EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

7月消費者信頼感指数は上昇

U.S. Economy: House Prices Fell at Faster Pace in May (Update3)

7月消費者信頼感指数: 51.0 -> 51.9(予想:50.0)

消費者信頼感指数については,ブルームバーグのヘッドラインには出ていないで,記事の一部にしか出ていないのですが,予想より上がって16年ぶりの低水準から回復しました。

現在のような原油価格の下落時には,マーケットは自分たちの流れに都合の良いように考えますから,この程度でもドル高の後押しになります。あげくには,メリルリンチの損失確定報道でさえ【総額が多いことではなく額が確定したこと】が好材料にされてしまうのです。

大事なことは,原油であろうが通貨であろうが,サポートライン・レジスタンスラインのブレイク・ノーブレイクのみが相場を加速させるかレンジ相場の継続かを決定すると銘記することです。今年はファンダメンタル至上主義だけでは絶対勝てませんよ。

« 【緊急更新】原油下落後は同じ流れ  | HOME |  ADPが嘘つきになりやすい月は注意 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code