EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望



先週は,メリルリンチを含む米金融機関の決算の損失が限定された範囲であったことから金融不安が大きく減退し,円およびフランに逃げていた資金がアンワインドされました。また,ユーロドルの高値が1.5985ドルあたりでとどまり反落すると,ドル円やドルスイスで急激なドル高が進みました。

ドル円は,月曜日だけはほぼ十字線の陰線でしたが,その後4日間連続で下値を切り上げ最終日に大陽線という理想的なドル高の週でした。加えて日足における一目均衡の雲もしっかりと越えて101円台での下値サポートも万全です。

週足でも5週連続下値を切り上げているので完全にドルは反転したのではないかと思います。まず,下値は101.50円あたりで底堅いと思われます。また,上値は先週の高値が104.63円でとどまったことが示すように,105円を越えるまでに激しく戻り売りの抵抗にあうでしょう。しかし,いったん越えると107円まではあまり抵抗がなく,NY株式市場が一段高になるならその上昇スピードにも加速がつくと思われます。



ユーロドルは,原油高に伴い水曜日か木曜日に1.60ドルをつけるかと思ったのですが,あと一歩で届かずに木曜日,金曜日と反落して1.5808ドル程度で週の終値を迎えました。

円安およびフラン安のようにユーロ安にならないのは,まだ原油価格が最高値を更新しているからです。おそらく今月はロングポジションのままロールオーバーされたのでしょう。原油価格の上昇と1.60ドルへの抵抗力が相殺されて,引き続き上値は1.5950ドル程度で,下値は1.5600ドル程度のレンジ相場を構成すると思います。



ドルスイスは,木曜日まで日替わりでもみ合った後に金曜日に大きく上昇しました。1.0200フランは越えることができましたが1.0300フラン手前で激しい抵抗にあい1.0282フランが高値となり,1.0186フランまで下落して週足は引けています。

ドル円と同じく週足で3週連続下値を切り上げているので,下値はおそらく0.9950フラン以下にはならないでしょう。上値は1.0360フランあたりまでは引き続き上値の重い展開ですが,そこを突き抜けると一気に1.0500フランを越える可能性があります。1.0400フラン台にはあまり抵抗帯がないと思われるからです。

今週の決算では,Bank Of Americaの損失がやはり想定内であれば,引き続きドル円,ドルスイスの底堅さには影響はないと思われます。ユーロドルは,原油価格がどこまで行くかがわかりませんのでとりあえずレンジ相場を予想しますが,商品全般の動きと共に下落すれば,ユーロドルの下値ブレイクも考えに入れないといけません。

« 相場に立ち向かうために大切なこと  | HOME |  【緊急更新】月曜日のロンドン市場が開く前に »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Forex Rates

This site's QR Code