EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ユーロドルの行方(1)



Prodi's Resignation May Herald Berlusconi's Return (Update4)

イタリアのプローディ政権が崩壊し,またまたメディア業界を牛耳っているACミランのオーナーでもあるベルルスコーニが復活かもしれません。イタリア政治のゴタゴタは極東の某国なみです。ひょっとすると,これはユーロ下落に影響を与えるニュースかもしれません。

忘れもしない2005年の春から夏にかけての下落は,4月25日月曜日の週に最後の1.30ドルをつけてから,図のように翌週ダブルトップのネックライン辺りである1.28ドル前半をつけたあたりから加速したと思っています。

その週から6月1日までのファンダメンタルに市場がどう反応したか,過去のFiscoのニュースからログを起こしてみました。(一部情報の無い日があります。また,ユーロドルに関係ない部分は省略していますがご了承ください。)

【4/25のN.Y.外為市場概況】
ユーロ・ドルはユーロ圏の経済見通しの悪化やユーロ憲法を多くが支持していないとの懸念などを背景に弱含み。米大手投資銀行のユーロ売りも観測されており一時1.2954まで下落した。ただ、ロシア勢のユーロ買いやインターバンクのショートカバーでユーロ・ドルが1.3005前後まで反発した。
【4/26のN.Y.外為市場概況】
3月の米・新築住宅販売件数が過去最高を記録したこと(143.1万件)を理由に、朝方はドル買いが優勢となった。ユーロ・ドルはリアルマネー、中東勢、本邦資本筋のユーロ買いが観測されており、1.2980前後まで戻して引けた。
【4/27のN.Y.外為市場概況】
3月の米・耐久財受注の水準が予想を下回ったことを理由にドル売りが優勢となり、ユーロ・ドルは1.2989まで買われたが、ドイツ10年債のイールド低下をにらんで1.2922まで売られる局面があった。
【5/5のN.Y.外為市場概況】
S&P社が米GM、フォードの信用格付けの引き下げを発表した事からドルは弱含みとなった。ユーロ・ドルは通貨オプション絡みのユーロ売りが1.2990近辺に置かれていたもようで、1.2926まで下落したが、ロシア中銀のユーロ買いやGM、フォード社の格下げをきっかけに反発した。
【5/6のN.Y.外為市場概況】
4月の米・雇用統計が予想を大幅に上回る内容であったことからドルが堅調に推移した。ユーロ・ドルは米モデル系ファンド筋やシカゴIMM筋の売りに押されて1.2845-50(200日移動平均水準)を割り込み、1.2810まで下落した。1.2800近辺のバリアー防戦買いや「北朝鮮が核実験準備か?」とのニュースが下値を支え1.2815前後で引けた。

ここまではネックラインを維持しています。強い指標に堅調,弱い指標に弱含みといういたって普通の反応です。この週以降と市場の反応がどう違うかを見てください。

【5/9のN.Y.外為市場概況】
この日発表された3月の米・卸売在庫が予想以上に低い数字であった …ユーロ・ドルは1.2810まで下落したが、1.2800以下ではアジア中銀や東欧中銀のユーロ買いオーダーが控えているとの観測で1.2848まで上昇、結局1.2840前後で引けた。
【5/10のN.Y.外為市場概況】
3月の米・貿易収支の発表を翌日に控えていたことから様子見ムードが広がった。ユーロ・ドルは1.28以下にロシア中銀のユーロ買いが控えているとの噂で1.2890まで上昇、1.2880前後で引けた。
【5/12のN.Y.外為市場概況】
4月の米・小売売上高が予想以上に増えた事からドルが全面高。ユーロ・ドルは1.27近辺でロシア中銀のユーロ買いや通貨オプション絡みのユーロ買いなどが散見され、一時的には下げ渋ったが、N.Y.時間の夕方近くに1.2683まで一段安となり、結局1.2695前後で引けた。
【5/13のN.Y.外為市場概況】
短期筋がドル売りポジションの縮小に動いた影響でドルは全面高の展開となった。5月のミシガン大消費者信頼感指数が予想を下回る水準となったが、モデル系ファンド筋のドル買いでストップロスが誘発され、…ユーロ・ドルは1.2610まで下落したが、1.2600前後でロシア中銀や通貨オプシヨン絡みのユーロ買い興味が散見されており、結局は下げ渋った。

※このあたりから市場は,ドルにとって有利な経済指標には強く反応し,不利な反応は無視し始めます。

(続く)

« 【緊急更新】Ambacに救済案が浮上  | HOME |  ユーロドルの行方(2) »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code