EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

今週のCFTC



今週のシカゴIMMの通貨ポジションです。月曜日までのドルの強さは反映されていますが,その後の一連のメリルリンチの追加損失をめぐるドル安などの分は反映されていません。

ドル円はいったんドルロングに転じたポジションはほぼスクエアに落ち着きました。おそらく週後半で若干ドルショートに傾いているともいえるでしょう。ですから,今週も方向感を確定はできず,待ちの状態です。

ドルスイスもユーロ高にあわせて,1.16フラン台まで下落しましたので,週末にはやはりスクエアより若干ドルショートではないかと思います。また,ドル売りトレンドも継続しています。



レート的には,ドル円は先週の下値を更新はせずに,上ヒゲの長い陰の陽はらみ状態です。上値が重い状態なのは変わらず115円も回復できていません。114円を中心に来週以降どちらにブレイクするかが問題です。

ドルスイスも,先週の下値を更新せずに,やはり上ヒゲの長い陰の陽はらみ状態です。こちらも,1.18フランどころか1.17フランを回復するのが先決です。引き続き1.16フランからの更なる下落には注意が必要で,ここを抜けると1.12フランぐらいまでを視野に入れないといけません。

この二つの通貨ペアは,急な円買い,フラン買いは止まったようにも思えますが,全般的なドル安のために上値が重い状態です。また,ドルスイスについてはユーロ高にフランがつれ高する傾向は今週も続きましたので,来週以降の1.16フラン割れには特に注意しないといけません。



ユーロドルは,利食いが入りながら下値のロングが手仕舞われ,ドルショートがやや解消した状態が火曜日のポジションに現れています。手仕舞いが入ったため,1.41ドル台での押し目買いも入りやすくなり,さらにユーロは続伸して週足終値では1.4390ドル付近の高値圏で押し切りました。誰かが防戦売りをしている可能性もありますが,陽線継続で来週は1.44ドル台への挑戦です。

ポンドドルも,それほどロングポジションが増加していないので,火曜日の行って来いの上昇はそのまま前日の下落と相殺しているようです。水曜以降の分で多少のロングポジションの増加があると考えられます。ロウソク足は相変わらず上ヒゲ・下ヒゲとも長く推移していますが,週足で2週連続で上値更新,日足で4日連続で下値更新しているので,ユーロドルとともに順調に上値を追うのでしょう。

« 3Q金融セクターまとめ  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの今週の展望 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code