EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

米3月小売売上高は引き続き予想を上回り好調

U.S. Economy: Retail Sales Climb, Inflation Contained (Update1)

3月の小売売上高は2月に引き続きコアも全体も予想を上回りました。今回は前月の改定値もどちらも上方修正です。失業率は急速には下がりませんが,ベージュ・ブックなどによると小売売上高に関しては幅広い分野での消費が帰ってきたようです。なお,今年はイースターの休みが4月初めであったため休み前のショッピングが3月に集中したという観測もあるようです。

米3月小売売上高(自動車除くコア): 0.6% (予想:0.5%,前月改定:1.0%[改定前:0.8%])
米3月小売売上高: 1.6% (予想:1.2%,前月改定:0.5%[改定前:0.3%])

Please wait for Cleveland Fed data update

さらに,同時に発表された消費者物価指数は総合が予想と同じで0.1%で,コアは予想以下で0.0%というインフレの心配のない結果で,当分利上げはないだろうと判断できる結果です。コアの前年比を比べても1.1%の上昇は2004年以来の上昇率の低さです。バーナンキFRB議長が続く四半期にはゆっくりとした景気回復とともに低金利がさらに続くと公聴会で証言するのも当然と言えそうです。

米3月消費者物価指数(CPI)(前月比): 0.1% (予想:0.1%,前月:0.0%)
米3月消費者物価指数(CPI)(食品・エネルギー除くコア・前月比): 0.0% (予想:0.1%,前月:0.1%)
米3月消費者物価指数(CPI)(前年比): 2.3% (予想:2.4%,前月:2.1%)
米3月消費者物価指数(CPI)(食品・エネルギー除くコア・前年比): 1.1% (予想:1.2%,前月:1.3%)

Please wait for Cleveland Fed data update

景気が回復すれば企業も収益見込み以上の実績を上げられるので,決算シーズンの株式市場のブル相場も見込めるでしょう。一方,為替市場は大きく動くことはありませんでした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/825-9afc8d12

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/04/12の週の展望】(まだ超多忙モード)  | HOME |  US上場企業決算日告知 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code