EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

相場のボラティリティについて

統計の世界ではよく平均値Mや標準偏差SDが使われることはご存知だと思います。そして,テクニカル分析ではチャート上のエントリを考慮するのに,移動平均SMAに対しての終値の変動も標準偏差σとして表現することがあります。(この2σなどをバンドにして描いたものがボリンジャーバンドです。)

この統計におけるSDとチャート分析におけるσは実は似て非なるものです。

まず,統計の世界では平均値Mを中心に値が正規分布していることを前提としています。ですから,基本的に平均値より上の値も下の値も同程度に存在すると仮定できます。このような時には平均値Mは一定と考えられるので,変動係数Cは,

C=SD / M

で表わされ,これを計算することには意味があります。

一方,チャートの世界では移動平均SMAを計算するとしても,トレンドがある限り,その名の通り時間と共に平均値が変化するのです。そして,上昇トレンドであれば移動平均SMAよりレートが上昇してくるのでSMAがさらに上がり,下降トレンドではその逆のことが起きます。このような時に,変動係数Cを計算しても…

C=σ/ SMA

SMAが変化するので,計算値にあまり意味がないのです。



このことを説明するのに,図1をご覧ください。

もし,(a)のようにドル円が95円を中心にしてレンジ相場を形成し,移動平均線が95円あたりで水平ならば,移動平均SMAは一定で,これは統計の世界と同じに考えられます。

一方,(b)のようにドル円が90円から100円まで上昇トレンドにある場合は,分母の95円が各期間で変化するので,移動平均が95円である期間しかCには意味がありません。

こういう場合は,

V=σ/(SMA(Q) - SMA(P))

を計算したほうがいいです。分母は期間の移動平均の値幅ですから,いわば,標準偏差というばらつきを平均の上昇幅で割ったものです。(分母がゼロの時は極小値で置き換える。)

この値Vには特に名前はついていませんが,期間の平均の上昇幅に対しての変動幅の大小は,逆張り(V無限大)か順張り(Vほどほど)かノーポジ(V極小)かを決定するのに重要なパラメータです。ちょっとテクニカル分析的な話になりましたが,「相場のトレンドの強さに対してボラティリティは高すぎてもいけないし,低すぎてもいけない」と言う意味でエントリを立てました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/561-0e9f551a

« BOE利下げでポンドが上がりました  | HOME |  米雇用統計,予想通りの悪化 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Forex Rates

This site's QR Code