EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

3月のフィラデルフィア連銀景況指数は事前予想を大幅に上回る−来月の反動が気になる

Philadelphia-Area Manufacturing Surges as Index Climbs to 43.4 From 35.9

3月フィラデルフィア連銀景況指数: 43.4 (予想:28.8,前月:35.9)

3月のフィラデルフィア連銀景況指数は低めの事前予想を大幅に上回って上昇。前月の指数からのダウンを予想するコンセンサスに対して完全なポジティブ・サプライズです。先行指数については前月の46.8から63.0へとこれまた信じられない高水準です。(下図参照)1984年1月以来というとんでもない昔以来の高水準なので,かえって来月の反動さえ気になります。



内訳としては,

新規受注: 40.3 (前月:23.7) -> 大幅上昇で40ポイント台に
出荷指数: 34.9 (前月:35.2) -> 出荷は高水準で安定
在庫指数: 12.0 (前月:2.1) -> 在庫は5年来最高の水準
雇用指数: 18.2 (前月:23.6) -> 雇用指数はやや低下

というように,新規受注が驚異的な上昇です。また出荷指数も高水準を維持していますので物流も含めて各セクターに順調な景気循環があるはずです。しかし,為替市場も株式市場も今注目しているのは日本の福島原発の冷却処理と放射能汚染の行方だったりします。今週ドル円は史上最高の円高レートを付けましたが,現在の円高は日本の実需輸入と米国の輸出拡大にとっては悪くはない話です。値ごろ感やレンジ下限でドル円を買った人はさらに底抜けに円高になる場合にはしっかりと損切りを行うことです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/969-60ebf4b7

« FOMC statement, March 15, 2011  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/03/21の週】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code