EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2月ISM製造業景気指数は予想以上だが市場の注目はやはり中東情勢に

U.S. Manufacturing Grows at Fastest Pace Since 2004

2月ISM製造業景気指数: 61.4 (予測:61.0,前月:60.8)



2月のISM製造業景気指数は1月からさらに上昇して,事前予想の61.0を0.4ポイント上回る61.4でした。2004年5月以来の好調な数字が並んでいますが,好調な製造業を反映してまあ想定の範囲内というところでしょう。今月もリビア情勢が市場の焦点になってしまい為替相場は経済指標をガン無視です。一方,株式市場もISM製造業景気指数にはあまり反応せずに中東情勢や原油価格を注視した動きとなっています。それにしても,前月がエジプトに注目で今月がリビアに注目とは毎月中東で騒動が起きているのですね。

今週も,純粋な経済指標とトレードとは分離して考えるべきです。金曜日の雇用統計には多分注目が集まるとしても,中東により近いECBの金融政策のほうがイベントリスクとして注目が集まりそうです。トリシェ総裁がユーロ圏の景気は好調でインフレ率は無視できないレベルにあるとでも言ったなら,ユーロドルと金価格のさらなる上昇はほぼ確実と思われます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/962-ca87503b

-

管理人の承認後に表示されます

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/02/28の週】  | HOME |  ECBは政策金利を1.0%で据え置いたものの…トリシェ総裁は次回利上げの可能性も示唆 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code