恐怖が最大化したときが実はチャンスでもある:
下落相場における一番の弊害は,チャンスのときにポジションが取れなくなる自分の恐怖心理です。市場の行き過ぎは自分のチャンスであると認識することが大切です。

自信がないならポジションは取らずに現金化すること:
明確なテクニカルシグナル,ファンダメンタル予測,バリュエーションの計算に基づいたポジションであっても,自信を持って取れない場合は将来の決定で間違う可能性があるから取引はしないほうが良いです。

※おまけ:これだけ円高になると,輸出企業は将来のさらなる円高を見込んでレパトリを早まります。今年は3月末ぎりぎりまでなることはないと思います。そこが日経平均の当面の底だと思います。

株式と為替の感覚

株式と為替の両方をやっている人はあまりないのではないかとコメントをいただきました。
確かに感覚は違いますね。私の場合…

■ 株式は宝探し
株式の場合は,他の人がお宝だと思わないものをサーチする楽しみがあります。そういう株は暴騰する前に買うので買うタイミングはあまり関係ありません。天井で売るのが難しいので,上がっている株をさらに買い上げる度胸が私にはあまりありません。そして,デイトレを行わないので日足・週足のチャートしか見ませんし,主にファンダメンタルが中心の選別です。

■ 為替は波乗り
為替の場合は,通貨ペアは株式に比べて圧倒的に少ないので宝探しの感覚は全くありません。皆が同じ条件で売買をしなければいけないので,その売買タイミングが一番重要です。たとえて言うなら波乗りに似ています。どの波に乗るかどのタイミングで乗るかという違いが個人のパフォーマンスに直結します。以前にも述べたように,長期ではファンダメンタル分析を重視し,短期ではテクニカル分析を重視します。

■ ファンダメンタル分析は株式・為替どちらにも有効
為替の場合は,テクニカル(チャート)分析のみという方も結構おられますね。週末ギャップ以外は24時間トレードができることや自動売買の環境などが整っていることなどからその傾向は強まっていると思います。完全にテクニカル分析で為替トレードを行う人は,逆にファンダメンタル分析が邪魔になると考える場合もありますので,その場合は何も先入観が無いほうがよいのかもしれません。一方,私は1時間足ではシステムトレードでの自動売買をしますが,週足を見ながらスワップ益を取りに行くこともあります。後者の場合は,やはりファンダメンタル分析に基づく当該通貨の長期的なブルベア展望が必要です。そして,通貨や世界経済のファンダメンタル分析を行った結果,どんなセクターの銘柄を選んでいくかという株式のおおまかなカテゴリー選びにも役立っていますので,私の場合はファンダメンタル分析はどちらにも有効ということです。

トレードを始めたころから変わったこと

株や為替のトレードや投資を始めた頃と今の自分がどう変わったか時々思い起こすことがあります。いくつかは大きく変化しました。代表的なことを挙げましょう。

■ 他の人の推奨銘柄やシグナルを見なくなった
トレードを始めた当初は,ブラウザに山のようにブックマークを登録していました。為替のシグナルや株の推奨銘柄などです。また,円高だドル高だとかシグナルが出たときのメルマガなども取っていましたね。でも徐々に,自分でファンダメンタルを調査するようになり,売買シグナルも自分で作成したもの以外は信用しなくなりました。理由は,ブラックボックスの推奨銘柄やシグナルは自分のお金を運用するにはあまりにリスクが大きいということです。つまり,その推奨者が間違っていても誰にも文句をいえませんし,推奨の背後に何らかのポジショントークにがあるのかも結局はわかりません。また,シグナルも自分でバックテストをしたのであれば一時的なトレードの不調にも我慢ができますが,他の人のシグナルでは疑心暗鬼になって従い続けることはできないということもわかりました。さらには,自分が理系出身である程度突き詰めないと気がすまないのもあるかもしれません。おかげで,投資関係のブックマークは3分の1に減ってしまいました。(笑)

■ 相場の動きや他の人の意見に素直になった
自分がポジションを持っているかどうかに関わらず,相場の動きに自然についていくようになりました。例えば,ロングポジションを持っていてもチャートがショートを推奨しているなら売りを優先します。場合によっては持っているロングポジションをすばやく手仕舞います。あと,相場の見通しに関して自分と異なる人の意見を尊重するようになったということです。最初の項目と矛盾しているように見えるかもしれませんが,ここで言う意見とは根拠がしっかり示されたホワイトボックスの意見です。株・為替・金利・債券・政治問題・世界情勢にわたるまでブログの世界では,はっきりと根拠を挙げて責任編集してくださる方が大勢います。そういう人の意見は,自分の意見と異なるときに本当に重宝します。かえって全員が同じ意見のときのほうが相場が転換点のときが多いくらいです。ですから,特に経済のファンダメンタルについて語るこの手のブログのブックマークは少数ですが厳選して増え続けています。これからも裁量取引を続けるつもりなので,この方針は変わりません。

■ 損失を出したときの自分の心理状態を記録したいと思うようになった
初めの頃は損失を出したトレードは思いだしたくもないものでした。でも,それでは同じ失敗をまたするかもしれないということに気づきました。勝ったトレードより負けたトレードのほうが自分の弱点がわかります。また,絶対にポジションを取るべきでない状況がどんなだったか,トレンドに逆行してポジションを取るようになった間違った心理状態なども学べます。投資にはマネーマネージメントが大切ですが,つまるところはそれは心理マネージメントです。根拠のない淡い期待はマネーマネージメントをぶち壊してしまいかねないと気づいたとき,その時々の相場観のログをつけようと思い立ちました。ずっとノートに書いていたのですが,ブログに書くようになって字の下手さを気にすることもなく,たくさん書けるようになりました。あと,各種資料の参照などにリンクが使えるのでブログのほうが断然便利と言えます。

■ まとめ
今後もこのブログは続けていくつもりですが,ひどい間違いや予想ハズレもあるので覚悟してくださいね。(例えば,今週のユーロドルは1.48ドル後半まで上がって上値予想がはずれてしまいました。)というより,このブログは皆さんの考え方のヒントになれば良いと思いますが,考えないで私の意見に同調するようにはなってほしくないのです。それでは,自分自身の相場観など育たないのでいつまでも自信にはなりませんし,トレードを始めた頃の私の失敗を繰り返すことになるでしょう。

Ducking and Diving

株も為替も長期トレードを目指すなら,もう少しDucking and Diving(消えていなくなって,潜行すること※)をしたほうがいいかなあと思います。まだ株の底も円の高値も来ていないですね。

為替の短期トレードだけは,ドル円ではなく欧州通貨の対ドル売りなら意味があります。ただし,短期ではエグジットタイミングも大切ですよ。

※注:ちなみにDuckingには,「含み損を一時的に耐え,相場のサイクルが自分の売買タイミングとあってくるのを待ってから浮上する」という意味もあるそうです。Duck(あひる)から来た言葉だと思いますが,そう言えば時々水中に首だけ突っ込んでいますね。(笑)

自分の取引スタイルは確立していますか

年初からしばらくリスク回避のための円高局面が続き,株式市場もニュースに踊らされて一喜一憂している難しい相場です。今ポジションのある人も無い人も,2008年の取引を成功裏に終わらせるために為替相場に対する長期・短期の姿勢を点検しておきたいと思います。

■長期取引の特徴
長期取引で一度売買したら,そのままにしたいという人は多いかもしれません。一見楽に見えて実は長期取引は難しいです。こういう人は,通貨の大まかな割安・割高の流れをうまく掴むことが大切です。天井で売り,底で買いができなくても大きな流れに乗るためには,現状を追認するような売買の方向ではなく,半年後を想像しなければならず本当は難しいのです。加えてそういう予想は当たらないことが多いので,この種の長期トレンドフォロー戦略では,結構なドローダウン(含み益のマイナス方向への減少)を生み出しますので,相応の含み損を一時的に抱えることも想定内である必要があります。具体的に言うと,この戦略をとる人はドル円で言えば,5円ぐらいアゲンストになっても十分耐える必要がありますし,耐えるからには15円程度の利幅も目指さないといけません。(ただし,マイナススワップになる売買ですと長期にわたってのポジション保持は利益の目減りを生み出すのでこの限りではありません。)すなわち,長期保持はマーケットへの参入時間が長いのですからそれだけリスクが高くなります。ですから長期取引であればあるほどレバレッジは小さく(総資金に対するポジションサイズを限定的に)します。ちまたにあふれるFXブログの中には,長期取引を目指しているのに損切りの機会が多すぎて利益を蝕んでいる例も見受けられます。含み損が耐えられないくらいにポジションサイズを大きくしてはいけません。

■中短期取引の特徴
中短期の取引のくくりで分けたのは,長期取引はあまり売買タイミングを考えることなく,経済のファンダメンタルを考慮した通貨の強さで取引を行うのに対し,中期取引になると将来の利幅が長期取引ほど望めないので,マーケットに参入する時点である程度の利幅を確保するような売買タイミングを必要とするからです。中期から短期になるほどこの売買タイミングの正確さはシビアであり,経済のファンダメンタル分析より為替レートのテクニカル分析の要素が強くなります。また,将来獲得するであろう利幅も狭いので,損切りも相応の小さな範囲で行う必要があります。中期から短期に移行し場合によってはそしてデイトレードまでを行う状況なら,なんらかの売買シグナルかサポート・レジスタンスラインをリアルタイムに表示させる手段を持たないとただのギャンブルであることも申し添えておきます。さらに,超短期取引の例外として,経済指標の発表に連動して一瞬で取引し,手仕舞いも行うという方法もありますが,指標発表時にいつもPCの画面を見ていられる人は限定されていますし,マウスクリックによる条件反射の世界ですので,万人にお勧めの方法ではありません。

私が週足で予測しているのは,どちらかというと中短期のスイングトレードを考えるのに向いていますが,こういう分析をするには,やはり人の受け売りではなくチャートを読める訓練とできれば自分でシグナルを作れるだけのある程度のプログラミングスキルを身につけたほうが自信を持ってマーケットに向かえます。一方,ドル円を3年間買い持ちしたいならそんなチャートは無用ですよね。自分で円高だと思ったらレバレッジを大きくせずに黙って買えばいいわけです。

皆さんはどちらの取引が自分に向いているとお考えでしょうか。最初は両方やってみて,自分にあった方法・得意な方法を見つけていけばよいでしょう。でも,いったん長期か中短期か決めたなら,それぞれの戦略に合わない行動は慎まないといけません。例えば,長期取引で耐えられない以上にポジションサイズを大きくするとか,短期取引で売買シグナルを使用しないで勘に頼る(もちろん,その方面の天才がいましてそういう人は例外ですが…),短期取引で含み損を抱えたので損切りせずにそのまま長期取引に移行するなどが上げられます。こういう一貫しない戦略では,トレードの腕は上がりません。

最後に今の相場ではそれぞれの戦略を取る人はどういう対処をするでしょうか。ちょっと想像して見ましょう。

■長期取引:(ドル円を例とすると)もう少し円高が進むかドルが反転するまで様子を見る。今のレートはいかにも中途半端なので休んでいる。通貨の長期的な動向を予測するためには,英語のニュースやブログも含めてあらゆるメディアを利用したいと思っている。
■中期取引:スイングトレーダーにとっては,サポート・レジスタンスラインでの逆張りが利益の源泉なので,相応のチャート分析ツールを使用している。ライン近くで指値を使用することもあるが,ラインをブレイクアウトしたら必ず損切りする。本来なら,ブレイクアウトで逆指値を使いたいが昨今の不安定な相場では騙しにあいやすいので自粛中である。
■短期取引:今の日替わり相場は短期トレードのためにはもっとも都合が良い。サポート・レジスタンスラインより,売買シグナルに基づいた成行エントリが多い。日足以外でのシグナルは寝ている時間帯に出ることもあるので,できればシステムトレードが望ましい。損切り幅はいつも利幅との比で考えるようにしている。超短期の場合はニュースなどには興味が無い人もいて英語はできなくても良い。

自分なりの方法に絶対はないのですが,大体の典型的なスタイルがつかめるのではないかと思います。そして,自分にあったスタイルはどれかわかったなら,必要なスキルもわかりますからその方面の勉強も一生懸命しましょう。最後に物を言うのは自分の確立されたスタイルですから。

ファンダメンタルを見るシステムトレーダーはあり?

私のシステムは現在,ポンド円・ポンドドルに対して稼動していますが,「システムトレーダーならば,本来テクニカルでのみ判断してファンダメンタルなど見ないようにしたらよいのに」と言う意見も,以前から伺っております。私がファンダメンタルを見ている理由は,端的に言って,

ファンダメンタルを見ながら裁量トレードも実践しているからです。

では,なぜ裁量トレードをするのかというと,

第一に,システムで採用していない通貨ペアに対しての裁量トレードをしています。
すべての通貨に対して良好に収益を上げるシステムはなかなかできません。現在のシステムは,ある程度,通貨ペアの特性を加味して限定された形で運用されているので,それ以外の通貨ペアに対しては裁量トレードをしているのです。

第二に,私は自分の裁量トレードで気づいたことや売買手法をできるだけ忠実にシステムのシグナルの検出に採用したいと思っています。
言い換えれば,裁量トレードでうまくいかないから,システムトレードに乗り換えたのではなく,裁量でもうまく行っていることをさらに自動化させたいからです。将来的には,ファンダメンタル指標も何らかの定量化を行いたいです。

第三に,ファンダメンタルを見るのが好きだからです。(笑)
経済専門誌や新聞等であまりにも無責任な予測・分析が行われており,必要に迫られて自分で分析したいと思いました。やってみて苦にはならないし間違っていても潔いと思っているので,ファンダメンタルを見ているのです。しかし,ファンダメンタルを見て分析することは大小の差こそあれ主観が入りますので,それが,システムのルールに影響を与えないように気をつけるようにしてます。

以上,訪問してくださる方への素朴な疑問にお答えしてみたいと思いました。

今晩の戦い方

今晩は,9月米雇用統計が発表されます。

雇用統計といっても失業率と非農業部門雇用者数ですが,失業率は0.1%台の争いをしている場合にはあまり市場に影響を与えません。8月が想定外のマイナス4000人の非農業部門雇用者数の増加でしたので,9月はどれくらいリバウンドするかが試されます。

予想は10万人越えですが,6万から10万の間である可能性もあります。

こういうビッグイベントの場合は,指値は基本的に危険です。逆指値でサポートラインの下抜けにショート,レジスタンスラインの上抜けにロングで付いていくことが必要です。どうしても指値がしたいなら,サポートラインの下抜けの本来逆指値を置くところに(ロングポジションを解消する)売りのストップロス,レジスタンスラインの上抜けの本来逆指値を置くところに(ショートポジションを解消する)買いのストップロスを置くべきです。

1.取引する通貨ペアを決めます。(ドルストレートのほうが良く動きます。)
2.その通貨ペアの自分なりのサポート・レジスタンスラインを確認します。
3.それらの上下に逆指値エントリを置きます。
4.ブレイクアウトの場合は,(もう一度,レンジに戻って逆方向をブレイクするまで)基本的にストップロスがいらないです。
5.指標が出てから少なくとも1時間は相場に付き合いましょう。
6.その後寝るときは,適当な手仕舞いの指値をして寝ることにします。

では,準備万端で21:30を迎えることにしましょう。

(21:30の指標後の追加)
ドルスイス: レンジ相場を上抜けました。
ユーロドル: レンジ相場を下抜けました。
ポンドドル: ドルは強含みですが,2.0300ドルあたりの下値は底堅そうです。
ドル円: レンジ相場を上抜けました。
ユーロ円: 一時的に弱いもの同士で変化が少ないです。
ポンド円: ポンドのドルに対する底堅さが上昇力を与えています。


ポンドは強くドルの影響をあまり受けていません。
ユーロとスイスフランは過去1ヶ月あまりの買われ過ぎの結果,この指標後には弱くなっています。もちろん,一時間ぐらい経過しないと本当の流れはわかりませんが,短期で勝負する人は利益確定しても良いでしょう。

(さらなる追記)
その後,ドルは売り戻されて「行って来い」になったようですが,ドルへの信認がそれほど強いわけではなく,すぐさま利益確定するトレーダーが多かったということかもしれません。

« PREV  | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code