EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

シティに中東から白馬の騎士が登場



Citigroup to Receive $7.5 Billion Investment from Abu Dhabi Government

今回のシティの巨額損失は相当巨額なので,役に立ちそうもないM-LECではなく,政府による超法規的救済か中国か中東のオイルマネーが救済しないとどうにもならないと思っていましたが,白馬の騎士は中東のアブダビ投資庁からやってきました。自分ばかり儲けているケチは誰からも好かれませんが,アラブの旦那さまは気前のいい人たちです。

世界最大の銀行つぶすと,いくら原油で儲けている人たちだって返り血どころではすまないでしょうから,これからもアラブの旦那様を含む皆様にはがんばってもらわないといけません。

なんか,1990年代にIBMの業績が悪化した時に,(確かCitiも入っていた)世界的な銀行のシンジケートが資金調達したことを思い出す光景です。
 1993年1月19日、IBMは1992年度会計での49億7000万ドルの損失を発表した。
 これは単年度の単一企業による損失額としてはアメリカ史上最悪であった。この損
 失以来、IBMは事業の主体をハードウェアからソフトウェアとサービスへ大胆にシフト
 させることとなる。 - Wikipedia より引用


やっぱり話をまとめたのは,ロバート・ルービン元財務長官ですかね。
(11月28日追記:英国発のニュースで,プリンス前CEOの後に暫定CEOに任命されているウィンフリード・ビショフ卿が仲介したとレポートされています。アラブ王族への対応はやはり爵位のある貴族の方が良いのかな。)

昼休みにニュースが飛び込んできて,円がらみの為替がびっくり反転しましたので,ポンド円とドル円を載せておきます。



ついでに時間が時間のニュースでしたので,日経平均の日中足もおまけで載せました。

前場と後場のギャップがすごいですね。今日,日経平均先物をリアルでトレードしていたら,ストップにかかるのは間違いなかったです。それも,ギャップのためにすごいスリッページ…

« ドル・キャリートレード始まる  | HOME |  (米) 11月消費者信頼感指数低下するも反応薄 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code