EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

4月失業率は一転上昇も,NFPは良い感じで拡大

U.S. Payrolls Increased 244,000 in April; Unemployment at 9%

4月非農業部門雇用者数: 244K (予想:185K,前回:216K,前回改定:221K)
4月失業率: 9.0% (予想:8.8%,前回:8.8%)

Wait for ClevelandFed updates

4月の失業率は3月の8.8%から0.2%悪化したのですが,NFPは予想の185Kを大きく上回りました。また,前月のNFPも上方修正されて雇用回復基調を継続しています。ただし,1か月前に比べるドル円もユーロドルもずいぶんドル安の方向に振れていますから,(前日のユーロの下落は助かりましたが)これでドル安に歯止めがかかるかというとまだ断定的なことは言えません。

製造業: 2万9000人 (前回:2万2000人) ※製造業が着実な回復
建設業: 5000人 (前回:2000人) ※住宅余剰で相変わらず低迷
金融業: 4000人 (前回:5000人) ※ここも現状維持で精一杯の雇用
リテール部門: 5万7100人 (前回:-3200人) ※今月のサプライズの増加数No1
民間部門: 26万8000人 (前回:23万1000人) ※プロサービス・教育・ヘルスケア・ホスピタリティが堅調
政府部門: -2万4000人 (前回:-1万0000人) ※政府部門は立ち直るどころかリストラ継続

個別のNFPの数字では4月は特別にリテール部門の大幅な増加が目立ちます。あと一時雇用者がわずかに減ってレギュラー雇用者で就業者数が増えたのも良い傾向です。その他,教育・ヘルスケア・ホスピタリティ部門で順調に雇用増になっているのは製造業だけに頼らないサステナブルな雇用回復としては悪くありません。あと2か月で完全にQE2の終了の懸念を払拭できるさらなる雇用回復ができるといいですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/988-62c313a7

-

管理人の承認後に表示されます

« ECBは政策金利を1.25%で据え置き…トリシェ総裁は6月以降に含みを持たす  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/05/09の週】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code