EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望

先週は,英GDP改定値が弱含み,独Ifo景況感が事前予想を下回り,ドルは欧州通貨に対して全面高でした。一方,円だけはそのドルに対しても上昇して週足終値を迎えましたので,結果としてポンド円やユーロ円は大幅に下落しています。先週に限らず,これらの通貨ペアの月間の下落幅は過去最大級じゃないでしょうか。



ドル円は,毎日高値を切り下げる上値の重い一週間で,一方安値は金曜日に108.41円をつけました。108円のサポートは相当強いので来週もサポートされると思いますが,上値も110円台で猛烈な戻り売りにあっています。ですから,今週の上値は110.30円程度でリミットが来ると予測し,下値は先週より下がり気味の107.50円程度でサポートされると予測します。欧州通貨に弱い指標が散見されるのに対し,日米間ではたいした材料が見当たらないと言うのもこのレンジ相場の原因でしょう。



ユーロドルは,火曜日の安値が一時1.4570ドルまで下落しましたが,基本的には1.46ドル台から下に攻めきれていません。ドル円の110円台の上昇と同じでユーロドルの1.45ドル台の下落には相当骨が折れそうです。

昨年のクリスマスの週にユーロドルを買った連中は,FEDの急激な利下げ継続によりいつの間にかそれなりのスワップが貯まっています。彼らのロングポジションレートは1.43ドル台の後半です。まだまだ損切りするレベルには達しておらず,せいぜい1.50ドル以下の追加ロングポジションを手仕舞っただけでしょう。ハリケーン観測報道やグルジア情勢の不透明感などで原油価格が過敏に動くため,下押しの達成感もない半面,一方的な下落も期待薄です。よって,今週の上値は1.4850ドル程度と予測し,下値は1.45ドル程度と予測します。



ドルスイスは,レンジ相場の通貨ペアの中でも一番小動きでしたが,今週も陽線を達成することができました。これにより,7月13日の週以来の7連続の陽線を達成し,7月20日の週以来の6週連続の上値および下値の切り上げも同時に達成しました。

>今週の上値は1.1080フラン付近で,下値も1.0850フラン付近と予測します。
の予測もほぼ当たりました。

ドルスイスが安定しているということは,ドルが堅調であるというよりもむしろユーロとポンドの方が自分からこけていることを意味します。今週もユーロの動向に追従する動きに終始するでしょうが,1.11フランは強烈なレジスタンスですのでここを越えるのは日柄的にも難しいと思います。そこで先週の予測を据え置いて,今週の上値は1.1080フラン付近で,下値も1.0850フラン付近と予測します。

ポンド系とクロス円は大きく動いているのですが,ユーロドルとドル円についてはまだ時期が来ていないという印象です。ハリケーン動向とかで原油価格が大きく動くことや引き続きVIX指数の変動に注意を払ってレンジ相場抜けを逃さないようにしたいと思います。

« 米第2四半期GDP修正値は上ぶれ  | HOME |  ポンドの下落はどこまで続く? »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Forex Rates

This site's QR Code