EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【09/02/23の週】

先週は週前半は,ドル堅調で欧州通貨に対して続伸していたのですが,金曜日にはCitiやBOAなどの銀行国有化観測が流れて米国株式が続落し,一転してドル安の展開でした。引退してもなお不規則発言で市場を動かすグリーンスパン元FRB議長の存在で,「中川酒禍」による円安も「緑爺舌禍」によるドル安で多少帳消しになったようです。さらに,フィラデルフィア連銀製造業景況指数も最悪(-41.3)でした。

おまけに,Bloomberg Videoが見れなくなっているし,左サイドバーに表示していたAKMETERのFX Tableも正しくFeedを出さなくなったので変更が必要でしたし,ネット的にもDoblogからの移転以外にいろいろありました。(新しいFeed Tableは定期的に自社HPのポップアップを出すのでブラウザでブロックできる人はしておいてください。160pxのサイドバーに入るすっきりとしたカスタマイズ可能なFeed Tableがほかに見つかっていないので自前で作成することも検討中です。)



ドル円は,予想が92.60円-89.50円で,実際は94.45円-91.40円(終値93.03円)でした。今週の中川円は弱かったですね。結局週の安値は月曜日につけたもので,月曜日から木曜日まで陽線で連続して下値を切り上げて,金曜日の下落の影響は限定的でした。ともかく93円台をキープして週の金曜日終値を迎えたのは大きいです。クリントン国務長官が行った日中を含む極東歴訪の外交によって米国債が引き続き買われ続ける担保を得たのでしょうか?少なくとも昨年までの円への質への退避はなくなっているような気がします。当面の上値の目標は木曜日に越えられなかった1月6日の高値94.61円を明確に越えるかどうかに注目します。一方,下値は92円前半のサポートと91円台半ばの両方のサポートがあります。よって,今週の上値は94.50円程度と予測し,下値は91.50円程度と予測します。



ユーロドルは,予想が1.3160ドル-1.2720ドルで,実際は1.2883ドル-1.2513ドル(終値1.2835ドル)でした。ユーロの弱さは一時1.25ドルを割って昨年11月の安値に迫る勢いでしたが,金曜日の米国株安の流れによって反転しました。とはいっても,1.29ドルを実は越えずに週の終値を迎えたので根本的に欧州通貨の弱さが解消されたのではなく,ドルが自分からこけたといえるでしょう。上値は1.30ドルには届かず推移し,下値はもう一度1.25ドル台を伺うと考えます。よって,今週の上値は1.2980ドル程度と予測し,下値は1.2550ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予想が1.1830フラン-1.1510フランで,実際は1.1884フラン-1.1460フラン(終値1.1525フラン)でした。上にも下にも少しレンジをはみ出しましたが,まずまずの予想通りの動きです。先週の上値についていく戦略は木曜日までは完璧でしたが金曜日に崩れました。金曜日の400PIPSを越える一日の値幅は1月5日以来のことです。下値については1.15フラン台を割れても終値で戻したのが支えです。一方,上値は直近高値をつけたものの下落幅が激しかったので,1.17フラン台で戻り売りの強い抵抗にあうと思われます。今週の上値は1.1780フラン程度と予測し,下値は1.1530フラン程度と予測します。

それにしても,最近のテレビメディアは,

大物出演者やドラマ予算のカット
インフォマーシャルの増加
深夜のフィラーの増加と放送時間の短縮
パチンコとサラ金のCMの増加
内食志向番組
クイズ番組の増加

などに象徴される動きで,広告減少によるコスト削減戦略をはっきりと打ち出していますねえ。見るべきドラマや番組が減ってきて,NHKだけがかろうじて見られる形になるのでしょうか。このままでは広告媒体としては完全にネットに負けてしまうでしょう。本当に不況のときは,広告出稿の費用対効果がわかるネットのほうがクライアントにとっては最良だからです。

日本経済は内向きシュリンクに向けて正念場を迎えています。ドル円が猛烈な円高にならないのは,そういう状況でも対策を打ち出せない政府への不信感から退避通貨として円を買うことはできずにいるのでしょう。代わりに通貨から金にシフトしているのは金相場を見てもよくわかります。

コメント

もう既にご存知かもしれませんが、春山さんの緊急避難場所(URL欄)が出ましたねえ。
EURO SELLERさんが公開してるExportツールを、コメントも抽出可能に
改良するなんてことはないんでしょうね?

エクスポート・ツールの件

ピッコロ大魔王さん,どうもです。
本文は自分のエントリを参照していると自動ではできにくい部分がありますので,別作業がいいかと思い,コメントだけを抽出して既存のエントリに重ねあわせができるかどうか検討中です。また,安定性の観点で,VBAもおそらくC++で書き直すことになりますが時間を見つけて少しずつ行っています。

移転作業お疲れ様です。
こちら新たにブクマさせていただきます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/586-2866d062

« 米連銀のホームページデータ  | HOME |  今週ブレイクした円安について »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code