EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/07/20の週:夏休みモード】

相場が動かないことをいいことに,意味不明な展望を書いているものが今週はさらに遅れております。週末と20日は引越しの手伝い&某所に山篭りに行っておりまして,なんと今週のエントリが火曜日未明にずれ込みました。普通のニュースなら未明に出しておけば次の朝に間に合うのですが,為替は休日でも24時間動いている上に祝日の休みがほとんどありませんので大失態ではあります。まあ,日本の株式市場にあわせて休みを取らせていただいたことにしてください。ただし,(シドニー市場の月曜日からの一日の動きは無視して)可能な限り先週の情報から今週の予想をしたいと思います。



ドル円は,予想が93.90円-90.70円で,実際は94.450円-91.721円(終値94.340円)でした。上値はあっさり94円台に行ったのは意外でした。一方,下値のほうは先々週の安値を少し更新しただけで下げ止まりました。米企業の決算も(前四半期が悪すぎて予想も悪かったので)あまりネガティブサプライズは無く,ドル円相場の再上昇に貢献しました。先週の動きからすると,7月15日と16日に下げ止まった93円台前半は重要でここからおそらく94円台後半までは上へに行くにも下へ行くにも戻り売りや押し目買いが連続するのでしょう。ですから今週は,ほぼ93円から95円の間を推移する狭いレンジ相場を想定します。よって,上限は今週は95円バリアーをはやっと超える程度,下限は勢いで93円を割ってもリカバリできる範囲と思います。よって,今週の上値は95.30円程度と予測し,下値は92.60円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.4220ドル-1.3850ドルで,実際は1.41625ドル-1.38965ドル(終値1.40990ドル)でした。上限・下限ともやや広く見積もりましたが,誤差は同程度で振動の中心は外さずに済みました。つまり,7週移動平均および21日移動平均とも1.4030ドル程度に近づいてきました。いったんフラッグになった状態は6月3日の高値1.43370ドルおよび6月16日の安値1.37470ドルをはみ出さない限り,レンジ相場は続くことになります。下限は,65日移動平均がほぼ1.39ドルまで急速に上げてきましたので雲のサポートもあわせてそこを大きく割りこまないと考えます。一方の上限は,6月2日から3日にかけて2回も1.43ドル台の突破を目指したにも関わらず1.43ドル前半を完全に抜けられませんでした。(月曜日の流れをチラ見すると1.42ドル台をつけていますからフラッグは解消したかもしれないものの)このレンジの上限は今週もキープされると見ています。よって,今週の上値は1.4330ドル程度と予測し,下値は1.3860ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.0920フラン-1.0700フランで,実際は1.09375フラン-1.07005フラン(終値1.07660フラン)でした。下限も上限も2週続けてほぼ予想通りでした。ただし,ユーロドルが高値圏でドルスイスが安値圏で週足終値を迎えましたので,今週はドル安傾向にあるのだと思われます。6月24日の1.06305フラン,6月2日の1.05890フランを割り込むかどうかが焦点ですが,ユーロドルが6月2日の値を目指すとしてもドルスイスは1.06フラン台で底堅く推移すると考えています。前回の1.06フラン割れはかろうじて達成されたものであり,1.06フラン台では押し目買いもそれなりにあるだろうと考えているからです。一方の上限は,7月14日に1.09フランを突破したものの翌日には再び1.09フランに乗せる勢いはありませんでした。よって,今週の上値は1.0880フラン程度と予測し,下値は1.0650フラン程度と予測します。

市場も夏休みモードならプライベートも夏休みモードに入ってしまった今週ですが,イベントリスクとしては,米系金融機関の決算が判で押したように良かったのに対して,7月23日のクレディスイスを皮切りに8月上旬まで続く欧州系金融機関の決算のサプライズがあるかどうかに注目しています。もちろん,こちらも示し合わせたように(合法的ではあるが会計基準の緩まった)決算操作で黒字決算が続くのでしょうからあまり心配はしていません。経済指標は目立ったものはないと思いますが,7月23日の英国の6月小売売上高および7月24日の第2四半期のGDP速報値に注目しています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/683-532fc677

-

管理人の承認後に表示されます

« 人が多くて発展途上の国は…  | HOME |  2009年6月YTDヘッジファンド成績 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code