EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

9月のフィラデルフィア連銀景況指数は予想を大幅に上回って拡大を維持

Manufacturing in Philadelphia Region Expands by Most Since 2011

9月フィラデルフィア連銀景況指数: 22.3 (予想:10.3,前月:9.3)

9月のフィラデルフィア連銀景況指数は先月の9.3から大幅上昇22.3になりました。また,先行指数についても先月の38.9から58.2に大幅反発しFRBがビビって緩和縮小をしなかった意味がわかりません。(下図参照)



内訳としては,

新規受注: 21.2 (前月:5.3) -> 大幅上昇は8月の反動?
出荷指数: 21.2 (前月:-0.9) -> 大幅上昇は8月の反動?
在庫指数: -1.8 (前月:-11.3) -> 生産が追い付きつつある
雇用指数: 10.3 (前月:3.5) -> 雇用も反転し良いことばかり

というように,先月の指標の低下が信じられない改善です。そして,今回用意された特別なアンケートでは第3四半期と第4四半期の生産見込みと予測に関する2つの質問でした。

Q1:第2四半期と比較して第3四半期の総生産見込みはどの程度ですか。
6%以上増加: 12.5%
2%以上6%以下の増加: 20.0%
2%以下の増加: 23.8%
[増加割合の合計: 56.3%]
変化なし: 13.8%
2%以下の減少: 6.3%
2%以上6%以下の減少: 11.3%
6%以上の減少: 18.8%
[減少割合の合計: 28.8%]

Q2:第3四半期と比較して第4四半期の総生産の予想はどの程度ですか。
顕著な増加: 5.0%
そこそこの増加: 21.3%
僅かな増加: 17.5%
[増加割合の合計: 43.8%]
変化なし: 25.0%
僅かな減少: 11.3%
そこそこの減少: 11.3%
顕著な減少: 7.5%
[減少割合の合計: 30.1%]

と答えています。第3四半期の好調さが見て取れますが,第4四半期でもそこそこ堅調なマインドなのはBOS的には非常に調子の良い証拠です。FOMCで緩和縮小にならなかった理由がよくわからない感じです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1335-36be58d7

« FOMC statement, September 18, 2013  | HOME |  ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/09/23の週】(本業のため今週はチャートのみ) »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Forex Rates

This site's QR Code