EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米12月小売売上高は予想を下回ったが年単位では10年来の増加

Sales, Production Gains Point to Pickup in Growth

12月の小売売上高はコアも全体も事前予想をそれぞれ0.2%下回りましたが,2010年トータルで見た年単位では6.7%の増加であり10年来の増加率となっています。ガソリン代が上がっているのと失業率がまだ9%以上あるという不安材料がありますが,米国の消費性向は確実に回復しています。2011年は減税の影響でさらなる消費を期待したいものです。

米12月小売売上高(自動車除くコア): 0.5% (予想:0.7%,前月改定:1.0%[改定前:1.2%])
米12月小売売上高: 0.6% (予想:0.8%,前月:0.8%)

Please wait for Cleveland Fed data update

同時に発表されたCPIのほうは以下のジリジリと上がっており,そろそろ来月からは定期的にエントリを設けても良いかも知れません。主に食品とエネルギーを含む総合指数の方の上昇が大きく,ヒーティングオイルとガソリンの需要が重なるこの時期は特に原油価格の高騰を招きやすいのでコアで見ておくのが良いでしょう。

12月消費者物価総合指数(前年比): 1.5% (予想:1.3%,前月:1.1%)
12月消費者物価総合指数(前月比): 0.5% (予想:0.4%,前月:0.1%)
12月消費者物価コア指数(前年比): 0.8% (予想:0.8%,前月:0.8%)
12月消費者物価コア指数(前月比): 0.1% (予想:0.1%,前月:0.1%)

為替の方はロンドン時間の始めにドル買いの動きがありましたが,指標自身には余り反応していません。特にユーロドルは1.34ドルをつけた後1.33ドル台半ばから後半で推移しています。テクニカルではこのボラでは取りにくいので,裁量で戻り売りする場合でもロスカットレベルをはっきりさせてトレードする必要があります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/940-29321054

« ECBは政策金利を1.0%で据え置き…今晩のトリシェ総裁は燃料投下  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/01/17の週】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code