EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

7月のフィラデルフィア連銀景況指数は盛り返せずに落ち込む

Philadelphia-Area Manufacturing Grows at Slower Pace as Index Falls to 5.1

7月フィラデルフィア連銀景況指数: 5.1 (予想:10.0,前月:8.0)

7月のフィラデルフィア連銀景況指数は前回の激下がりから少しは反動があるかとの市場期待を見事に裏切って予想を下回りました。引き続きプラス圏には違いないのですが,景気の拡大・後退が均衡するレベルにまで近づいています。先行指数のほうも先月の40.2が25.0と大幅に下がりました。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: -4.3 (前月:9.0) -> 受注は激減しました
出荷指数: 4.0 (前月:14.2) -> 出荷も激減しました
在庫指数: 4.5 (前月:4.6) ->ほとんど変わらず生産調整はOK
雇用指数: 4.0 (前月:-1.5) ->雇用状況が改善したのが救いです

というように,急激にブレーキがかかっているようです。

為替市場は円高・ユーロ高・ドル安で推移しています。今回はちょっとひどいですね。米国株を押し目で買うのは推奨しますが,ここから一段のドル高を期待するのはしばらく難しくなりました。ユーロドルは昨晩から1.30ドルが視野に入ってきました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/867-786183c6

« 米6月小売売上高は予想以上の連続マイナス  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/07/19の週の展望】(筋肉痛でまったりモード) »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code