EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2010/01/18の週の展望】(Martin Luther King Jr. Dayで休みのため手抜き遅れモード)

先週は米12月小売売上高が予想外の急落でしたのでまだまだ米景気の立ち上がりは鈍いことが再確認されました。にもかかわらず,ユーロドルが一方的にユーロ高にはならないのは1.45ドルと1.46ドルの間のもみ合いが思ったより強いというテクニカルな要因もありますが,PIIGS諸国を始めとするユーロ圏の国々の財政規律に対する不安が市場に現れているのでしょう。それどころかユーロドルは反転して週末にドル高方向に動いています。ドル円は92円台から2円程度下落し,他のクロス円も全般的に円高傾向で週末を迎えました。また,原油価格も世界全体の景気の先行きから需要不足を予想されて1バレル80ドルを割り込む展開です。一方,金価格は先々週から上昇し1160ドル台まで到達しましたが,昨年12月初旬の1220ドル台のピークまでには到達せずに週後半で1130ドル台まで反落しました。



ドル円は,予想が94.20円-91.20円で,実際は92.650円-90.590円(終値90.820円)でした。上限は全く上昇の勢いが無く約150PIPSドル高方向に外しました。下限は結局90円台まで落ち込み約60PIPSドル高方向に外しました。週初めから一方的に下落している印象でしたのでひそかに週末の小売売上高による反発を期待していたのですが見事に裏切られました。週明け現在も下値圏で推移しておリダウンサイドリスクはありますが,例によって89円と90円の間には幅広い買い需要が存在しますので今週中の88円台突入までは考えていません。下限については,なんとか89円の前半での手止まり感を予想しています。上限については,年初の高値93.77円からのかぶせの陰線から2週続けて陰線が発生したことに注目しています。先週高値の92.65円には到達できない地合いですので,92円半ばで早々と勢いが止まりそうです。よって,今週の上値は92.30円程度と予測し,下値は89.30円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4530ドル-1.4180ドルで,実際は1.45790ドル-1.43350ドル(終値1.43780ドル)でした。上限は1.45ドル台でやはり重く約50PIPSドル高方向に外しました。下限は1.43ドル台から下げ渋って結局約160PIPSドル高方向に外しました。1.45ドルを抜けていったん上のレンジに入ったかなと思われたのですが,1.42ドル-1.45ドルのレンジが今のユーロドルには心地よいようです。つまり,米国経済の2番底にもユーロ圏の財政規律の問題の拡大にも一方的に賭けるのが難しく市場参加者は様子見なんでしょうね。テロや自然災害などが続くとポジションをクローズする用心深いトレーダーもいるので出来高も一向に高まってはいません。こういう局面では,現在のレンジを維持する方向で予想を立てたいと思います。上限については,再度の1.45ドル越えは期待されるものの少し押さえ気味に1.45ドルの前半を予想します。下限については,1.42ドル台の後半あたりの早めのサポートを予想しています。よって,今週の上値は1.4520ドル程度と予測し,下値は1.4270ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0380フラン-1.0140フランで,実際は1.02850フラン-1.01290フラン(終値1.02650フラン)でした。上限は1.03フランには届かず約100PIPSドル高方向に外しました。一方の下限はサポートレベルが意識されほぼ的中です。絶対越えるだろうと思っていた1.03フランを越えられなかったのは意外でしたが,高値圏で週末を迎えたので今週の高値は確実に1.03フランを越えられると思いますし,先週言及した年末から年始にかけて1.04フランがらみの軽いレジスタンスレベルも今週は軽いオーバーシュートを見込んでいます。下限については,やはり1.01フラン台の底堅さは確実視されておリ,先週と同じ予想にしたいと思います。よって,今週の上値は1.0430フラン程度と予測し,下値は1.0140フラン程度と予測します。

今週のイベントとしては,最近英国もさえないニュースが多いので1月20日の水曜日の英12月失業率あるいは1月22日の金曜日の英12月小売売上高で何かネガティブ・サプライズが起きないかなと期待しています。また,1月22日の金曜日の米1月フィラデルフィア連銀景況指数はいつも通り気になります。あとは,経済指標ではなくそろそろ米企業の2009/4Q決算発表が気になります。今週は

2010/1/19 C Citigroup Inc.
2010/1/19 IBM International Business Machines
2010/1/20 WFC Wells Fargo & Company
2010/1/20 BAC Bank of America Corporation
2010/1/21 GOOG Google
2010/1/21 GS Goldman Sachs
2010/1/22 GE General Electric

などの決算発表がありますので,米国株式市場全体およびドル相場に与える影響に注意しましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/793-34c23439

« 米12月小売売上高は予想外に急落  | HOME |  US上場企業決算日告知 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code