EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

英国の住宅プチバブルも終了,BOEの利下げ期待も

U.K. Home Prices Drop Most Since 1995, Loans Decline (Update3)

英国の住宅プチバブルも終了したようです。米国のように悪質なサブプライムローンが組まれているのかどうかは不明ですが,正常なローンであっても住宅価格の上昇を背景にして伸びてきた消費にも影響が出るでしょう。また,BOEがこれまで高い政策金利を維持してきた理由は,明確なインフレターゲット政策によるものです。このインフレの懸念が薄らいだとなれば高い確率で利下げが行われる可能性が出てきました。

先回は利下げ期待がありながら結局据え置きでしたが,12月5,6日に行われる今回のBOEの会合ではいよいよ利下げという感じです。

来週BOEが利下げすれば,ポンドドルの下落やポンドスイスのキャリートレードの巻き戻しを引き起こす可能性があります。これにより一時的にスイス高,円高が同時に強まると思われますので,ポンド円がもっとも大きな影響を受けて下落するでしょう。ヘッド・アンド・ショルダーのショルダー部分が脅かされる可能性があり,かつ円高とのダブル効果があるからです。

金利面以外でもポンドが下がる要因としては,

■ (ポンドと正の相関がある)原油価格が反落の気配を見せていること
■ HSBCが配下のSIVに対して行った資金注入は,別の特別目的会社を作って行っている損失の飛ばしの可能性があり,いずれ発覚するかもしれない


などもあります。ハイイールド通貨の買い持ちは,適度なタイミングで利益確定しないと,キャリートレードの巻き戻しで急落しますので,気をつけましょう。

« 世界的な互助の機運が…一部のKYな人たちを除いて  | HOME |  ついにバーナンキ議長も空気を読む »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code