EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2011年3月YTDヘッジファンド成績

今年も4月の後半を迎えましたので再び帰ってきました。2011年3月までのヘッジファンドの成績の推移を確認したいと思います。



図1が代表的な10種類のファンド成績の推移です。エマージング市場ファンドがトップで好調なのとは対照的に,テクノロジーセクターファンドが3月になって急降下しています。震災関連でグローバル・サプライチェーンが不調になり,このセクターのセンチメントが悪化したのは想像に難くはありません。続いてヘルスケアセクターファンド,モーゲージ組成ファンド,オプション戦略ファンド,ロングオンリー戦略ファンドまでが上位5つです。一時的に先進国の製品需要が減ることなどを考えると今年の経済成長の牽引力はやはりエマージング市場なのでしょうね。今年の決算シーズンはあまりネガティブなものはないので4月には全般的に成績が上がるかもしれません。

次が,全セクターの3月までのYTDパフォーマンスの図2です。



5.56%:モーゲージ組成ファンド
5.37%:ヘルスケアセクターファンド
5.29%:エネルギーセクターファンド
4.74%:スモール・マイクロ企業限定ファンド
3.96%:テクノロジーセクターファンド

3.24%:転換社債裁定ファンド
3.13%:ディストレスドファンド
2.71%:イベント主導型ファンド
2.50%:仕組み債非裁定ファンド
2.05%:仕組み債裁定ファンド
1.99%:オプション戦略ファンド
1.95%:ファイナンスセクターファンド
1.94%:ロングオンリー戦略ファンド
1.88%:バリュー投資ファンド
1.68%:資産賃貸ファンド
1.61%:企業合併裁定ファンド
1.54%:マルチ戦略ファンド
1.48%:ロング&ショート戦略ファンド
1.30%:スペシャル・シチュエーションファンド
0.91%:エマージング市場ファンド
0.79%:マーケットニュートラルファンド
0.21%:マクロファンド
-0.12%:CTA商品先物ファンド
-0.79%:レギュレーションD限定ファンド
-1.47%:統計的裁定ファンド
-5.36%:ショートバイアスファンド


1位はモーゲージ組成ファンドで,2位はヘルスケアセクターファンドがコンスタントな成績のために入りました。3位以下はエネルギーセクターファンド,スモール・マイクロ企業限定ファンド,テクノロジーセクターファンドの順で,テクノロジーセクターファンドは年初に収益を上げてからうまくポジション調整をして3月減益を最小限にしています。こういう姿勢は見習いたいですね。また成績の悪い方では,例年の風物詩になりましたがショートバイアスファンドの成績がダントツで悪く,為替や商品のCTA系のファンドもマイナスのままです。注目したいのは現在は中位レベルにいるロングオンリー戦略ファンドがこれから年全体でどの程度収益を上げてくるかです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/984-f25c1ec3

« FOMC statement, April 27, 2011  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/05/02の週】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Forex Rates

This site's QR Code