EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

3月のドル円のアノマリー

3月期末のドル円は,「輸出企業がドルで回収した製品代金を円転して期末に決算するから円高ドル安になる」というもっともらしい考え方があります。しかし,本当にそうでしょうか。

2000年から2009年にかけての3月のドル円の日足終値レートを3月の月足始値レート(毎年の日にちをそろえるために週末もつなぎ足にしていますので,3月1日が営業日でない場合は2月最終営業日の終値レート)から引いた値をグラフにしてみました。



どうです。パッと見る限り特別に毎年円高になるアノマリーは感じられません。それどころか2001年は8円以上ドル高ですね。でも,いくつか気づかされることがあります。

■ だいたい3月10日までは小動きである。
■ 3月の第2週以降に円高あるいはドル高の趨勢がはっきりする。
■ 円高になる年には周期がある。(2000年・2004年・2008年)
※月足始値よりマイナスの年のグラフを暖色系,プラスの年のグラフを寒色系で表示してこの傾向がわかりました。

円高だった2000年や2004年の翌年の2001年や2005年の3月は円高どころかドル高の方向に振れています。ですから2008年(ピンク色)の3月は確かに円高に振れましたが,今年(薄緑色)の3月も円高になるとは限りません。もちろん下旬以降に円高になると元に戻らない別のアノマリーもあるのですが…

2000年が特別だと考えると,2004年・2008年のケースでも4-5円の円高です。結論として,4年周期のアノマリーから外れる今年は昨年ほど円高傾向になく,かつ円高だとしても陰線の幅は4円以下と考えて,悪くとも93円台でとどまる(=月足始値97.53円-4.00円)と大胆な予想をしています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/605-c191db37

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/03/23の週】  | HOME |  やっとバッドバンク構想の詳細が明らかに »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code