EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

白川日銀総裁の講演@ジャクソンホール

ジャクソンホールで行われた経済シンポジウム講演特集第3弾です。

カンザスシティ連邦準備銀行主催シンポジウム(米国ワイオミング州ジャクソンホール)における白川総裁講演(8月22日)の邦訳「金融危機に対する国際的な政策対応

日本語ですからそのままAcrobat Readerで読んでくださいませ。講演中にキング総裁の発言を引用するなど,やはり「盟友関係」なのかなあ。

先の上海での講演「非伝統的な金融政策─中央銀行の挑戦と学習─」に続く総裁の「欧米いびり」発言としては,P6とP8が良いですね。

【P6の文言】
>人間心理と様々な制度的条件のもとで、低金利が継続するとの根拠のない期待は、良好な経済環境のもとでインセンティブのねじれ(perverse incentive)を醸成することにつながってしまいました。こうしたインセンティブのねじれはさらに、金融面の不均衡の蓄積と顕在化というプロセスを後押しし、やや長い目でみて経済を不安定化させてしまいました。

誰が低金利を放置したかと詳しく述べないのが日本的奥ゆかしさでしょう。例えば「人間心理と様々な制度的条件のもとで」のフレーズにさらに語句を補えば,
  (グリーンスパンが言うなら絶対だという)
人間心理と
  (彼が言い出したら誰も止められないという)
様々な制度的条件のもとで
なんてぴったりだと思いますが,いかがでしょう。

【P8の文言】
>この点、金融の規制・監督のモデルをどうするべきかという議論を巡っては、振り子の針が大きく振れるように、様々な紆余曲折があったことに留意しておく必要があります。単純化して言えば、アジア通貨危機後には、アジア型モデルが評価を下げましたが、今回の危機ではアングロ・サクソン型モデルが評価を下げています。もっとも、これらのモデルが正確に何を意味するのかは、あいまいなままです。

※アジア型モデルとアングロ・サクソン型モデルの比較は,なんとなくやり返したいようなそうでないような気持ちの表現ですね。なかなか良い味を出していますが,これでもまだやんわりだと思われます。

もっと鋭いご指摘&解説は,明日以降に「今朝のドラめもん(営業日の毎朝更新)」でなされるのを期待しましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/707-cc4f9d8a

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/08/24の週】  | HOME |  2009年7月YTDヘッジファンド成績 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code