EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

FRB流動性対策の拡充,いまさら…

なにをいまさらという感じですが,FRBは30日,TAF(Term Auction Facility)とTSLF(Term Securities Lending Facility)の期間延長や別枠設定を発表しました。

http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20080730a.htm

■ Extension of the Primary Dealer Credit Facility (PDCF) and the Term Securities Lending Facility (TSLF) through January 30, 2009.
→TSLFは9月まででは終わりそうにないので4か月延長です。ともかく2度目の年末も無事に過ごさねばということでしょう。

■ The introduction of auctions of options on $50 billion of draws on the TSLF.
→$200 billion だけじゃなく小物も用意しましたが,これは決算時の化粧直し費用なのか,あるいは市中銀行が破綻したときのPDの買収費用にあてさせるのかもしれません。ベア・スターンズのときはJPMへの$29 billionの緊急融資でしたが,こういうのを毎回緊急会議で決めるのはコリゴリということでしょう。定められたプロトコルにしておくことが大事です。

■ The introduction of 84-day Term Auction Facility (TAF) loans as a complement to 28-day TAF loans.
→明らかに10月半ばの決算時期を一気に乗り越える3か月物のTAFを用意したんですね。最初からやっておけば良いのに…

■ An increase in the Federal Reserve's swap line with the European Central Bank to $55 billion from $50 billion.
→ECBにもドル資金供給枠を$5 billionだけ拡げますよということですが,小出しに枠を広げる意味は何なのでしょうか。もしかしてECBが利下げしたら,もっと枠を拡げますよとか…

よくやっているというべきか,これしかできることがないというべきか。どちらなんでしょう?どちらにしても,住宅価格が下がり続けているうちはこの手の不安はなくならないのでしょう。

« ADPが嘘つきになりやすい月は注意  | HOME |  米第2四半期GDPは予想以下&新規失業保険申請件数アップ »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code