EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

2008年10月YTDヘッジファンド成績

10月までのヘッジファンドの成績の推移を確認する時期になりました。



10月は9月より二極化がはっきりしました。エネルギーセクターファンド,ロングオンリー戦略ファンド,エマージング市場ファンドのマイナス三兄弟の成績はさらに成績が悪化する一方で,モーゲージ組成ファンドはイーブンからプラスに転換しましたね。ファイナンスセクターファンドは暴落なのかと思ったのですが,思ったより成績が良いですね。9月で事態は収束すると予想したのかオプション戦略ファンドは利益を吐き出してしまったようです。ヘルスケアセクターファンド・テクノロジーセクターファンドは一応下げ止まっていますから良しとしないといけません。ロング&ショート戦略ファンドは機動的に動いたけど儲からなかったようですね。

1.モーゲージ組成ファンド 2.87% (この数字で第一位です)
2.ファイナンスセクターファンド −0.75% (公的資金注入で何度か救われたのかも)
3.企業買収ファンド −0.87% (同じ第三位でも先月より良いですね) 
4.オプション戦略ファンド −3.97% (利益をすっかり吐き出しました)
5.テクノロジーセクターファンド −4.70% (このセクターにしてはまあ良いか)
6.ロング&ショート戦略ファンド −6.25% (労多くして収穫なし)
7.ヘルスケアセクターファンド −7.43% (ディフェンシブ銘柄が役立たない)
8.エネルギーセクターファンド −14.61% (本当に下げ止まったのか)
9.エマージング市場ファンド −15.38% (新興国市場も奈落に落ちました)
10.ロングオンリー戦略ファンド −18.14% (横綱級の独走状態です)

この時期,普通は益出しのころなんですが,解約や損失確定など大変なファンドが多いのでしょう。グラフにするのもかわいそうになってきました。

« 米第3四半期GDPも下方修正…正真正銘のリセッション  | HOME |  米10月個人消費,1%も落ち込む »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code