EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

8月失業率は0.1%の上昇で,NFP減少幅は予想幅を下回る

Recession Concerns Ease on August Jobs Data

8月非農業部門雇用者数: -54K (予想:-105K,前回:-131K,前回改定:-54K)
8月失業率: 9.6% (予想:9.6%,前回:9.5%)

8月の失業率は7月の9.5%から0.1%増加しましたが毎月の変動の範囲でしょう。一方,NFPは悲観的な予想よりはましな減少幅で,前回のNFPも減少幅が少なくなる方向に上方修正されましたので,絶対値では良くない雇用統計ですが事前予想との差で株式相場にはプラス材料となりました。

製造業: -2万7000人 (前回:3万4000人) ※増加が減少に転じました
建設業: 1万9000人 (前回:-4000人) ※プラスに転じたのは良い傾向
金融業: -4000人 (前回:-1万1000人) ※マイナス幅が少し改善中
リテール部門: -4900人 (前回:7400人) ※ゼロ近傍の変動範囲
民間部門: 6万7000人 (前回:10万7000人) ※プラスであっても一時雇用者の割合が増えているのは危険
政府部門: -12万1000人 (前回:-16万1000人) ※政府部門は州政府も含めて引き続き雇用創出ができず

今回は単純に前月の改定と今月の予想以下の減少幅に市場は反応しました。政府部門の雇用減少が続いていますがこれから民間による雇用創出ができるかどうかが正念場です。それにはまだ時間が必要なようです。為替相場にはもっとマクロ的な観点からマイナス材料に受け取られユーロドルは1.29ドルの手前まで上昇しています。

コメント

米国債の利回りが上昇してきました。どののくらいまで上がるかに注目しています。
10年債で2.8%くらいでしょうか。

伍長さん,どうもです。
債券も売られるときは一気に来ますね。でも今年の4月に4%あったころに比べるとまだまだ買われているほうだと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/886-efe200c0

-

管理人の承認後に表示されます

« ECBは政策金利を1.0%で据え置き…無制限資金供給の延長を発表  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/09/06の週の雑談】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code