EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

中央銀行たるもの,政権との距離はかくあるべし

おはようございます。休日ということで早めに起きてしまいました。

昨日の日銀金融政策決定会合では,企業金融支援特別オペレーション(特オペ)の「3月末までの期間延長」+終了時期宣言という合わせ技が個人的には意外でした。

また,今回の記者会見では,記者さんたちが民主党政権との距離を測るべくところどころ地雷原を総裁への質問の中にちりばめておられますが,白川総裁のそつの無い答えぶりは,「中央銀行たるものは政権との距離はこのように保つべし」という見本のようなもので,福井前日銀総裁のような政策へのリップサービスもなく完璧でしたね。ちょっと挙げておきたいと思います。

今日の早いうちには日本銀行側から白川総裁記者会見の内容が公式発表(11月2日付け追記)されると思いますが,それまでは産経新聞の記者会見の一問一答をご覧ください。

【地雷の質問1】
民主党政権交代で初めての展望リポート。政権与党はさまざまな施策を打ち出しているが、反映されているのか
→直球ですが意地の悪い質問です。

【総裁の答え1】
「展望リポートはその時点で利用可能な情報を取り込みながらつくっている。補正予算の見直しもある程度考慮に入れた上で作成した。ただ、民主党のマニフェストに盛り込まれている政策という意味では、今回のリポートには盛り込んでいない」
→まあ,前政権の補正予算規模が変わるのですからその見直しの考慮は当然でしょうが,マニフェストが何も実現されていないという事実を記者の側から引き出すべくわざと質問を誘導したような回答ですね。

【地雷の質問2】
郵政民営化を前任の福井俊彦総裁は官から民への資源配分を評価されていたが、白川総裁のご見解は
→福井前総裁のリップサービスを引き合いに出して白川総裁のスタンスを問うています。ここは答弁にもいっそうの用心深さが求められるところです。

【総裁の答え2】
「(政権への)注文ではなくて感想。郵政民営化の見通しは政府によって決まっていくことで、現時点のコメント差し控えたい。ただ、郵政事業の国民生活における位置付けや、これへの公的関与をどう考えるべきかは、さまざまな観点からの検討を踏まえた上で、国民合意に委ねられる」
→誰が見ても国営化への逆進だろうと思われる「民営化の見通し」についても将来を予見せずコメントを控えたのはセオリーどおりですが,問題が郵政民営化自身ではなくユニバーサル・サービスそのものであることを見抜きながらも,選挙による政権選択の国民合意にゲタを預けたのは見事です。

【地雷の質問3】
新政権が発足してから2回目の決定会合。与党との情報公開や意見交換の方法について、新たな提案などはあったのか
→政権側からの定期会合の提案などの報道を踏まえ,この質問はその言質をとろうとしていますね。

【総裁の答え3】
「金融政策について日本銀行は、政府と連絡を密にし、意思疎通を図っている。その上で、政府関係者の政策決定会合への出席という透明性の高い仕組みが用意され、役割を果たしてきた。政府との間で意見交換をさまざまの場で行うよう、努めている。具体的な提案が政府からあったわけではないが、今後とも、十分に意思疎通をはかっていく」
→ここでは,政府側からの提案に対してとぼけるという高等戦術で余計な政府提案が一人歩きしないようにしています。提案がなかったことにすれば,現政権が提案撤回の機会を持つこともなくそのダメージも最小限で済みます。要するに今の定期会合制度でも十分だろうと言いたい訳ですね。分かります(笑)

【地雷の質問4】
展望リポートをマニフェストには織り込んでいないとおっしゃったが、実行されないものが多いからという考えか
→前述の総裁の答え1をふまえた上で記者のほうが言わされたような質問です。当然この質問への答えは総裁としては想定内のことでしょう。

【総裁の答え4】
「そういうことではまったくない。マニフェストは私もそうですけど、政策委員会のメンバー、きちんと読んでいる。(展望リポートの作成には)経済の見通しを数値に置き換える綿密な点検作業が必要。民主党政権のマニフェストを最終的に数字に置き換えていくためには、現時点で材料がないだけ。(不確実性が高いですとか)そういう評価ではない」
→ここでも,マニフェストが実行されるかされないかの予測は避けています。「マニフェストの成果が経済状況にどういう影響を与えるかを今後点検していく」とも答えず「現時点で材料がないだけ」とは考えられるもっとも穏便な回答です。あえて政府側に擦り寄ることも反発することもない模範解答ですが,今のうちは政府とこれぐらいの距離を保っていたほうが良いと思います。

※今回の慎重な記者会見では,政府サイドの亀井某氏にも反論されることはないと思います。まあ,彼が週末にテレビに出てきて何か言うのはデフォでしょうがね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/747-a59d41b3

-

管理人の承認後に表示されます

« 2009年第3四半期米GDPは上昇  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/11/02の週】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code