EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

「資産価格」監視にも乗り出す世界の中央銀行

今回の金融危機で懲りたはずなので,世界中の金融機関は単に「物価安定」のための金融政策でなくて,「資産価格」もしっかり監視して金融政策に反映させようという路線で行くらしい。

Central Banks Hitting Asset Bubbles Show No Faith in Greenspan

つまり,

■ 「バブルなどはじけるまでわかんね」とのたまわったグリーンスパン前FRB議長の路線から決別して,資産価格の過度な高騰に注意を払う
■ 資産価格や商品価格が高騰したら,それらが消費者物価に十分に反映される前にも予防的に政策金利を上げることがありうる

ということですね。これは明らかにメディアを用いた「米国版」(利上げのための)地ならしということですわね。これ以上金や原油が高騰すると,もしかしたらもしかするかもしれませんよ。

【再掲:ホーニグ総裁タイプの考え方】
ホーニグ・カンザスシティー連銀総裁:
Fed Should Tighten Rates Sooner Rather Than Later, Hoenig Says
今利上げしても,利上げする伸び代はまだある。現在の状況で急激な引き締めを望んでいるわけではないが,私の経験からすると,超緩和的な政策は遅くなるより早めに除くべきだ。」

なお,最初のリンクはやや長めの記事ですので,いつものように日本語版では翻訳されないと思います。たとえ辞書を片手であってもご自分で読了されることをお勧めします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/745-b2004bba

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/10/26の週】  | HOME |  2009年第3四半期米GDPは上昇 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Forex Rates

This site's QR Code