EURO SELLERの為替・投資戦略ブログ

2005年6月の欧州憲法否決の際にユーロを売りまくった管理人の【新】為替・投資日記ブログです。くれぐれも投資行動は自己責任でお願いします。

6月ISM製造業景気指数は予想を上回り50以上に復帰

Manufacturing in U.S. Rebounds as Orders Pick Up

6月ISM製造業景気指数: 50.9 (予測:50.5,前月:49.0)



6月のISM製造業景気指数は5月の49.0から1.9ポイント増の50.9に上昇し,事前予想の50.5も上回りました。内訳では,新規受注指数(New Orders)は前月から3.1ポイント増で51.9に,製造指数(Production)は4.8ポイント増で53.4になるという先月からの回復状況です。かろうじて雇用指数(Employment)は1.4ポイント減で,とうとう今月で連続50以上の記録が途絶えました。一方,入荷遅延(Supplier Deliveries)は1.3ポイント増で50.0とイーブンです。

在庫指数(Inventories)は1.5ポイント増で,顧客在庫指数(Customers' Inventories)は逆に1.0ポイント減です。受注残指数(Backlog of Orders)は1.5ポイント減でしたので生産は増加傾向にありますが需要もそれに合わせて根強いので先月の停滞のことは忘れてよいでしょう。価格指数(Prices)は先月から3.0ポイント増でこれも50をまた上回ってきました。

輸出指数(Exports)は3.5ポイント増で,輸入指数(Imports)も1.5ポイント増です。中国とかブラジルとか新興国市場が冴えない中で米国経済はしっかりしてますが,金融緩和縮小の見込みが早まったりするとドル高にブレーキが掛かる展開となっています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eurofunda.dtiblog.com/tb.php/1301-9f43858f

« ドル円・ユーロドル・ドルスイスの展望【2013/07/01の週】  | HOME |  ECBは政策金利を0.50%に据え置き…ドラギ総裁は政策金利のフォワード・ガイダンスで相場はユーロ安 »

PAGE TOP ▲

Appendix

EURO SELLER

EURO SELLER

管理人のニックネームEURO SELLERの由来は,2005年6月の欧州憲法の否決の際にユーロを売りまくったことからきています。もう一つのシステムトレードのブログはこちらです。

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

Search

Calender

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Forex Rates

This site's QR Code