EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【早出し年末年始休暇モード】

12月22日の週(早出しなので先週と書けない)は,さすがにクリスマスの週とあって取引は閑散,ドル円もユーロドルもドルスイスも予想より少ない値動きでした。GMACの銀行持ち株会社化には腹が立ちましたが,それ以外の市場全般には特にコメントはありません。今週の展望は単に記録のためであり,トレードのためではありません。



ドル円は,予想が90.50円-87.50円で,実際は90.97円-89.50円(終値90.67円)でした。91円は上値抵抗ラインになったのですね。一方下値は,89.50円は月曜日の安値で一度も下を試していない。1月4日までにはどちらもあまりにも近過ぎますからブレイクするでしょうね。よって,来週の上値は92.50円程度と予測し,下値は88.00円程度と予測します。



ユーロドルも,予測が1.4250ドル-1.3620ドルでしたが,実際には1.4124ドル-1,3901ドル(終値は1.4057ドル)と小動きです。2007年の年末はポンドが急激に値を下げた記憶がありますが,今年は10月から11月に散々損失を出して市場に戻るまでにいたっていないか,早々と手仕舞いしたかのどちらかなのでしょう。材料だけでなく市場参加者も少なく感じます。12月19日の安値1.3824ドルと高値1.4309ドルは当面のレンジの上限・下限と見ていますので,来週の上値は1.43ドル程度と予測し,下値は1.38ドル程度と予測します。



ドルスイスは,予測が1.1220フラン-1.0820フランでしたが,実際には1.1040フラン-1.0662フラン(終値は1.0675フラン)でした。ユーロドルとは異なり,ドル安の流れが押し戻されることなく週末を迎えたと言えます。分かりやすい下値のほうは1.0390フランが一目均衡の雲の下限ですので一応のメドとし,12月19日の高値1.1133フランからずっと続落しているので,上値のほうはがんばっても1.1100フランを越えられないと思います。よって,来週の上値は1.1080フラン程度で,下値は1.0410フラン程度と予測します。

毎週,ずっと3通貨ペアの展望を書いていますが,一週間以内の期間に限定すれば,全くファンダメンタルを考えないでテクニカル分析だけでも十分と言えます。事実,多くの場合の予測には一目均衡の雲やサポートライン・レジスタンスラインが十分機能しています。

それでは面白くないのでファンダメンタルに興味を持つのは人の常ですが,注意しないとファンダメンタルを考慮しすぎて,相場観に自己バイアスを持ってしまう危険があります。また,ファンダメンタルを考慮して中長期のドル安やユーロ高を予測する人がいますが,はっきり言って最初から最後まで言い続ければ1/2の確率で当たったように見えるだけのことで,そういう人を信じてはいけません。(その上,本人が予測できると思っていたらさらに危ないです。)

■ 相場観の研鑽: ファンダメンタル解説&雑感
■ 個人的趣味: 中銀オタク観察
■ 実際のトレード: テクニカル分析で短期売買・ブレイクで逆にいったら損切り

このポリシーは来年も守りたいと思います。

※1月4日には復帰します。それでは,年末年始の良い休暇をお過ごしください。

« GMACの持ち株会社化はやり過ぎです  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【今年もよろしくお願いします】 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code