EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

ドルの売り疲れか,あるいはドル・レスキュー隊?



Dollar Rises on Speculation Decline Exaggerated, Stocks Gain

図の日足のように,28日のロンドン市場で対ユーロやフランに対してドル高になったのは,上の記事では,もう大概ドル売りも疲れてきたからだろうと書いてありますが…

トムソンの英語版ニュースによると,

Aggressive Eastern European selling of EUR/USD was a factor in today"s London morning slide. IMM name EUR selling was also noted, plus EUR/USD sales from a Swiss bank, allegedly on behalf of a Middle Eastern account. Sub-1.4710 demand is noted at 1.4680, with some sell stops pegged below 1.4680.

だそうで,東欧筋,中東筋,スイスバンクの一つ(SNBではないかも)がユーロを売ったようです。真偽のほどを確かめる方法は無いのですが,アブダビ・サプライズが一つの転機になって,全世界のドル・サポーターたちに気合が入ったのでしょうか。

というわけで,私はまだドル安が進むと予想してはいますが,しばらくはそれも一服となるかもしれません。

« 予測が当たらなくとも正しい戦略を…  | HOME |  米景気はスローダウンも,市場はドル安調整局面 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Forex Rates

This site's QR Code