EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/07/19の週の展望】(筋肉痛でまったりモード)

よりによって年初来最高気温の休日に,ちょっとしたハイキングに出かけるはずが本格的な縦走登山になってしまって久々の筋肉痛で何もしたくないEURO SELLERです。先週は米国関連の経済指標が弱くてドルが一気に売られましたが,なんだか景気回復の腰折れを予感させる様子で利上げははるか遠い先のように思えてきました。為替相場はドル安・円高・ユーロ高が一気に進みましたし,米国株式市場も激しく下落しました。原油価格は週初めの74ドル台から78ドル台までの上昇でまた上向きトレンドかと思ったのですが,経済指標が悪いせいで需要減を見込まれてその後は下落し,75ドル台の引けで週末を迎えました。一方,金価格は1212ドル台で始まった後は1196ドル台と1217ドル台の間で推移しましたが,金曜日には投げ売りで1193ドル台まで下落しました。金相場に関しては1つの上昇相場が終わったように感じてしまうのは私だけでしょうか。



ドル円は,予想が89.60円-86.70円で,実際は89.146円-86.255円(終値86.653円)でした。上限は約50PIPSドル高方向の誤差で,下限は約40PIPSドル高方向の誤差でした。昨年の11月の終わり以来の7か月ぶりの円高とは言うものの底値が見えないという感じではなく,86円台前半でのサポートはなんとなく見えている印象です。一方,89円台に上昇してからの伸びは月曜日も水曜日も阻止されました。下限については,一旦は下げ止まり86円台前半でのサポートを今後も期待しています。一方,上限については今週中に89円まで上昇するのは至難の業です。下落は速いのですが上昇は何かと逡巡します。頑張っても88円台の半ばでの抵抗を想定します。よって,今週の上値は88.40円程度と予測し,下値は86.10円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.2690ドル-1.2460ドルで,実際は1.30065ドル-1.25221ドル(終値1.29255ドル)でした。上限は約320PIPSドル高に外し,下限は約60PIPSドル高に外しました。それにしても,ユーロドルのレジスタンスラインに関しては相当楽観的な予想をしていたようです。あっさり1.27ドル近傍のレジスタンスを越えると1.29ドル台まで一気に上昇して,1.30ドル台を付けないと市場が納得しない状況となりました。上限については,先週に引き続き1.30ドル後半までの上昇は不可避と考えています。一方,下限については1.27ドル台半ばまで下落すれば十分なサポートがあり,さらに下落する可能性は薄いと考えています。よって,今週の上値は1.3090ドル程度と予測し,下値は1.2750ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0740フラン-1.0470フランで,実際は1.06751フラン-1.03989フラン(終値1.05150フラン)でした。上限は約70PIPSドル高に外し,下限は約70PIPSドル高に外しました。6月から7月にかけては一方的なドル安方向の流れでしたが,そろそろ下げ止まるかどうかに注目しています。1.04フランから1.08フランは幅広いレンジ帯を構成しており,1.03フラン台を大きく下抜けしなければまたレンジに戻ってくることが期待されます。下限としては,1.04フラン直下での下げ止まりを想定しています。一方,上限については7月2日の高値の1.06960フランをどうしても越えられずにいる現状がはっきりしてきましたが,今週はまず7月14日の高値の1.06169フランを越えないことには話になりません。よって,今週の上値は1.0620フラン程度と予測し,下値は1.0390フラン程度と予測します。

今週の予定としては7月20日の火曜日の米6月住宅着工件数・住宅建築許可件数の下ブレを警戒します。7月22日の木曜日の米6月中古住宅販売件数も同様に注目します。今の米国の雇用の現状では既に住宅を買える人は買ってしまっているし,逆にローンを払えない人はノン・リコースで住宅を手放したということで冷え切った住宅市場の回復はなかなか進まないようです。今週またこれらの住宅関連指標が予想以下ということになれば,株式市場においては景気停滞に対する嫌気が強まって下落幅が増すでしょうし,為替市場ではドル安・ユーロ(円)高の流れは止められません。雇用あってからの個人消費・住宅購入であることは言うまでもないでしょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/868-facb217d

-

管理人の承認後に表示されます

« 7月のフィラデルフィア連銀景況指数は盛り返せずに落ち込む  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/07/26の週の展望】(暑くて何もしたくない日々) »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-01 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code