EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

連携してきたECB包囲網

独仏スペインの閣僚、予想されるECBの利上げに対して警告

普段はコメントしないシュタインブリュック独財務相も,「ECBの利上げは悪影響」と明言し始めました。もちろん,自国経済が心配なスペインのサパテロ首相も日本の首相よりよほど経済について分かっているような発言で援護射撃です。(スペインとドイツの意見が一致するとはねえ…)



ラガルド仏経済財務雇用相はもともとポールソン米財務長官のメッセンジャーのようなんですが,次のように発言です。
「われわれが過去数カ月に言い続けてきたことだ。ドイツがフランスや他の欧州諸国の見解に加わったことは喜ばしい。また、スペインが『スタグフレーションのリスクはとれず,経済統計はインフレとおそらく成長の2つを考慮すべき』との見解を示したことにも注目している」


追記2008/07/01:
でも,誰が何と言おうと,トリシェ総裁は利上げを敢行するでしょう。
Trichet Backs Inflation Hawks, Risking Weaker Growth (Update1)

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望  | HOME |  2008年後半の戦略 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code