EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ECBは政策金利を1.0%で据え置き…今晩のトリシェ総裁は燃料投下

Trichet Says Inflation Risks May Rise in Medium Term

1月13日にECBは政策金利を20回連続で据え置きました。今回の会見では政策金利は適切だという見解までは普通でしたが,記者会見でインフレの加速について言及…また言及したからには当然対処方法にまでコメントは及び,「金利と非標準的措置は別の物であり連携していない」と口を滑らしたため近い将来の利上げ観測につながって市場にはユーロ買いと受け取られました。



たいていの場合,中銀当局が予防的にかつ低金利からの最初の利上げになるケースではその利上げは景気回復の良い利上げとみなされ,中銀の属する国あるいは圏の通貨が強くなる傾向があります。ユーロドルは1.31ドル台からこの会見を受けて急騰し1.33ドル台半ばにまで達しています。サウジアラビアがアジアカップでヨルダンに負けるのと同じくらいビックリですよ。

コメント

儲けるは人の逆!!
のんきな一般ニュースが増えています。
よって、株式は半分以上は売却します。
(^^)

そうですね

wine さん,どうもです。
米国株式も決算シーズンが終わったら小休止かも知れません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/939-83b216f0

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2011/01/10の週】  | HOME |  米12月小売売上高は予想を下回ったが年単位では10年来の増加 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code