EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

キモノ・トレーダーの幻想



海外の経済紙で,日本の主婦の外国為替証拠金取引がブームになっていると紹介されたとき,彼女たちを「キモノ・トレーダー」とか「ミセス渡辺」(渡辺前財務官の主婦版という意味?)とか呼んでいましたが,そういう記事では円キャリートレードの原動力は彼女たちだというような論調で書いてあったと思います。

例えば,The kimono tradersなどです。

一方,興味深い以下のレポートがBISから12月19日に出ています。
Triennial Central Bank Survey of Foreign Exchange and Derivatives Market Activity in 2007 Final results

この中に,世界各国の国別の相対為替取引の取引高が載っていますので,エクセルに落としてソートしてみました。(図)

2001年の取引高の多い順は,米国,ドイツ,日本の順なのですが,2007年では,英国,米国,フランスの順になっており,日本はフランスに次いで4位に落ちています。それにしても,2001年には6位でしかなかった英国の取引高が,2007年では桁違いに増えて2位の米国の2倍以上,4位日本の約10倍のダントツ1位です。

まあ,キモノ・トレーダーは物珍しさでは目を引くのですが,ロンドン市場でのシティの為替取引量には全くかないませんので,彼女たちが為替レートを大きく動かす円キャリートレードの主役とは思えません。ポンド円が夕方大きく動くのも,ロンドン市場が始まって東京市場の逆のポジションを取ってくるからですしね。

真実は,少し努力すれば手に入りますが,楽して誰でも手に入れられるところには転がっているとは限りません。

« 嫁ぎ先を探している金融機関?!  | HOME |  英国経常収支の赤字はG7中最大に »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code