EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米経済回復のスピードに州ごとの違いが存在

芝山元さんのブログで紹介されていた記事に,

Greetings From Recoveryland: Ten Places to Watch Coming Out of the Recession

という興味深いものがありました。その中では全米各地の都市ごとの求人数のや人口の増減についての興味深い表が挙げられています。
job_growth_and_population_2010
仕事の増減はともかく際立って人口の流入の多いのは,ノースカロライナ州のRaleighとテキサス州のAustinですね。

この2つの都市に共通しているのはハイテク産業の多くが集積しているということです。RaleighにはResearch Triangle Parkと呼ばれるDuke,North Carolina,NorthCarolina State大学に囲まれた一辺10〜20マイルの三角形の地域に研究開発の集合体が存在します。RTP内の研究施設を持つ企業には,

Cisco Systems(CSCO)
Nortel Networks(NT)
NetApp(NTAP)
SAS Institute
Red Hat(RHT)
IBM(IBM)
Lenovo(LNVGY)
Integrian
Channel Advisor
Geomagic

などがあります。

また,Austinについても佐々木高成さんのドキュメントにあるように,以下のような半導体,半導体製造機器,ソフトウェア,医療研究などの専門企業が集積しています。

Intel(INTC)
IBM(IBM)
Motorola(MOT)
Dell Computer(DELL)
3M(MMM)
Silicon Laboratories(SLAB)
Luminex(LMNX)
Samsung
Tokyo Electoron
DermResearch
Austin EEG Laboratory

これらの企業を個別に投資対象とする際には主な研究施設を持っている都市の景気回復がどうかということも大切な調査対象となることを認識したいと思います。製造業において引き続きテクノロジ・セクターの動向は要注意です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/912-54fa8fd9

-

管理人の承認後に表示されます

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/11/08の週の雑談】  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/11/15の週の雑談】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code