EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

今週のCFTC



久しぶりのシカゴIMMの通貨ポジションです。激動の11月,12月を経過し,ロング・ショートのポジションとも減ってきた感じです。週後半のドル全面高は顕著でしたので,それらは反映されていません。

ドル円は長かったドル安傾向にようやく終わりが見えたポジションの改善で,ロングとショートの均衡したスクエアポジションに戻ってきました。週末の状況からさらにロングポジションに傾いているとも思われます。

ドルスイスは4ヶ月にわたる激しい下落からやっと反転した感じですが,ポジションの偏りはそれほどなかったことがわかります。つまり売り手はいるものの買い手がいなくてだらだら売られた状況だったということです。今後,ポジションが傾くまでには時間がかかるでしょう。一方的なドル売りはなくなりましたので,だらだら売りもだらだら買いもないでしょう。



レート的には,週末にドル円は114円台まで戻し,ポジションのスクエア状態に相応したものとなりました。112.80-114.80円を中心にブレイクする方向を模索中です。

ドルスイスは先週の上げが激しかったので,1.15フラン半ばで停滞気味です。こちらもポジションがスクエアになっていますから,すぐにトレンドが発生するわけではないようです。1.15フラン台での揉み合い相場が続きそうです。それにしても1.16フランが近づくと戻り売りがきついですね。



ユーロドルは,先週から大きくロングポジションが減少し,これまでの大きな偏りからするとずいぶんスクエアなポジションになりました。これは,1.45ドルを割った局面で多くのロンガーが利食い売りに走ったのではないかと想像できます。つまり,売りから入った人よりもそういう手仕舞い売りが大勢を占めているので,来週にかけてはいったん静かな相場になると思われます。売りの踏み上げも追撃売りも期待できないからです。

ポンドドルは,ユーロドル以上に巻き戻しがはっきりして完全に近いスクエアポジションです。火曜日の時点で2.02ドルを割りましたが,その時までにほとんどのポジションは整理されたと考えることができます。ですから,2.00ドルを割る局面では英国経済への不安なセンチメントから新たなショートが発生したと推測します。ですから,ユーロドルとは異なり,更なる下落が見込めるのではないかと考えています。

このように,ロング・ショートポジションが偏った状況からスクエアになる瞬間のIMM通貨ポジションは,あるレートでの売買が新規か手仕舞いかを推測するのに役立ちます。ずっとポジションがスクエアな通貨ペアには役立ちませんけどね。約一ヶ月半ぶりにCFTCのデータをアップしようとしたのはそういう意図からです。

« 2007年11月YTDヘッジファンド成績  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイス+ポンドの今週の展望 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code